マガジン

MENU20 元雪組娘役 則松亜海さんとトーク♪「痛風持ち、場末のスナックママ?!」

西洋文化の発信源であり、日本伝統芸能も息つぐ銀座4丁目に新たに誕生した「nu dish Deli & Cafe」
宝塚歌劇団OGと常連客・立花裕人のここだけの会話をお楽しみください。



今回は、元宝塚歌劇団 雪組娘役 則松亜海さん!
2010年宝塚歌劇団に入団。
入団時より優れた歌唱と演技で注目され、
新人公演や『ロミオとジュリエット』など
ヒロインを務めました。
現在、舞台と中心に活躍中。
 


オフの日は、映画館に行くことが多いそうです。
もともとボリウッド映画(インド映画)が好きということで、
最近はよく観るんだそうです。
 
立花さんいわく、インド人の憧れは、
マイケル・ジャクソンとジャネット・ジャクソンらしい?!
だからミュージカル調が多いんですかね・・・?
 
オススメもボリウッド映画
『きっと、うまくいく』!


 
♪ パートナーズ・イン・ライムfeat.ヌスラット・ファテ・アリ・ハーン / テーレー・ビン・ナヒン・ラグダー
 
亜海さんは元雪組娘役。
夢華あみさんとして活躍されていました。
最初は男役がやりたかったそうです。
しかし身長が足りず・・・
164cmは少し小さくなってしまうそうです。
 
入団後も成績が非常によく、
新人公演の『ロジェ』ではヒロイン、
『ロミオとジュリエット』ではジュリエットをWキャストで
『ベルサイユのばら フェルゼン編』では
フェルゼンの妹役をやり、フィナーレではエトワール!
 
その中でも印象的だったのは
『双曲線上のカルテ』
入団後1、2年目に
痛風持ち、場末のスナックのママ役をやったそうです。
 
スナックに行ったことがな年上の役・・・ということで
脚本・演出の石田昌也先生に手厚く指導していただいたそうです。
 
宝塚に入ってよかったことは、
宝塚ならではの美しさに没頭できること。
そして、メンバーといつも一緒にいて、
お互いのことを知っているという信頼関係。
宝塚での絆は深いですね。
 


そして、亜海さんはデビット・ボウイが好きなんだそう。
ご家族の影響で小さいときから聴いていて、
家族旅行でドライブに行くときなど流していたそうです。おしゃれ!
 
♪ Starman / David Bowie
 
デヴィッド・ボウイ好きの則松亜海さん、
1/26(土)nu dish Deli & Caféのステージ
「GINZA 4 STUDIO」でライブをします!
 
nu dish GINZA 4 STUDIOでの則松亜海さんの
お食事付きのスペシャルライブイベントは、1/26、土曜日!
1部 12:00開場 13:00開演
2部 17:00開場 18:00開演
 
詳しくは「nu dish GINZA 4 STUDIO」のHPをご覧ください。
その他、則松亜海さんの情報は亜海さんのインスタグラムをチェックしてください♪
 


♪ 輝く月のように /    Superfly