マガジン

【#42】くみこさん / こうだいさん / ちゃこさんのワンシーン

子どもの頃、ぎゅっとにぎった母の手。
人生の門出を見送ってくれた、恩師の姿。
初恋の人に、胸が高鳴った瞬間。
大切な人との別れ。

リスナーのみなさまの人生のワンシーンを彩ったエピソードを、
女優・若村麻由美が語り、写真と共に、音楽の花束にしてお届けしていきます。


【Scene1:くみこさん】
最近、私の周りで手芸がちょっとしたブームになっています。初めて「刺し子」というものを知り、一目刺しの技法で花ふきんを仕立てることにしました。裁縫をするのは学生の頃以来です。毎日欠かさずに少しずつ、ちくちく縫い進めました。
星と三つ菱の柄は初心者には難しくて、完成まで2週間以上かかってしまいました(^_^;) 思っていたより上手に出来上がったので、嬉しいし達成感があります。もし近所に刺し子の教室があったら、通ってみたいなぁ。これからも趣味として続けていきたいです!

音楽の花束:♪Forever Memories/w-inds.


【Scene2:こうだいさん】
先日、小学校の同窓会があり、実家の愛知県に帰省しました。みんなで顔を合わせるのは、20年ぶり。当時は地味だったのに可愛くなっている子、片思いしてた女子はお母さんに、仕事が大変そうでも頑張っている親友、、、みんな、変化しながら、毎日を力強く生きているんだって感じました。
同窓会の翌日、姪っ子を連れて、僕が幼いころによく遊んでいた公園へ行きました。「ボール遊び禁止」なんて当時は言われていなかったのになぁ。だけど、当時からあったブランコはいまも残っていました!
変わっていくモノ、変わらないモノ、そんな物事に挟まれて、僕も生きているんだな、なんて感じた2日間でした。

音楽の花束:♪O-o-h Child/Valerie Carter


【Scene3:ちゃこさん】
先日、主人の実家に行ったときのことです。以前から、どうしても義母のペースについていけなくて、息苦しさを感じていました。たまにしか会わないんだから、そんなこと思っちゃいけない…と自分を戒めながらも、ついつい視線は主人を探してしまいました。
夕食の準備をする直前、主人が「散歩しようか」と、外へ連れ出してくれました。近所のコンビニを通ったら、コンビニ客の飼い犬がつながれていて、さみしそうにこちらを見ていました。
「お前とおんなじ目をしてるな」と、主人が笑いました。そんなさみしそうな目をしてたんだ、私…。主人が私のことを気遣ってくれて、息苦しさも幾分やわらぎました。
さみしそうな目をしていた犬も、優しい飼い主とのお散歩ができていたらいいな。

音楽の花束:♪Carry Your Load/Carole King


あなたの人生のワンシーンにある名曲・写真はなんですか?
応募フォーム」からお送りください。
メッセージを採用させていただいた方に
<花門フラワーゲート>から<季節のお花>をプレゼントしています。




人生のワンシーンにある音楽の花束と、一枚の写真。
思い起こさせるのは、笑顔、歓び、照れくささ、驚き、そして時には哀しみや痛み。
どんな感情も、人生には欠かすことのできない大切なもの。

音楽の花束を、あなたに…。