マガジン

【春ねむり】のMONTHLY FOCUS #5<ワンマンDJ春ねむり>

月替りで注目のニューカマー、話題のアーティストが、番組パーソナリティを担当する60分。
企画、内容をイチからアーティストとともに作り上げる番組【Monthly Focus】!!
6月は、ポエトリーラッパー”春ねむり”が担当しています!

春ねむりは…
1995年生まれ、横浜出身。
17歳からバンドを始め、21歳の時に突如マイクを握り、うたう最終兵器「春ねむり」としての活動を始め、
数ヶ月後には、正規音源未発売ながら「BAYCAMP2016」にO.A.として出演。
また、YUKIやChara等を手がける音楽プロデューサー蔦谷好位置氏とのコラボ曲「さよならぼくのシンデレラ」の制作ではリリックと歌唱を担当。
そして、6月07日(水)に2ndミニアルバム『アトム・ハート・マザー』をリリースにしました!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

5週目!ということで最終回!
今回は、いつも座っていたスタジオとは違います!
ねむりちゃんが座っているのは、声や曲の音量を調整する”ミキサー卓”の前!
ワンマンDJのアメリカンスタイルで、ねむりちゃんが選曲しねむりちゃんのタイミングで曲をお届けしていきました!




このブログでは、オンエアした曲をババっと書いてきますよ!


M1.リッケンバッカー / リーガルリリー
   ねむりちゃんが大好きなバンドの1つ。
   この曲が収録されている「the Post」は、発売日に購入したそう。

M2.Where to go / カミツキ
   2016年7月結成!東京を中心に活動する4人組ロックバンド、カミツキ!
 1stミニアルバム『Five Days After Infection of Vampire』から。
 このミニアルバムは、ヴァンパイアに噛まれてからの5日間という意味があり、
 トラックナンバーの表記もday.1~5と1曲1曲が噛まれてから進化するまでの
 1日というストーリーになっています。
 フランスで開催する「ジャパンエキスポ」にも参加する注目のバンド!

M3.暗い部屋 / 吉田ヨウヘイgroup
   2012年に結成した、ヴォーカル&ギター、アルト・サックスを担当する
 吉田ヨウヘイをリーダーとするグループ。
   初めてライブに行ったのは、2年前くらい。
   ライブの終盤でこの曲を演奏しており、歌詞に共感したとのこと。
   ギター・ソロもかっこいいです!

M4.ギャルバーガー / 校庭カメラギャル
   日本のアイドルラップ・ユニット<校庭カメラギャル>。愛称は“ウテギャ”。
   pataco & pataco(パタコ・アンド・パタコ)とramy t talata(ラミタ・タラッタ)の女の子2MC。
   4月にリリースされた初の全国流通盤となるファースト・アルバムから。
   ねむりちゃんはチェキ撮影にも参加するほどのファン!

M5.火ヲ灯ス / 突然少年
   ねむりちゃんが”マジでヤバい”と語る4人組バンド<突然少年>!!
 ライブRECの会場限定CD『ゲキジョウバン』より。

M6.東京[2017.04.04@渋谷乙 LIVE] / 春ねむり
 最後は、ねむりちゃんの貴重なライブ音源をお届けしました。
 ライブ音源をオンエアするのは、この「MONTHLY FOCUS」が初でした!



いかがだったでしょうか?
音楽フリークなねむりちゃんの選曲!
かなり尖っていましたね。笑



*****

間では、<春ねむりチャートトップ3>というミニランキングコーナーをお届けしました!
テーマは『春ねむりの!ライブでシャウトしがちな曲チャートトップ3!』
ランキング結果は…

第3位<ゆめをみている>
エモワードな「夢をみている」というワード。
     エモーショナルになりがちな曲です。

第2位<いのちになって>
     ライブ中は、「いのちになって」のところを絶叫!
     この穏やかな声からは想像できないですね。
     しかしなってしまうのが春ねむり!!

第1位<ロックンロールは死なない>
     ファンの方ならすぐわかったでしょう!
     Twitterなどでもライブ動画が上がっているので、チェックしてみてください!衝撃!
     皆さんも一回叫んでみるのはオススメだそう!

*****

ということで、1ヶ月お送りした【春ねむり】のMONTHLY FOCUS、最終回でした。
楽しんでいたのがとっても印象的なねむりちゃん。
ありがとうございました!!




春ねむりHP
http://ねむいっす.com/#bio