マガジン

MENU42 元宙組男役の天玲美音さんとトーク♪「静岡と宝塚の不思議なご縁!」

西洋文化の発信源であり、日本伝統芸能も息づく銀座4丁目に新たに誕生した「nu dish Deli & Cafe」

宝塚歌劇団OGと常連客・立花裕人のここだけの会話をお楽しみください。







今回のスターは、元宝塚歌劇団 宙組男役の天玲美音さん!

現在は、一日警察署長を務めたり、

ボートレース浜名湖でSing&トークショーを行うなど、

女優、タレント、モデル、歌手、MC、リポーター、

ふるさとの浜松市やらまいか大使など、多方面で活躍中。





 

宝塚を目指したキッカケは、

ある時期に、「宝塚、受けてみたら?」と

色んな方からオススメされたのだそう。

実際に宝塚を観てみたとき、

「ビビビッ」と運命を感じたのだとか。





入団して3年目に、「レッスン奨励賞」を受賞。

一生懸命自主的にレッスンに出ていた結果・・・

ということなのだそうですが、

「ただただ無我夢中で、勝手に身が動いていた」

とお話されていました。向上心がすごい・・・!





 

天玲さんは男役として活躍する一方、

娘役としても活躍されていました。

 

「ベルサイユのばら」のときは

栄兵隊のラサール・ドレッセと、村娘のカトリーヌの二役を

演じ切りました。

「風と共に去りぬ」では、ワイティング夫人を熱演。

ドレス・髪型・アクセサリーなど、

娘役さんの大変さを痛感したのだそう。

 

退団公演は、宝塚といえば!の「エリザベート」!

感謝・感激という気持ちとプレッシャーが入り混じっていたそうです。

名曲ぞろいの「エリザベート」の中から、1曲。

 

♪ 愛と死の輪舞 / 姿月あさと

 





「エリザベート」では、

ラウシャー大司教の役。

「エリザベート」での立花さんの好きなシーンが

ボートの場面。

 

ボート・・・といえば、

天玲さんの地元・静岡浜名湖の

ボートレース浜名湖でSing&トークショーを行っているんです。

 

ふるさとの浜松市やらまいか大使も務めている天玲さん。

「やらまいか」は「やらないかー!」という気合の入った言葉なんだとか。

 

そして、宝塚レビューを形成した第一人者で、

「すみれの花咲く頃」の歌詞を作詞した白井鐵造さんは静岡県出身!

静岡と宝塚はご縁もあるんですね。

 





最近の活動では、

K-mix 「うご☆ラジ」ムービングナビゲーター、毎週水曜日を担当!

静岡を色々巡って、いろんな方に直接会って

表情などをリアルに見られるのが楽しいのだとか。

 

天玲さんのオススメレジャーは、サップ!

サーフィンのようなボードの上に立って、

オールで漕ぐというレジャー。

天玲さんは浜名湖でやったそう。

夏におすすめです!!

天玲さんのフェイヴァリット・アーティストから1曲♪

 

♪ Smile / Kis-My-Ft2

 





元宙組男役の天玲美音さんは、6/22(土)に

ここnu dish Deli & Café のステージ

「GINZA 4 STUDIO」でライブをされます!

 

天玲美音さんの

nu dish GINZA 4 STUDIO

スペシャルライブイベントは、6/22(土)!

1部 12:00開場 13:00開演

2部 17:00開場 18:00開演

 

その他の天玲美音さんの情報はコチラから☆