マガジン

MENU39 元月組組長の憧花ゆりのさんとトーク♪「すーさんの第2の人生奮闘記」

西洋文化の発信源であり、日本伝統芸能も息つぐ銀座4丁目に新たに誕生した「nu dish Deli & Cafe」
宝塚歌劇団OGと常連客・立花裕人のここだけの会話をお楽しみください。



今回のスターは、元宝塚歌劇団 月組組長の憧花ゆりのさん!
宝塚歌劇団入団は2000年。実力派の娘役として活躍され、
月組一筋19年!去年「エリザベート」の公演をもって退団。
 



バッサリ髪をショートカットに!
ずっと切りたかったのだとか。
 


退団するキッカケは、
管理職(副組長)になった頃から考えていたのだとか。
退団公演は、「エリザベート」のゾフィーという大役!
 
エリザベートに出演するのは3回目。
ゾフィ―役は憧れでもあり、挑戦でもあったのだとか。
実際演じてみて、かなり難しかったそう。
 
演出家の小池修一郎先生には、
「エリザベートとトートを、ただいじめているのではなく、
国を守るためにやっている、という風に見せなければいけない。」
と言われていて、
組長としての経験と重ねられないのか、など試行錯誤していたそう。


 
♪ To Love You More / Celine Dion
 
憧花ゆりのさんは、2000年に宝塚歌劇団に入団して、
去年11月の退団までずっと月組!



月組は、個性的だったのだとか。
各々が考えて、見えてきたものに対して
個人の考えを尊重しながら作り上げていく、というスタイル。
 
月組ならではの風習は、
「面白くない余興には、座布団を投げる」
月組の余興は、シュールらしいです・・・笑


 
組長、副組長の仕事は、
「その組の環境をよくすること」
毎日のように判断を求められるので、
決めごとに追われていたそう。
 
でもその分、コミュニケーションが深くなるので
人となりを知るきっかけにはなったのだとか。
 
今は自分の好きなことをやっているので、
脳が解放されているらしいです(笑)


 
♪ Free / Donavon Frankenreiter feat. Jack Johnson
 
憧花さんは、今年になってから、インスタグラムを開設!
題して、「すーさんの第2の人生奮闘記」
 
改めて勉強し直そうというということで、
実は最近、通信制の音楽科の大学に入ったのだとか。
宝塚以外にも、たくさんのライブや舞台を観に行っているそうです。
その中でも、最近観に行ったのが森山直太朗さん。
 
♪ さくら(独唱) / 森山直太朗
 
新しい音楽に挑戦中な憧花さん。
これからのご活躍も必見です!