マガジン

MENU48 元花組トップ娘役の若葉ひろみさんと元花組娘役の服部まりさんとトーク♪「二人とも親父ですね」

西洋文化の発信源であり、日本伝統芸能も息づく銀座4丁目に新たに誕生した「nu dish Deli & Cafe」
宝塚歌劇団OGと常連客・立花裕人のここだけの会話をお楽しみください。



今回のスターは、元宝塚歌劇団 花組トップ娘役の若葉ひろみさん




元花組娘役の服部まりさん!




若葉さんは、宝塚歌劇団に61期生として入団、
81年花組トップ娘役に就任。
退団後は女優として活躍。
服部さんは、花組を経て、東宝ミュージカルを始め数多くの舞台に出演。
ジャズ、ラテン、ポップス、カンツォーネ等ジャンルを超えて歌いこなすシンガー。


 
花組時代はかぶっていないという二人。
宝塚時代は会っていないのだそう!意外!!
「ステッピングアウト」という舞台を見たきっかけで
タップダンスを習い始め、
そのレッスンで服部さんに会ったんだとか。


 
服部さんは、タップダンスを始めてなんと10年!
 
大阪出身の若葉さん、東京出身の服部さんですが・・・
 
「二人とも、親父ですね。」
 
相性抜群の掛け合い♪
 

 
花組は当時、特に華やかだった印象!
特にダンスができないとダメな組だったんだとか。
 
若葉さんの踊りは、本当に際立っていたんだそうです。
 
♪ Singin' in the Rain / Jamie Cullum
 


若葉さんは入団当時、実は男役でした。
その当時、花組プロデューサーの方に
「すみません、娘役に変わりたいんですけど」
といったところ、
「あ、変わるの!?じゃあ来月からね!!」
 
と、あっさり。
 
当時から意外と男役から娘役に変わりたい方も多かったのだとか。
 

「男役は文化」と話す若葉さん。
宝塚では、男役はひとつの芸。100年経ったときに、
「あ、伝統芸能になるんだ」と感じたのだそう。
 
ただ、先輩方が演じる「大人の女性」に
憧れを抱き、やってみたい!と思ったのだとか。
 
お母さまに相談せずに変わったとのことで、
「変わった」と事後報告したら
しばらく公演に来なくなるくらいショックだったんだそうです。笑
 



服部さんは時期がかぶっていないため、
最近youtubeで若葉さんを見ているそう。
 
「こんなに大人な女性を演じきれるのは若葉さんしかいない」
 
と大絶賛。
 
服部さんが在籍していたのは4年とちょっと。
 
早く辞めた理由は、
「歌1本でやりたい」
と思っていたから。
 
好きなアーティストは、ジョニー・マティス。
中学の頃から憧れ、今でもずっと聴いてるのだとか。
 
♪ Maria / Johnny Mathis
 
宝塚にいた当時は、ハイソプラノだった服部さん。
ジャズの世界に入るために、
声をあえてつぶしたりもしていたのだそう。
 
元花組の若葉ひろみさんと服部まりさん
お二人のライブが、8/4(日)
nu dish Deli & Café のステージ「GINZA 4 STUDIO」であります!!
1部 12:00開場 13:00開演
2部 17:00開場 18:00開演


 
♪ Prelude ~ The Sound of Music / Julie Andrews