マガジン

侬好,東京 Vol.24 中国ヒップホップブーム!

M   打上花火   /   DAOKO × 米津 玄師      
 
今日は、日本で大人気のおもちゃ、「ハンド・スピナー」の話題を。
アメリカで生まれた、この「ハンド・スピナー」。親指と中指で、中心部分を持って、薬指で羽の部分をはじくとクルクルと周る。。。それだけです!!!(笑)



今日は二人で体験しました。
丁丁さんが持ってるのが三つ葉みたいなものです。葉は金属製で、真ん中の部品はプラスチックです。指先でくるくる回すだけで動きます。ずっと回ってます。
実は、この、指先でクルクル回すだけの動きが、現代のストレス発散に一役買っている、という分析も出ています。いまの生活の忙しさ、情報の多さから少しでも解放されたいという人々の思いが、このおもちゃのヒットにも繋がっている!という方もいます。
値段は、日本円で数百円のものから、高いものは数万円するものまで!高ければ高いほど、回る為のパーツが良く出来ているのでハマればハマるほど、いくつも欲しくなるかもしれません。羽の部分が2枚のものから、3つのもの。(3つのモノがスタンダード、いちばんポピュラーな形)プラスティック性や木製、金属性、チタン性、などなど、本当に様々。
まだまだ「ハンド・スピナー」人気は続きそう。


M  还来得及 (まだ間に合う ) /   黄子韬



黄子韬さんは個性あふれる歌手として知られています。ネット上はプラス、マイナスのコメント色々ありますが、彼は自分の音楽を徹底的に貫きます。「还来得及」も彼が作曲したものです。



彼は歌、ダンス以外、もう一つ特別な才能があります。実は彼は武術も得意です。
黄子韬さんは5歳から武術を学び、色々試合で優勝し、国際武術コンテストでは三位の好成績を残しました。



上海では最近ヒップホップが流行ってます。今までもヒップホップ文化はありましたが、ここまで大人気ではなかった。今年の夏、「中国有嘻哈」という音楽番組が好評を得たおかげで、ヒップホップが空前の人気になっています。
番組放送以来、ある出場者達の人気が急上昇し、一夜でウェイボのファンが数万人から何百万人まで爆増しました。スポンサーは番組に合わせてappでCM曲を出しました。最初はそこそこでしたが、人気の出場者がその曲を歌っただけで、全然違いますね。今は若者向けの商品を売り出すため、宣伝曲はrapじゃないとアウトですからね。友達に会ったときの挨拶は「freestyleありますか」。
丁丁は動感101FMでのもう一つの番組『音楽万華鏡』のはじめに、パートナーと一緒にfreestyleをやっています。


M  僕たちがやりました     /    DISH//

「マインドフルネス正念」って言葉、ご存知ですか?
最新の脳科学で「ストレス軽減」、「集中力アップ」、「自律神経回復」などの効果が実証され、アメリカでは「グーグル」をはじめ、「フェイスブック」や「インテル」といったIT系の企業のほか、政府機関の研修でも「マインドフルネス」が取り入れられているそうです。
簡単に言うと、「マインドフルネス」とは、今ここに、ただ集中している心のあり方のことです。スポーツ選手が絶好調の時に「ゾーンに入った」という言い方をすることがありますが、その状態に近いと考えるとわかりやすいかもしれません。雑念を持たず、リラックスしてただ今だけに集中して研ぎ澄まされている状態。無理していないのでストレスもありませんし、最も自分の力を発揮できる状態でもあるわけです。
そのため、「正念」で精神状態を改善する必要があります。「正念」で「瞑想」がよく使われます。「瞑想」は仏教の参禅に始まります。誰でも正念瞑想ができるため、広がりやすいからです。それも最近日本で流行っている方法か文化かな。



3分から5分程度、目をつぶって、頭の中で一つの事だけを考える。数分の間、ゆったりと、自分の呼吸だけに集中する意識を持つ。など、やり方はさまざま。自分に合った「瞑想」をする事で集中力が高まるそうなので、気になったかた、この「マインドフルネス」を、試してみてもいかかでしょうか。わたしの友人も瞑想が好きで、「排除法」という方法を使い、一つ一つ考えなくてはいけないことを考え切ってから、「空」の状態になったという。
 
実は中国でもそういう集中力を上げることやストレス解消の方法がありますが、比較的に伝統的です。例えば、背中のマッサージや、吸い玉をかけることなどです。丁丁は、中国の伝統的な方法が好きです。「瞑想」は抽象的で、把握しにくいからです。
でも、背中マッサージなどは他人の力が必要ですが、瞑想は自分ひとりでできます。そこも日本の特徴ですね。どんなに悩んでも、他人に迷惑かけないようにするから。
「心頭滅却すれば火もまた涼し」。暑いけど、心が穏やかであれば、暑いと思わない。「静か」、「空」になるという。忙しいときこそ、「静か」、「空」になる必要があるんですね。


M  夢で逢えたら      /    吉田美奈子   

とても印象的な歌で、70年代に活躍していた歌手です。今はすでに60歳になっていますが、歌が本当にうまいです。aminは彼女のライブを見たことがあって、本当にまわりを巻き込む力があって、すばらしい歌手だと語っていました。
今日の番組でこの歌を紹介する理由も、リラックスな感じを皆さまに贈りたいためですね。夢の中は一番リラックスだからね。