マガジン

侬好,東京Vol.27 本場・中国の月餅は甘くない!

M   聖域   /    福山 雅治    
 

今日は「ドライブ」に関する話題をお送りしました。
日本に来たら一度は体験してもらいたい「マリオカート」。
ご存知、ゲームの「マリオブラザーズ」の「マリオ」の格好をして、ゴーカートに乗って都内を運転出来るというもの。

丁丁さんも原宿で一回見たことあるそう。その時はチームを作って、出発の待機をしていた様子でした。
aminさんも渋谷で何回も見たことが。利用者にはヨーロッパの観光客が多いそう。外国人観光客に人気で、人数が多ければ多いほど、目立ちますし、街の人からも注目されるので楽しそう。ゲームと現実が一体化しています。マリオやルイージ、ピーチ姫のコスプレをして、ゲームの「マリオカート」さながらに都内の街を団体で走るのが人気です。コスプレ衣装フルセットを含んで7000円から。付けヒゲのオプションもあります!
 
大人気の為、事前に予約が必要となります。実際に運転している人も、そして、街で見ている方も楽しめるアトラクションですね。皆さんも体験してみてはいかがでしょうか?

M 我要你 (あなたがほしい)/ 任素汐

この「我要你」という曲は彼女が主演した映画『驴得水』のオープニングテーマです。映画にも彼女がこの曲を歌いながら遊んでいるシーンがあって、撮影は一回で通しました。しかも、第24回Chinese Top10 Music Awards年度ベスト曲大賞を受賞した作品です。プロの歌手ではないのに彼女の声で美しい雰囲気を醸し出せるところがすごいです。

続いては上海の話題。そろそろ「中秋節」が近づいてきました。「中秋節」と言えば、中国の人たちがまず思い出すのが「月餅」!日本の月餅は、具はあんこ一種類のみ。日本の人はしょっぱい月餅など別の具の月餅を食べたことがないですよね。皮も広式という広州地方の定番のもののみです。
中国の月餅と言えば、皮も色々あって、定番の広式はもちろん、蘇式や冷やし月餅など、日本の方は恐らく見たこともないでしょう。冷やし月餅はアイスクリームの食感に近いです。具は、あんこ以外に、ココナッツ、五目、ミートなど色々。上海ではありふれたミート月餅は日本人にとって想像し難いものですね。さらに、塩コショウ味もあるんです!


最近ネットで話題になってるのは「腌笃鲜」月餅。ハムや竹の子が入っています。家庭料理の「腌笃鲜」スープのスープを取り除いて、具をみじん切りにして、月餅に入れたのが「腌笃鲜」スープ味の月餅。
丁丁さんによると、「味はまあまあ。でも初めて食べる月餅で面白かった」とのこと。

さらに丁丁さんの情報によると、今年は「白菜の漬けものと牛蛙」の月餅が出そうだとか。

ちなみに、去年はザリガニ月餅でした。ビックリですね!
aminさんがいままでで一番おいしいと思った月餅は、上海定番のミート月餅。しかも、焼きたて熱々のもの!というこだわりも。日本でも食べてみたいですね。


M エイリアンズ(Lovers Version) / 堀込 泰行  

次は自転車について。ご紹介するのは電車に自転車専用車輛が出来る、という話題です。
今まで電車に自転車を持ち込む場合は折り畳んだり、袋に入れたりする事が必要条件だったのですが、先日、折り畳まず、自転車そのままの形で電車に持ち込む事が出来るようになる、というニュースが報じられました。
これは、千葉県の房総エリアのサイクリングを、より楽しんでもらおう!という事から始まったプロジェクト。千葉県の房総という地区の電車なので、自然に恵まれた房総にサイクリングしてほしいという思いで開発されました。電車車両を改造して、自転車を入れることができるようになっていて便利ですね。


電車の愛称は「BOSO BICYCLE BASE」(房総バイシクルベース)「房総の各地を、バイシクル(自転車)で、駆け巡るためのベース(基地)」というコンセプトをもとに、それぞれの頭文字をとって名付けたそうです。運行開始は来年1月を予定しています。

ハイテク基地のような感じで、略称「BB BASE」ですよね。車両に自転車置きのラッカーが設置されて、一台一台ずつ駐輪できます。
なかなか斬新なアイディア!「自転車であるところに行って、また電車に乗り継ぐときはどうしよう?」という、皆が困っていることを解決できましたね。中国ならシェア自転車があります。駅に着いたら使った自転車を乗車駅に泊めて、目的地に降りたら新たなシェア自転車を利用できます。日本では自転車トレニンーグがブームで、高額な自転車を購入する若者も少なくありません。来年1月に新電車が運行開始予定です。


M TRAIN TRAIN     /   THE BLUE HEARTS  

THE BLUE HEARTSは、日本のロックバンドのNO.1とも言えるとaminさん。
丁丁さんもパワフルさ、インパクトに驚いていました。