マガジン

侬好,東京 Vol.22 9月は中国の入学シーズン!学生の定番行事は?

まだまだ暑い上海、丁丁さんの暑さ対策は出かけないこと(笑)
どうしても出かけるなら、塩ソーダを飲んでから外に出る。これは上海の伝統避暑対策です。
夏と言えば、上海人は必ず酸梅スープ、塩ソーダ、そして緑豆スープを飲みます。
上海以外のところではめったに見かけない上海名物です。


M サマージャム‘95 / 鎮座DOPENESS×環ROY×U-zhaan  

この曲は、日本HIPHOPグループ「スチャダラパー」の『サマージャム‘95』のカバーです。
これはメンバーのユザーン(U-zhaan)本人から音源を提供されたもので、まだ一般公開していません。

今日は『サマージャム‘95』の歌詞にも出てた「プール」の話題から。
上海のプールは筋トレに用いられることが多いそうですが、
今東京では「ナイトプール」が注目されています。



プールサイドに人気DJが登場し、BGMを演出するなど、都心のど真ん中にも関わらず、リゾート空間が楽しめます。東京・千代田区にあるホテル「ニューオータニ」では9月中旬までナイトプールの営業をしています。
 


他にも、東京・新宿の「京王プラザホテル」。料金にはバスタオル、デッキチェアー、遊具、ビーチサンダル、シャンプー、ボディソープ、ドライヤーの代金が含まれているので、会社帰りにふらっと立ち寄れるのも魅力の一つです。


 
さらに品川にある「グランドプリンスホテル新高輪」。多彩なフードメニューがおすすめ。夜空を見ながら、豪華なディナーを楽しめます。ロマンチックな夜空の下で、きれいな景色を眺めながら、豪華ディナーをします。



さらに、女性ファッション雑誌「CanCam」がプロデュースした「東京プリンスホテル」のナイトプールは『ナイトサーカス』がテーマ。うっとりするような“ゆめかわ”な雰囲気が特に女性に人気です。
どれも同じプールですが、モチーフが異なると、雰囲気が全然違いますね。
写真好きな人にとっての絶好の場所です。都会の人の中では、海よりも人気なはずです。
 

M  第一天/孙燕姿(一日目/孫燕姿)  



孫燕姿さんはシンガポール出身で、王菲さんと張恵妹さんの後継者と呼ばれる女性歌手でした。
以前、動感101のラジオテーマソングも歌ってくれました。この曲は十数年前の曲ですがいまだに新鮮!

孫燕姿さんは未だに人気です。彼女は素直で、ウェイボーで「孫燕姿」で検索したら、彼女に関するニュースの中で一番の話題は「孫燕姿 自撮り」。なぜかというと、以前、彼女がウェイボーで公開した自撮り写真は、修整など一切してないからです。
今は美顔appが流行ってますから、芸能人どころか、一般人も自撮り写真を必ず修正します。フィルムを入れたり、美白効果を使ったり。孫燕姿は何も使わずにそのまま撮って、そばかすが丸見えです。しかも正面からの顔写真が多く、インパクトがあって、ある意味、爽やかな性格の現れです。



上海は、9月1日で学生の入学式・始業日でした。大抵の中国の学生はこの日が印象深いです。中国では、新学年の時に、本にカバーを付けます。
aminさんも学生時代、カレンダーの紙でカバーとして使用していました。毎年新年早々から好きなカレンダーを狙い、9月になったら、どんな本をどのカレンダーにカバ―するのかを決めていたそうです。
今は大きめのカレンダーは少なくなって、全く使えません。そもそも文房具屋さんには可愛いカバーがいっぱい売ってます。
確かに今のカバーはきれいだけど、時代感が足りない気がすると丁丁さん。あの頃のカレンダーは芸能人を使ったものが多いので、カバ―を開けると、毛阿敏さんとか芸能人の写真が出てきて、サプライズみたいな感じ。

日本の学生の新学期は、四月の入学。三月中旬から四月上旬までは春休み。学校が始まると同時に桜も満開になります。四月は卒業とともに、入社の時期でもあります。新入社員のスーツ姿もよく見られます。


M やってみよう   /      WANIMA  


                                                              
続いては、「バーチャル・リアリティ」を体験できるスポットの話題です。新宿に、この夏オープンした『VR ZONE SHINJUKU』は、「超現実エンターテインメントEXPO」といわれるVR体験施設。
2019年までの期間限定で、あと2年も体験できます。歌舞伎町のど真ん中で最新のバーチャル・リアリティが体験できるということで盛り上がっています。
大手ゲームメーカー「バンダイナムコエンターテインメント」が手掛ける「VR ゾーン新宿」。広大な会場で、五感を刺激する「人力飛行機で空を飛ぶスリル」や「恐竜に襲われる恐怖」、さらに人気アニメーション「ドラゴンボール」や「エヴァンゲリオン」を題材にしたアクティビティまで、さまざまなコンテンツを楽しめます。



衝撃的な感覚を与えてくれそう。しかも普通のジェットコースターとはまた別の感覚。ゴーグルを被った瞬間まるであの世界に実在するように恐竜をみたり、飛行したり、アニメ作品を体験します。
風を吹かせるマシーンや海に潜るシーンに合わせて水滴を吹き出せる設備もあります。
事前に予約が必要なコンテンツもあるので、詳しいインフォメーションはホームページをチェックしてくださいね。


M  Komm,susser Tod    /   Arianne 

この曲は、劇場版の「新世紀エヴァンゲリオン」で使われていた曲です。
「エヴァンゲリオン」は、とても人気なアニメ作品でした。
日本のアニメのいくつもの作品が中国の観客に影響をもたらしました。「聖闘士星矢」、「スラムダンク」、「ONE PIECE」、「名探偵コナン」など、数世代にわたり影響を及ぼしました。
 女性向けの作品なら「セーラームーン」、「カードキャプターさくら」とか。上海の若者はアニメに触れるのが早いので、昔のアニメはほとんどみんな言えます。