マガジン

<idiodol>#27 アジア圏のアーティスト

今週は、odol初台湾ライブ直前!アジア圏のアーティストをレコメンドしました!


♪ その向こう側 / odol
ソフィアンは今日が誕生日!
ソフィアンのセレクトで「視線」の中でも聴きやすくて最近好きだという「その向こう側」をお送りしました。

♪ No More Anger / Manic Sheep
マシが選曲したのは、odolも出演した2014年のFUJI ROCK FESTIVALに出演していた
台湾のシューゲイザーバンド。
フジロックでSuchmosを観たために「もっと頑張らないと」と悩みをかかえていた頃に
その当時のodolとは真逆の音づくりで、こういうのもいいなと参考に聴いていたとか。

Manic Sheepは女性ヴォーカル。小柄な体でギターを抱える姿や、
タイトなTシャツにミニスカート、とキュンとする要素たっぷりで歌う姿も魅力的だったと
メンバーが盛り上がっていました。ライヴも観てみたくなりますね!



♪ Lonely Thirst / Tank bund
パキスタンにルーツを持つソフィアン。
常にパキスタンに意識を持っていたいと思いつつ、
なかなか情報がないので、お隣のインドの音楽をディグっていた時期があったそう。

インドはダンス好きな人が多いので、DJが大人気!
そして、インディー音楽もアツいんだとか。
その中でも気に入っているのがTank bund。
海外ではBand CampやSound Cloudで活動しているアーティストが多く
odolもSound Cloudに曲をUPしていた時に海外からの反応が寄せられて驚いていたとか。

♪ Wait (feat. Kamal) / Sulk Station
そして、インドではダウンビートのエレクトロもブーム。
メンバーがRadioheadについて語るインタビューを見て、
自分たちと感覚は変わらないんだなと思ったといいます。

ソフィアンは「Indian Music Catalog」というサイトで情報を得ていたそう。
興味がある方は、のぞいてみてくださいね!

♪ Philip the Buster / GDJYB
森山くんがodolのライヴに来ていたお客さんからオススメされたCDでハマったという
香港のガールズバンド・GDJYB。
日本では、GDJYBともうひとつの台湾のポストロックバンド・tfvsjsとスピリットアルバムをリリースしています。

♪ Shrine of our despair / tfvsjs
 そんなtfvsjsのアルバム「在」では、マシも以前紹介していたtoeの美濃さんがミックス・マスタリングを担当。マシは思わず「もっと早く教えてほしかった!」とひと言。そのまま森山くんからCDを借りていました。



中国の「Chochukmo」、韓国の「イ・ラン」など他にもメンバーが注目しているアジアのアーティストは多数!盛り上がりを見せるアジアの音楽もチェックしてみてくださいね。

来週は「GREEN徹底解説」!!
ここでしか聴けないデモ音源など、GREENが出来るまでの過程を解剖します。お楽しみに!

<オンエアリスト>
♪ その向こう側 / odol
♪ No More Anger / Manic Sheep
♪ Lonely Thirst / Tank bund
♪ Wait (feat. Kamal) / Sulk Station
♪ Philip the Buster / GDJYB
♪ Shrine of our despair / tfvsjs


番組やオンエアした曲の感想など
トークルームや、メッセージフォームから送ってください!


-----☆メッセージ募集中!☆-----
番組の感想や、メンバーへのメッセージなどなど、番組のトークルームにどんどん書き込んでください!
「他の人に見られるのはちょっと…」という方は、メッセージフォームからの参加もOKです!
Twitterは #idiodol をつけて感想をツイートしてくださいね。

-----☆odolの最新情報はこちらをチェック!☆-----
odolオフィシャルサイト : http://odol.jpn.com
オフィシャルTwitterアカウント: @odol_jpn