マガジン

侬好,東京Vol.28 秋葉原で話題のお肉!&日中の駅事情

M   #好きなんだ    /   AKB48     


今日ご紹介したのは、いま秋葉原で大人気!「お肉」の話題です。2年前くらいからジワジワと話題になってきたローストビーフ丼。火付け役となったのが、ローストビーフ専門店「ローストビーフ大野」です。
オープン当初からツイッターで拡散されて毎日行列が出来るほどの人気。その後、ローストビーフ丼のブームは東京各地、日本各地に広まって行ったと言われています。普段は煮込み牛肉のほうがよく見られますが、これは厚焼き牛肉。ステーキをごはんにかけるような感じです。


続いてのお肉は「牛カツ」。これもいまや日本中で大人気ですが、一般的なブームのきっかけとなったのはオタクの聖地でもある秋葉原。もともと京都にあったお店「京都勝牛」。牛カツの専門店として関西では絶大な人気があったそうですが、東京の秋葉原にお店が出来たのをきっかけに、新宿、渋谷などで牛カツのお店がたくさん出来て、ほとんどのお店が行列するほどの人気。ガッツリ食べたい男子だけじゃなく、京都ならではの繊細な味付けに魅せられた女子を中心に行列が出来たそうです。丁丁さんからは、繊細な味よりもただお肉が好きな女性も結構いると鋭いツッコミも。肉に関しては男女同じです。


さらに、伝説となったほど人気のアニメ「ラブライブ!」の聖地とも言われる神田明神から、ほど近い場所にある「明神カフェ」では、吉祥寺にある予約困難なお店として知られる「肉山(にくやま)」とコラボレーションしているので、吉祥寺のお店にいかなくても、この「明神カフェ」で美味しいお肉が食べられます。

上海にも似たようなお店があります。ある重慶火鍋があまりにも人気過ぎて、なかなか予約取れない。一方、もう一つのザリガニの有名店はその重慶火鍋とコラボして、自分の支店でザリガニ以外に、重慶火鍋も出しています。なので、わざわざその重慶火鍋のお店に行かなくても重慶火鍋が食べられます。
 

「肉山」の他にも、銀座の名店「ひつじ座」や、広尾の会員制馬肉料理店「ローストホーク」ともコラボしているので、普段は会員しか食べられないような、おいしいお肉が食べられます! 「ラブライブ!」の聖地巡礼の後は、美味しいお肉、いかがでしょうか?秋葉原はアニメの聖地でもあるし、お肉の発信地でもあります。


M 越难越爱 (難しいほど愛しい)   / 吴若曦

この曲が流行っている理由は曲そのもの以外にも、ある人気ドラマにも関係があります。TVBドラマの『使徒行者』です。


丁丁さんの知り合いは、周りのみんながこのドラマを見ていると聞き、週末の二日間を使って一気に20話以上を見切ってしまったほどのハマりよう。それほど大人気です。
内容としては、スパイ、警察などの話で、ドキドキさせるので一度見始まると止まらない。誰がスパイなのかを当時みんなが当てようとしていました。吴若曦さんが歌った「越难越爱」が人気になった一番大きな理由は、ドラマの中カップルが登場する度に必ずこの曲が流れることです。一気に話題になって広まりました。ドラマや映画をきっかけにして曲がヒットした例も少なくないです。

さて、中国では10月1日から9日は国慶節でした。
日本の大型連休はお正月以外で、年2回くらいあります。日本のお正月は元旦で、元旦前後1週間ほど休み。後は5月のゴールデンウイーク。これは中国も一緒です。

丁丁さんが初めて東京へ遊びに行った時も5月1日。その時は中国の大型連休なので、日本は平日だと思って、原宿の竹下通りに行ったら人だらけ!びっくりしたそう。その後、中国も日本も5月のゴールデンウイークがあるということがわかりました。
日本の人もこういう連休では、海外や国内で旅行します。どの国の人も長期旅行なら公休休暇を使うしかないですね。


M 完全無欠のぶっとバスターX / 魔法少女になり隊  

続いてご紹介したのは、電車の駅別の「1日の平均乗車人数ランキング」。
丁丁さんは新宿、東京、渋谷の乗車人数が一番多いと予想。
aminさんも元々渋谷駅がトップだと思っていましたが、先日JR東日本が発表した2016年度の乗車人数ランキングで、かつて、トップ3の常連だった「渋谷駅」が6位にダウン。その代わりに「品川駅」が、今まで最高の5位にランクインしてきました。
渋谷がランクダウンした要因としては、東急東横線と、東京メトロ、副都心線の、相互乗り入れ以降、利用客が減っている傾向にあるのが理由、と考えられています。例えば、横浜や埼玉に行こうとしたら、昔は渋谷で乗り換えなければならなかったのに、今は直通電車があるので一本で行けます。このため、渋谷駅で乗り換える必要がなくなりました。

一方の品川駅は、「上野東京ライン」の効果が、利用客の増加と考えられているそうです。今まで上野止まりだったのがそのまま東海道線に乗り入れているのが理由とされています。
上海だと、「人民広場駅」と「静安寺駅」のよう。恐らく「人民広場」駅の利用者が一番多いと丁丁さんは予想しています。



ランキングの1位から5位までの駅は…
一位は新宿、丁丁さん、当たりです。
初めて日本に行ったときに、新宿まで成田エクスプレスで行き、降りた瞬間その広さに驚いて、駅で迷ってしまったそう。
2位は池袋駅。中国人が多く、にぎやかなところです。3位は東京駅、両方当たりましたね。
東京駅は「人民広場」駅の役割と同じ。みんなそこで乗り換えます。新幹線もありますね。
4位は横浜。5位は品川。という結果です。
中国の皆さんも日本で旅行するとき、日本の各駅を楽しめるといいですね。
amin:賛成です。
 
M 駅  / 竹内 まりや      
 
この曲は、お別れの悲しい雰囲気が感じられます。
駅と言えば、なんかお別れや見送りシーンを連想しやすく、逆に旅立ち、楽しいという表現が少ないです。普通旅の楽しさは駅ではなく、車や電車にいるとき。その場合はリズム感のある曲。電車に乗って、歌ったりしているような感じです。駅ならお別れしか考えられませんね。