焚吐~僕の声、ちゃんと聞こえてますか?~

あー・・・(;´д`)

最近、忙しくてなかなか焚吐さんのラジオが聴けなくて寂しいです。゚(゚´Д`゚)゚。再放送を!と思い、25時に起きるのですが、いつも決まって「・・・僕なりの感性、観点で・・・」のところで寝てしまいます(ーー;)

私には、もうすぐ後輩ができます。初めてのことですごく緊張していますが、後輩に頼られる存在であれるように精一杯頑張ります\\\٩(๑`^´๑)۶////あと、来週こそは8時からのラジオを聴けるようにします!

真緒

花粉症

すみません、声の調子とか… 余計なお世話ですよね。
この季節、帽子にマスクに眼鏡装備の完全不審者スタイルで通勤してますので、会社の警備員さんにニヤッと笑われつつ顔パスしてます。
ですから、「失われし平和な春の日よ」には激しく共感しました。
この季節のテーマソングになりそうです。
ご紹介くださり、ありがとうございます。

ちょく。

┌(^o^┐)┐チョコォ…

ホワイトデーのパンケーキ、ありがとうございました!!(←) 撮影後は普通に自分で食べました、って書いてあったのが凄く可愛かったですΣ(°꒫°๑=͟͟͞)➳♡
あと、今日の3曲目がメリューで、元々の曲自体も好きだし、焚吐さんが歌った時も大好きなので嬉しかったです!!(語彙力の不足)

りーちゃん。

ワンマンライブ

焚吐さん、こんばんは。ワンマンライブツアーお疲れ様でした。
私は東京のライブに参加しました。めちゃくちゃ楽しかったです!特にグリンプス・グランパ、青い疾走のC&Rが楽しかったです。久々に聴いた人生は名状し難い、vol.1以来で感動しました。
君がいいんです、カッコ良かったですし、アルバムの中で好きな曲のひとつなので聴けて嬉しかったです。彼方の明日は、弾き語りでカッコ良かったです。
今日のラジオ、3月9日が流れた瞬間、懐かしいなと思いました。私は部活で去年の3年生の卒業式の退場曲で吹いた思い出があります。来週のラジオも楽しみにしてます。

えびまよ。

リアルライブ・カプセル vol.2

東名阪ツアー無事完走おめでとうございます‼
渋谷はファイナルらしく、本当に熱く盛り上がりましたね♪
いつまでもその余韻に浸っていたいくらい、本当に楽しかったです。
焚吐くんも、確実に次への手応えを感じたのではないでしょうか。

「卒業」というテーマでしたが、自分の卒業式に何の感慨もなかったので…というか、滅多に雪の降らない土地にも拘わらず、中学高校大学とも卒業式に雪が降りまして、寒かったという記憶しかないです。( ̄▽ ̄;)

今回も表現についての話になりますが、3月9日のサビのように、直接的な言葉を使わずに伝えたい事柄を浮かび上がらせるような表現方法が、私は好きです。
古き良き時代の日本人の奥ゆかしさを感じるというか、より深く深層心理に訴え掛けてくるような感じがします。

「ハッキリ言わなきゃ伝わらないでしょ!」

って、最近よく聞きますが、趣きを感じることが大事な時もありますよね?

余談ですが、「さよなら」の定義、焚吐くんは来生たかおさんと近いベクトルですね。
「さよならは別れの言葉じゃなくて、再び逢うまでの遠い約束」って。(*´ω`*)

ちょく。

東名阪ワンマン完走お疲れ様です!

焚吐さん、ワンマンライブお疲れ様でした!
私は名古屋のみでしたが、とても楽しかったです◡̈
途中でハプニングがあったり、色々ありましたが、これもライブの醍醐味と思いながら…レアな焚吐さんも見られて(?)記憶に残るライブでした。
特に、グリンプスグランパや青い疾走でのC&R、君がいいんですでのタオル回しは、ライブならではの一体感が感じられて最高でした!
また、次のライブがあれば絶対に行きます!

初東名阪ワンマンということで、今回のライブ期間中にあった焚吐さん自身やサポートメンバーとの思い出などはありますか?

りいな

大阪名古屋お疲れ様でした。

2日間熱唱されたからか、若干ハスキーでしたね。
知人のミュージカル系の歌い手さんから、喉の炎症を抑えるのにはプロポリスが効くと聞きました。
連日公演がある時には必需品だそうです。
東京公演は万全の態勢で挑んでくださいね。

表現方法は人其々で面白いですよね。
自分では思い付かないような表現があると、自分ならどう表現するか考えたり、わくわくします。
感性はいろいろな経験から育まれるモノだと思うので、人其々の人生観なんかも垣間見えたりするから面白いのかもしれませんね。

ちょく。

最近?

焚吐くんの好みが最近分かってきた気がします。

いるま

大阪、名古屋お疲れさまでした!

はじめまして!
関西住みなので大阪いきたかったのですが都合が合わなく…でもどうしても我慢できなくて名古屋のほうのライブいきました!!ワンマンライブを見に行くの初めてで緊張してたんですが、最後にはもうノリノリでとっても楽しかったです!!
毎日アルバム聞いてます♪

区狩一

オ・ト・ナ♪

久々に中森明菜さんの「禁句」を聴き、明菜ちゃんは10代のうちから「大人」に成らざるを得なかったのかなと…
「大人」とは、年齢で区切るというより、心構えで成るものなのかと感じました。

焚吐くんが「大人」の扉を開いて、新しい世界を繰り広げていく過程を、傍らで拝見していけるのを楽しみにしています。

ちょく。