マガジン

侬好,東京Vol.35 スペシャル企画!中島美嘉さん登場!①

4週に渡ってスペシャル企画!
東京のスタジオからaminさんが素敵なゲストを迎えてお送りします。
今週と来週の2回は、ゲストに「中島美嘉」さんが登場してくれます。

M 礼物     /  劉力揚



劉力揚さんは中国のポップ歌手です。10年前の「超級女声(スーパーガールズ)」 という歌番組がきっかけで、デビューしました。この曲『礼物(贈り物)』は劉力揚さんの代表曲で、第17回CHINESE TOP10 MUSIC AWARDS の「十大人気曲」を授賞されたそうです。最近、劉力揚さんは再び音楽活動を始め、5枚目のアルバム『库仑定律(クーロンの法則)』を発表しました。


<中島美嘉さんインタビュー>

Q.先日終了したばかりのMIKANAKASHIMA FULL COURSE TOUR2017 I WON'T LOSE〜杭州公演では、ファンの熱烈な反響があり、特にアンコールでのファンからサプライズの日本語での応援について、感想を聞かせてください。

大きい弾幕じゃないですけど、布に日本語で「美嘉ちゃん、せーのって言って」って書いてあったんですよ。なので、言えばいいのかなと思って「せーの」って言ったら、わたしの曲を日本語で皆で歌い始めてくれたんですね。

amin:すごいですね。感動しますよね。

中島さん:感動でしたね。もう、バンドメンバーと全員で唖然としてましたね。

amin:ファンの皆さんの日本語の歌はいかがでしたか?

中島さん:素晴らしかったんですよ。わたしが歌わせてもらってるときも、知ってる曲は皆歌ってくれるし、こんなに日本語をちゃんと覚えてくださってるんだというのすごく嬉しかったんですね。


Q.来年1月の深圳公演をはじめ、上海公演も企画中と聞いていますが、美嘉さんはこれらの公演にどのように期待していますか?

中島さん:前回中国ですごくファンの皆さんに助けていただいた感じです。すごく楽しみで、私自身普通のツアーが海外からというのは初めてだったので、不安もいっぱいだったんですけど、皆さんの声と熱気で助けてもらって、本当に楽しく終わりましたね。

amin:中国でもたくさんの中島美嘉さんのファンがいるということですね。

中島さん:ありがとうございます。本当にうれしかったです。

M A or B      /     中島 美嘉



Q.10月25日に発売されたシングル『A or B』には、5月に発表された『Happy Life』も収録されています。『Happy Life』はSalyuさんと共演されて、明快なリズムで東京メトロのCMとして流れています。Salyuさん、小林武史さんとの共演について 聞きたいのですが、お二人は、どんな方ですか?
共演してみて、いかがでしたか?


中島さん:Salyuさんとも小林武史さんとも面識があって、よくイベントなどではご一緒にさせていただいてたので、特にSalyuちゃんとはよく話していたので、二人でどういうふうに歌うっていいながら、声が全然お互いに違うので、じゃわたしはこうしよう、こうするねって寄せて歌ってるんで、意外と聞いてみると、どっちがどっちっていう人も多いですね。

amin:ふたりとも少しハスキーボイスな感じですね。

中島さん:そうですね。そこもありますね。

amin:じゃすごく楽しかったですね。

中島さん:楽しかったです。

amin:では、お二人はどんな方ですか?優しかったりとか。

中島さん:Salyuさんは先輩にあたるんですけど、そういうことも全く出さず、とても優しい方ですね。いつもイベントで会うと安心する方です。小林さんはいつも凛としていらっしゃるけど、どこかお茶目なところもあって、とても素敵な方です。


Q.中島さんの東京のおすすめスポット、そしてお気に入りの場所、美味しいお店などを教えてください。

中島さん:わたしあんまり出かけないので、買い物とかご飯もあんまり行かないですけど、行くのも決まってるので、大体青山、表参道あたりをうろついてることが多いですけど。

amin:じゃ皆さんも青山に行ったら、もしかしたら美嘉さんと会えるかもしれません。


Q.美嘉さんはどういう食べ物が好きですか?



中島さん:食べ物にあんまり興味がないというと変ですけど、なんでも食べれればいいので、あんまりここっていうのが全然ないんですけど、ラーメンがすごい好き。
老舗のだるまや。わたしは全く知らなくて、だるまやさんに失礼ですけど、外から見ると、結構やってるかやってないかわからないくらいの感じ。小さくて外から全く中が見えないので、わたし一人で入ったんですよね。
しかも、誰もいないと思ってたし、出てくる方々がサラリーマン風の方ばかりだったので、ものすごく叫びながら入ったんですよ。一人で大丈夫だと思って、「やってる」っつって入っていたら、ものすごくバーッと見られて。ちょっとシュールな写真、とりあえず撮っとこうと思って撮って、ラーメン食べて、おいしかったです。


amin:そうですね、じゃぜひ皆さん、行ってみてほしいです。

中島さん:「やってる」っつって入ってください。だめだね、教えたら。

M Happy Life   /  中島美嘉 × Salyu 

Q.8月に発売されたアルバム『ROOTS 〜Piano & Voice〜』に8曲の人気カバー曲が収録されています。ピアニスト河野伸さんとの共演も新鮮でした。このアルバムを詳しくご紹介頂けますか? それとこのカバーソング、8曲はどうやって選んだのですか? 

中島さん:この8曲を必ず意味があります。初めて買ったCDとか、初めて行ったライブとか、いろいろきちんと理由があって、全部選ばせてもらいました。その時にちょうどわたしが河野伸さんとそういうアコースティックのライブを回っていて、その時にうちのプロデューサーがこれをどうしても形に残しておきたいと言ってくださったので、このアルバムをつくることができて、本当にスタジオライブほぼ一発録りで。

amin:すごいですね。じゃ臨場感がすごい 。

中島さん:はい、いつもよりはライブ感がありますね。

amin:じゃすごくスペシャルなテイクという感じですね。


Q.中島さんのレコーディングでの、独特な習慣やくせなどありましたら教えてください。

中島さん:他の人は知らないので、わたしも後で聞いて「そうなんだ」と思ったんですけど。まずは部屋が暗いこと。あとは絶対に人に見せないで、普通こういう風に歌うんですよね、相手が見えるように。アイコンタクトはしないです。カーテンを閉めるか、カーテンがないところはなんでもいいから、貼ってもらう。

amin:自分の世界に入りこむ感じで、レコーディングしたい。

中島さん:はい。集中してくると、返事をしないらしくて、機嫌が悪いのかと。皆慣れてるから、もう返事しなくなったから録り始めるぞとなるけど,慣れてない方が来ると、中島さん怒ってます?ってよく言われるらしいです。

amin:そうなんですね。実は自分の世界に入る。

中島さん:そうですね。いっぱいいっぱいなだけですけど。

M 空も飛べるはず    /    中島 美嘉


来週もゲストに「中島美嘉」さんが登場してくれます。お楽しみに。