マガジン

MENU58 元星組娘役の羽純るいさんとトーク♪「実は裏方やってます!?」

西洋文化の発信源であり、日本伝統芸能も息づく銀座4丁目に新たに誕生した「nu dish Deli & Cafe」

宝塚歌劇団OGと常連客・立花裕人のここだけの会話をお楽しみください。







今回のスターは、元宝塚歌劇団 星組娘役の羽純るいさん!

1992年に入団。

新人公演、バウホール公演でヒロインを経験し、

2000年に退団。イベントやトークショーの司会、

ディナーショー、宝塚OG公演などに出演。





 

最近は、地方を中心に宝塚を紹介するようなショーを行ったり、

OG公演に出たり、子役タレントの演技指導もされているんだとか!

 

そして最近は裏方のお仕事もしている!?

最近だと、愛華みれさんのディナーショー『Mon Amour〜モナムール〜』で

お手伝いもされているのだとか!

 

お稽古場で椅子・机の準備をしたり、

台本を作成したり・・・

 

自分がやっているからこそ

「こうしたらいいだろうな」というのがわかって役に立つのと、

裏方さんへの感謝があるのだそう。

 





羽純るいさんは、1992年から2000年まで

星組の娘役として活躍されましたが、

秋の時期、思い出に残っているのは

「秋のフェスティバル」という学校行事!

 

映画「マイ・フェア・レディ」から、ヒギンズ教授を女性役にして、

羽純さんが演じられたのだとか。

ヒギンズ教授を演じた羽純さんの相手役イライザは、同期の檀れいさん!

ご、豪華・・・!

 

♪ The Rain in Spain / 「My Fair Lady」OST

 





羽純さんは、94年に『燃える愛の翼 -ミ・アモール-』で

バウホール公演初ヒロイン、

96年、『二人だけが悪』で新人公演初ヒロインに抜擢されました!

 

バウホールは、宝塚の大劇場の隣にある小劇場で、

若手が主演をして勉強するような場。

 

なんと稔幸さんの相手役!

宝塚音楽学校時代、ブロマイドを買うほど憧れだったという羽純さん。

当時はズタズタだった・・・とのこと。

芸事に関してはやっぱり厳しい稔幸さん。

 





そして、羽純さんの退団公演は、2000年「我が愛は山の彼方に」「グレートセンチュリー」。

「我が愛は山の彼方に」は、大悲恋劇。

 

婚約していた2人が、敵国が攻め込んできたときにヒロインがさらわれ、

さらわれた先の将軍と恋に落ち、結果ヒロインも将軍も死んでしまう…というお話。

 

なんと、そのときのトップが稔幸さん!

ご縁がありますね~

 





♪ 花木槿 / 稔幸

 

この「我が愛は山の彼方に」は、、10/26(土)に行われる

羽純さんのライブと関係が!

メンバーが、羽純さんと同じ元星組のお二人、

朝澄けいさん、梅園紗千さん。

なんとこの3人が唯一、一緒に出た作品が、「我が愛は山の彼方に」。





 

朝澄けいさんは、94年入団、03年退団の元星組男役。

梅園紗千さんは、99年入団、2010年退団の元星組娘役。

お父様が狂言師4世 茂山忠三郎さん。

 

10/26(土)、コンサートスペース、GinzaSOLAでの

羽純さん、朝澄さん、梅園さん 3人で行うライブ!

1部 13:00開場 14:00開演

2部 16:00開場 17:00開演

 

3人で歌うという曲がコチラ!

しっかり予習していきましょう♪





 

♪ YOUNG MAN (Y.M.C.A.) / 西城秀樹