マガジン

侬好,東京 Vol.15 鎌倉の魅力!

M1 our time city  /     yonige     

女子2人組のユニット「yonige」駅のホームで座っているCDジャケットが印象的です。
ちょっと悪そうな雰囲気で曲もパンク・ロック風でしたが、女の子の声が透き通って少し渋くて、ユニットとして新鮮です。音楽の方は、恋をした時の切ない心情や、日々の生活でのやりきれない想いなどを綴っていて、若者を中心に広まっている注目のユニットです。



反抗といえば、立ち食いもある意味の反抗です。
最近、日本ではラーメンや蕎麦以外にも立ち食いのお店が増えています。今回紹介したいのは立ち食いのステーキ屋さん「いきなり!ステーキ」です。1号店は4年前、銀座にオープンしました。今年の2月で日本全国に100店舗を構えるほど増えています。
このお店は、グラム単位で良質のステーキが注文できることが人気です。例えば、今日の食欲があんまりないから10g、20gなどを注文するとか。肉厚なお肉を「立ち食い」で食べると、ステーキがかなり身近なものになったような感覚を覚えるそうです。これが「いきなり!ステーキ」の魅力と言われています。時間もかけないので、最初は忙しいビジネスマンの中から流行ってきたのでしょう。実際、立ち食いは普通の店よりも安いです。通常の店は回転率が低くて、利用時間も比較的に長いですからね。

ステーキのほか、最近立ち食いフランス料理もあります。フランス料理は高級なイメージですが立ち食い、しかも安い!丁丁さんも早速観光客として食べに行ってみたいとか。この立って食べるというスタイルに外国人観光客も興味をもっていろんなお店で行列しているのをみかけます。
いまでは高級店のイメージが強いお寿司屋さんですが、もともとお魚は生なので屋台で時間をかけずにさくっと食べる、なんてエピソードもあります。諸説ありますが、江戸時代の東京は、東京湾で豊富に魚が捕れたので食材が安く手に入り、それに江戸っ子というのは「せっかち」だったと良く言われています(笑)時間をかけずに美味しいお寿司が食べられるという事で人気になっていったようです。効率以外にも、身近の人とコミュニケーションが取れるのも大切ですね。ヨーロッパの人はこのような立ち食い方式に慣れるはずですね。バーのように立ち飲みで友人や店員としゃべることもできます。


M2   你说(あなたが言う)  /   易烊千玺       

彼の名前は、苗字は易、後ろの三文字が名前です。ぱっと見たら、よく分からないですが、今の若者はこのような名前が多いです。
実は彼はTFBOYSという人気ユニットのメンバーです。小さい頃からデビューし、今はもはや「高考」(中国大学入学統一試験)の年齢になりますね。先ほどの『你说(あなたが言う)』から、今までの易さんが青くさい感じですが、成長して大人に変わってきたと感じました。TFBOYSはいろんな面で活躍していて、例えば易さんはシングルスアルバム、もう一人の王源さんはテレビドラマ、映画で活躍し、またバラエティー番組も頻繁に出場しています。



日本でもジャニーズ事務所には男子グループが多く、SMAPや嵐、最近はKis-My-Ft2も人気グループです。amin さんは前回渋谷に行ったとき、渋谷駅前でKis-My-Ft2の大型看板を見たそうです。「どの子(だれ)を連れてかえりたい?」という人目を引く広告が書いてあったとか。丁丁さんも日本で時々大きな看板が箱みたいなトラックにつけてあるのを見たそうです。新宿や渋谷付近ではよく見られますね。


M3  鎌倉物語  /  サザンオールスターズ  

「サザンオールスターズ」のボーカルは桑田佳祐さんですが、歌っているのは彼の奥さんである原由子さんです。鎌倉をテーマにした歌ですが、aminさんは鎌倉好き。東京からも近いです。鎌倉ではきれいな海が見られます。山も多いので、山登りにもいいです。それに、古いお寺もたくさんあるので日本文化を味わえます。

 

日本に来ても人混みに疲れ、ホッと一息いれたくなることもありますよね。そんな時にオススメなのが鎌倉の「報国寺」。幻想的な竹林と美味しい抹茶を堪能すれば、疲れなんて吹き飛んでしまうことでしょう。
美しい竹林を楽しむことのできる「報国寺」は、外国人向けガイドブックで3つ星を獲得するほどの人気観光スポットなんです。涼しい竹林の中、お茶を飲みながら、自然を楽しめるのはまるで天国のようですね。
他にも鎌倉には歴史に残る名所がたくさんありますから、この番組でも改めてご紹介していきますね。




M4 Watashi    /        iri

iriさんの歌はクールで、個性的な感じです。「iri(イリ)」さんは、神奈川県逗子出身の女性シンガーソングライター。逗子は湘南とも言います。ちなみに湘南はおしゃれなイメージがあるので、ナンバープレートが湘南だったら「あっ、湘南から来た人だね、おしゃれだ」と思われますよとaminさん。
今日は東京に近い、神奈川県のお話もたくさんお届けしました。