マガジン

見習い秘書のエルとアル 第9回

見習い秘書のエルとアル第9回目いかがでしたか?

女性たちの悩み・怒り・不満をいかに解消し、癒すことができるかをテーマにお送りするこの番組

今週も2人の女性のお悩みにエルとアルが答えていきました。

2人はリスナーのお悩みに対してうまく答えられるのか!?


まず最初のお悩みは・・・

アイディオネーム: あずささん

エルさん、アルくんこんばんは。私にはコレといって趣味がありません。
休みの日はだいたい部屋に篭り、声優の羽多野渉さんのDVDを見たり、ケータイアプリのゲームをしているうちに1日が過ぎてしまいます。
何か新しい趣味を見つけたいのですが、飽きっぽい性格なので、
すぐに飽きてしまうのではと思うと、中々手を出す事ができません。
どうやったら、自分に合う好きな事を見つける事ができますか??



といただきました。


最初のお悩みに対するエルとアルの答えは・・・?

エル



ズバリ言おう!
何もしない一日をつくるんだ!
スマホも手にしない、DVDも我慢する、本もテレビも見ない。
一日が難しかったら、半日でいい。
そのとき、何がやりたいか・・・見えてくるはずだ。
小さな時間の隙間を、適当にごまかして埋めていると、大きな時間の使い方が、わからなくなるんだよ。

いいかい・・・。
 
『心の断食を、してごらん。こころがほんとうに空腹になれば、自分が食べたいものが、わかるから』




そして、アルの答えは?



あなたは、そのままでいいよ。
趣味?そんなもの、いらないよ。
好きなときに、好きなことをやる。それでいいんじゃないかな。
っていうか、あなたは、もう十分、趣味、あると思うよ。
長続きしないものを、無理してやっても、それは趣味にはならないよ。

いいかい?
 
『好きなものって、季節と一緒。時期がくれば、向こうからやってくるんだよ。探したから夏になるんじゃない。春が終わったから、黙っていたって、夏のほうから近づいてくるよ』



でした。



続いて、二つ目のお悩みは

アイディオネーム: ひかるんるんさん

エルくんアルくん はじめましてこんにちわ。
私の悩みをきいてください…。
私は最近気がついたのですが、どうやらお金を使うことでストレスを解消しているんです。
物はなんでも良くて 食べ物や洋服や漫画など、とにかく買ったという事実にスッキリするらしく、たいして必要ではないものが増えていくばかりです。
将来的に貯金をしなくてはなのに一向にこれでは貯まりません…。
いったいどうしたら良いでしょうか…?
お二人のおすすめのストレス解消法がありましたら教えて下さい。



というお悩みでした。
これに対する2人の答えは・・・?



まずはアルから



あなたは、そのままでいいよ。
いま、無理に他のストレス解消法を試しても、さらなるストレスを産んでしまうかもしれない。
だったら、こうしよう。
同じお金を使うなら、誰かへのプレゼントに使うのは、どうかな?
家族や友達に、何気ない感謝の気持ちを込めて、贈り物を買う。
お金を使うだけじゃない、「ありがとう」っていう言葉まで、もらえるよ。

いいかい?
 
『人間が一生に使える水の量が限られているとしたら、あなたは、どう使う?自分だけのものだと思って貯めておいても、結局、腐らせてしまう。だったら、誰かのために流そうよ。そうすれば、水は、綺麗なままだよ』



続いて、エルの答えは・・・?




ズバリ、言おう!
外出するときは、カードを持たない、現金も少な目に。
まずは、買い物でストレス解消っていうのを、やめよう。
キミにふさわしいストレス解消法が、必ずあるはずだ!
キミは、きっと、いい子だ。優しい子だ。僕には、わかる。
だから、必要のないものまで買ってしまうなんて、せつない。

いいかい?
 
『まずはストレスの源をつきとめよう。どんな川も、最初から汚れてしまうわけではない。最初はみんな、透明な湧き水なんだ。どこで、どんな理由で汚れたのか、源流を探す旅に出かけるんだ。それがわかれば、それにふさわしい解消法がきっと、見つかる』




あずささん、ひかるんるんさん、頑張ってくださいね。



この番組ではお悩み相談お待ちしています。
それから、エルとアルの挑戦コーナーにも、ぜひ、メールください。
こんな新しい早口言葉、考えました、ぜひ、これをアルに読んでほしいです!っていうメール、待ってます。

相談メール、挑戦コーナーのリクエスト、
エルとアルのどちらが良かったかのジャッジ!
すべて番組のWEBサイトからどうぞ!
相談メールを採用させていただいた方には、
番組特製ステッカーをプレゼントします!

次回もお楽しみに。


見習い秘書のエルとアルpresented by 支払秘書
いつでも、どこでもの実現を目指して。世の中の便利をITで推進する。
支払秘書のウェルネットの提供でお送りしました。