マガジン

侬好,東京 Vol.18 中国ではもはや常識!電子マネーの今

M    YUMEGIWA LAST BOY     /    SUPERCAR     
 
この曲は卓球を題材にした映画「ピンポン」の主題歌です。
今日は、まず「卓球」の話題から。ここ数年日本の卓球はハイスピードに発展しています。
先日ドイツで行なわれた「2017世界卓球選手権ドイツ大会」。日本は5つのメダルを獲得し昨年行なわれたリオデジャネイロ・オリンピック以降、若い選手の活躍が目ざましく卓球人気に拍車がかかっています。

日本の卓球選手といえば、中国では石川佳純さんがよく知られています。ファンも多いらしいです。今回の世界選手権では、混合ダブルスで優勝。
もう一人は、オリンピックには出られなかった「平野美宇」選手、17歳。その悔しさをバネに成長し、世界選手権では女子シングルスで3位。3年後の東京オリンピックではちょうど20歳ですから、いまから活躍が期待されます。
そんな平野美宇選手が好きなアイドルは「ももいろクローバーZ」というグループ。海外のインタビューに応えた時は、「ももいろクローバーZ」のダンスを真似て披露するなど、ユニークな一面も見せています。卓球選手とはいえ、アイドルが好きというのは普通の17歳という感じでかわいいですね。

さらに人気が出ているのが先日14歳になったばかり「張本智和」選手。
昨年末に南アフリカで行なわれた「世界ジュニア選手権」の男子シングルスで、史上最年少で優勝。13歳163日という記録で今までの記録を塗り替えました。その若さで既に世界大会の舞台で頂点に立ったなんてとんでもない子です!他にも若い選手の活躍が目覚ましく、東京オリンピックに向けて卓球人気が高まっています。
卓球といえば王者中国。中国選手たちが2020年東京オリンピックで各種目を優勝し続けるよう望みます。強力なライバルがいるからこそ成長できますね。


M  洋葱 (オニオン)  / 楊宗緯  
 
楊宗緯さんは台湾出身の歌手で、感情を込めて歌うのが得意です。歌うときに泣きそうな歌声が特徴です。テンポが遅い曲が多いです。曲風が全然違っても、楊宗緯が自分らしく歌えるのがすごいところです。

さて、中国の人気の話題です。この前「中国の新四大発明」の話をしていましたが、シェア自転車のほかにwetchatペイとアリペイ、いわゆる電子マネー。そして通販と、高速鉄道。つまり、外国人の投票による新四大発明は①高速鉄道、②電子マネー(no cash)、③シェア自転車、④通販。
最近、ネット上に面白い話が流れています。「福さん」というドイツのネット名人が、上海で生活していて、ドイツ大統領あてに「中国はもはやモバイル時代に入っている。もっと勉強しないと、あなたは脱落してしまいますよ」という内容の手紙を書きました。

日本では、電子マネーは中国ほど普及していませんね。普段出かけるとき、財布やクレジットカードは必ず持っていかないと。中国に来たら、早速アリペイやwechatペイのアプリをダウンロードしなきゃ。最初、銀行カードと連携するのは抵抗があるかもしれないですが、慣れたらすごく便利です。
aminさんは、ある朝公園に行ったとき、携帯しか持っておらず、帰りに雑誌を買おうとすると、「やばい、財布持ってこなかった」と思い出しました。そのとき、新聞と雑誌の売店に「wechatペイ、アリペイ支払いできます」という看板があって、助かりました。今は小さな売店、たとえ朝ごはんでも電子支払いが使えますね。
それどころか丁丁さんはある日携帯を忘れて、現金でアイスを買おうとしたら、店員さんが久しぶり現金をもらったみたいで操作を忘れてバタバタしていたとか。
『侬好東京』では、いま中国(上海)で話題となっている事もいち早くご紹介していきますので、どうぞお楽しみに。
 
M  行くぜっ!怪盗少女!  /  ももいろクローバーZ 
                                                                        
この曲は卓球の「平野美宇」選手が好きな曲です。
観客と一緒に踊れるような歌のスタイルは彼女たちの特徴です。
このような歌はパーティーに合いますね。特にバーベキューパーティーです。
夏になって、家族や友人と集まって野外でバーベキューするにはちょうど良い季節ですね。

最近、東京では準備万端で臨まなくても「手ぶら」でバーベキューが出来るスポットが人気です。
東京・豊洲にある「ザ・サード・パーク」
都会のど真ん中で開放的な気分を味わいながら、それでいて手ぶらで気軽にバーベキューが出来ると人気の施設です。いろんなプランがありますが、例えば、1人4時間5000円で材料費、機材費全て込み。お肉は牛肉、豚肉、鶏肉。それ以外に野菜やポップコーン、マシュマロなどもついてます。

もう一つは「渋谷」。ビルの屋上でバーベキューが楽しめます。
「手ぶらバーベキュー」といわれる、このスタイルのメリットはとにかくアクセスが良い事。
駅から数分で行けるので、集まりやすいですよね。さらに新鮮食材を衛生的で安心な真空パックで会場に届けてくれるので安心です。
牛・豚・鶏はもちろん、定番の野菜や、焼きそばなどの食材は4000円から5500円、2時間から3時間というプランで楽しめます。食材は当日会場にて受け渡し。オプションで生ビールサーバーもあるそうですよ。上海でもできそうです。上海(中国)のバーベキューと言えば、路面店が多くて、野外でのバーベキューはあまり見かけないです。上海の高層ビルも多いし、屋上でパーティーするのもいいですね。
しかもセルフ制なので、美味しく食べられます。うまく調理できないかもしれませんが、自分で焼いたものは格別ですね。
 

M  渚にまつわるエトセトラ    /    PUFFY 
                                                         
この曲はPUFFYの名作で、聴くたびに夏の思い出が湧いてきます。 
なるほど。日本のリスナーは夏にこういう風な曲をよく聴きますね。『侬好東京』では、このようないろんな日本の事情が聴けます。