マガジン

侬好,東京Vol.44 今年のトレンド鍋!&中国の紅白!春節聯歓晩会

M   nanana        /        lol   

グルメサイトでお馴染みの「ぐるなび」が、毎年発表している「トレンド鍋」

2014年にはカニやフグなどが入った「プレミアム鍋」。
2015年には、のどぐろやカニ、ブリなどの食材が入った「北陸鍋」 。
そして2016年はパクチーや、せり、青菜などの青野菜をたっぷりと入れた「草鍋」が人気でした。
2017年のトレンド鍋も発表されたんですが、それは、なんと「フルーツ鍋」



驚く人も多いとは思いますが、ぐるなびのプレスリリース によると、
近年の健康志向の高まりの中で、今年は野菜と果物など豊富な栄養素を一皿で摂取できるサラダも注目されているそうです。フルーツ鍋では、加熱によって、「かさ」が減るため、より多くの野菜や果物を同時に摂取し、各種栄養素をまんべんなく摂取することができるそう。
20代の女性を中心に、食事にもフォトジェニックの要素を求める人が増加していて、「フルーツ鍋」の彩りの良さもこうしたトレンドを反映しています。

みんな彩り豊かな「フルーツ鍋」の写真を撮って「今日は健康的な鍋で行こう」とつぶやきながら、豚足をおいしく頂いてるのでは!?と丁丁さん。
上海でも似たようなメニューが。大晦日の夕食に出る「フルーツ スープ」という料理。お正月に必ず食るメニューです。 「ドラゴンフルーツ鍋」実は中国の方が先に流行ってました。

さて、フルーツ鍋のメニューの一例は「りんごとベリーのオージュ風鶏のクリーム鍋」
「オージュ」とは、りんごやシードルを使った料理のこと。低カロリーで腹持ちが良いりんご。食物繊維の一種であるペクチンを含み、腸内環境を整えてくれる効果が期待できます。
男性より女性に人気高く美容にはよさそうです。特にラズベリーやブルーベリーにはアントシアニンが豊富。ポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用を持ちアンチエイジングや疲労回復などの嬉しい効果が期待できます。
この結果に丁丁さんはこれは女性が作ったランキングと予想していました。

M 両陥  /  周筆暢



最近中国で話題を集めていることといえば「春節聯歓晩会」
中国の「春晩」は中国人にとってとても重要で日本の紅白歌合戦のような存在です。
毎年「春晩」に登場するゲストや演目は皆の話題になる。見どころは毎年ネットで議論されて広まるが、実際に見るまでは確認することができないですね。
紅白に登場するゲストは事前に発表するので、こういう所は紅白歌合戦と異なっているところです。
aminさんは春節の時に上海に帰れない時もありますが、そういう時はいつもネットなどを使って「春晩」を観ます。やはり毎年の恒例行事。中国人の伝統です。どこにいても「春晩」を見たい気持ちがあります。
去年は、多くの日本の若者たちが、ニコニコ動画を通して、中国の春晩に注目していました。お互いに交流できる場が増え、多くの人々に中国でのトレンド文化を伝えることができるようになりました。

M  Can You Feel the Love Tonight / 平井 大

続いては冬のスポーツの話題。
“インバウンド”、訪日外国人の利用も見込んで、いまスキー場を新設、もしくは 再開業する動きが活発になっているようです。日本国内では14年ぶりとなる新設スキー場、「峰山高原リゾート ホワイトピーク」が、兵庫県神河町で開業。その他、新潟県妙高市では閉鎖した施設が「ロッテアライリゾート」となって、なんと11年ぶりに同日再開業。かつてのスキーブームから、およそ30年!バブル崩壊後は施設の閉鎖が相次いだスキー場ですが、インバウンドの力も借りながら復活の兆しを見せています。
冬のスポーツは最近中国でもヒットになってきました。 冬季オリンピックの開催によって、東北には素敵なスキー場がたくさんあって、抜群な自然環境も一つの要因です。また、今みんなの生活も豊かになったので、素敵なスキー道具を買う余裕も原因の一つだと思います。
日本ではスキー場でデートする人もいると聞き、 丁丁さんは「顔も見えないデートで何が楽しいんですか? 」と驚き!
ウインタースポーツは冬の時に体を動かすことができるので、これから少しずつ復活していくのがいいことだと思います。観光客はそのトレンドに影響を与えた可能性もありますね。  

M Blizzard    /    松任谷 由実