マガジン

<idiodol>#30 今週もKing Gnu登場!

今回も、いよいよ今週末からスタートするodol初のツアー、初日の名古屋・池下CLUB UPSET公演で共演するKing Gnuからキーボード&ヴォーカル・井口さん、ベース・新井さんをお迎えしました。

♪ 虹の端 / odol

odol 1st EP「視線」から「虹の端」。本日、この曲のミュージックビデオも公開されました!


対バンももうすぐ!ということで参考にお2人にライヴへのこだわりをうかがったのですが…こだわりは「特に無し」!!
King Gnuのライヴでは、ライヴならではのアレンジと音源でのアレンジのいいとこ取り。新井さんは、その場の雰囲気でベースラインを変えることもしばしばなんだとか。

ファンなので「本当に会っちゃった」みたいな気分になっていた森山くん。あまりのべた褒めっぷりにKing Gnuの2人がちょっと勘ぐってしまったほど笑

今年はアメリカのフェス・SXSWとアメリカツアーも経験したKing Gnu。
ライヴをしたら翌朝は次の街へ。とライヴごとというより、ひとつの帯状に記憶されているんだとか。お客さんの反応がよく、アメリカらしい素直なお客さんが多かった。という印象だったそう。



Tokyo Rendez-Vous / King Gnu

先月リリースされた1stアルバム「Tokyo Rendez-Vous」についてもお話をうかがいました。

Srv.Vinciから改名後初のアルバムとなる今作ですが、名前が変わったことを意識はしていないそう。ただ、「頑張ろう!」という想いはあると語ってくれました。
ちなみに改名した大きな理由は、「読めないから!」Srv.の読み方が検索しても出て来なくて、とにかく読めない。
King Gnuは検索できるし、1回覚えたら読める。このバンド名には”群れを巻き込んでいきたい”という意味も込められています。

ミゾベくんが以前King Gnuのライヴを見て気になったのはツインヴォーカルの心持ち。
井口さんいわく、常田さんがライヴで熱く歌っていると「俺も乗っかろう」という相乗効果が生まれるのがツインヴォーカルの良さだとか。

いよいよ始める今週末のツアーでは、お互いの発声練習が聴けるかも!?
井口さんは発声がウザいのを承知で、最近はもはやパフォーマンスとしてやっているそう。
ミゾベくんはイノちゃんがみんなを面白くさせ始めたらそっと車に戻ってこっそり発声を。
対照的な2人ですが、「一緒に発声練習する!?」とトークが盛り上がりました。



King GnuのMVは自らのクリエイティブチームでの作品。
隙がないバンドという話題から、なぜか井口さんが”ちゃらんぽらん”という話に。
井口さんと新井さんは現在ルームシェアをしているのですが、リビングで動かない井口さんの代わりに、風呂掃除、トイレ掃除、洗濯(井口さんの分も)と家事はほぼほぼ新井さんが担当。
odolの2人はやさしすぎる!!と感嘆の声をあげていました。

さぁ、今週末のライヴでは「お膳立てしつつ、バチバチに。撫でつつ、ひっぱたくみたいなライヴをしたい!」と意気込みを語ってくれたKing Gnu。お互いにフェアプレイで盛り上げよう!と気合い十分でしたよ。

♪ Vinyl / King Gnu

初ツアーの直前で、期待と不安でいっぱいのodol。
高校生の時、バンドといえばツアーというイメージだったので、ついにそれが実現することに!
福岡公演を行なうgrafはミゾベくんと森山くんが初めてライヴをした場所。その時、「これがライヴハウスなんだ。音楽って楽しい!」と思えたという思い出の地です。
King Gnuが出てくれる心強い名古屋、
初めてライヴをした場所である福岡のgraf、
odolを始めた場所である東京でのWWWとどの公演も思い入れが深い!
ツアーのお知らせもこれが最後ということで感慨深げ。ライヴに行かれる方も、お楽しみに!

☆King Gnuオフィシャルサイト:http://kinggnu.jp




<オンエアリスト>
♪虹の端 / odol
♪Tokyo Rendez-Vous / King Gnu
♪ Vinyl / King Gnu


来週は「”ライブといえば”な1曲」というテーマでお送りします!

番組やオンエアした曲の感想など
トークルームや、メッセージフォームから送ってください!


-----☆メッセージ募集中!☆-----
番組の感想や、メンバーへのメッセージなどなど、番組のトークルームにどんどん書き込んでください!
「他の人に見られるのはちょっと…」という方は、メッセージフォームからの参加もOKです!
Twitterは #idiodol をつけて感想をツイートしてくださいね。

-----☆odolの最新情報はこちらをチェック!☆-----
odolオフィシャルサイト : http://odol.jpn.com
オフィシャルTwitterアカウント: @odol_jpn