マガジン

侬好,東京Vol.48 スカイツリーのおひざもと・蔵前&中国の一風変わったイチゴブーム!?

♪  スカイツリー   /   □□□

東京に行った人はご存じかも知れませんが、東京タワーのほか、最近スカイツリーも人気スポットになってます。丁丁さんは、すでに2回も登ったことがあるそう。
今日は、そんな東京スカイツリー周辺の「蔵前」をご紹介しました。



浅草と浅草橋のほぼ中間にある蔵前は、吉原や芝居小屋などに通い慣れた粋な人が多く住んだ街でした。隅田川に平行する江戸通りを中心に玩具や花火の問屋が並び、現在は昔ながらの職人や老舗メーカーに加え、多くの若手作家がアトリエとショップを構えています。特にここ数年は「丁寧に作られた質の良さ」や「人と人のコミュニケーション」などを重視する若手店主の面白い店も増えてきています。古い文化を伝承しながら、クリエイティブな商品が若手作家の手によって作られています。些細な物かもしれませんが、本当に丁寧に作られています。



 まず、ご紹介するお店は「もくば」。
蔵前四丁目交差点から北へ2分ほど歩いた場所にあります。
『ルイ・ヴィトン』、『ドルチェ&ガッバーナ』、『ランバン』など、世界のトップブランドにも愛されるリボンメーカー、「木馬」のショールームがあります。店内に並ぶ色とりどりのリボンは、個人でも1mから購入可能と、とにかくユニークな店です。



続いて蔵前の文具専門店「カキモリ」。去年11月に移転してリニューアルオープンしました。取り扱う商品は今までと変えず、ノートや万年筆、レターセットなど、使い心地にこだわってセレクトした文具が売られています。 日本人は文房具に対して、すごくこだわってますね。
中でも人気なのは、オリジナルノート。表紙や中の紙を好きなように選んで世界に一つだけのノートが作れるとあって大人気。アナタだけの1冊を作りに訪れてみてはいかがでしょうか。



この店のほか、色々な店がユニークなノートを出してます。例えば、一見普通の便箋に過ぎませんが、使い切るとサプライズが出てくるとか。 使い終わったら、清水寺が現れるかも!いい発想です。東京スカイツリーを観光する前や後で、日本の「ものづくり」のこだわりに触れられるのはいいですね。1度で2度おいしい!

♪   私のように(如我)     /   林采欣



続いては、上海のトレンドです。
この冬の主役はもちろん苺でした。崇明にある一部の農家が「苺宴」というイベントを開催し、メニューには苺チャーハンなどがありました。ほかに、苺エビフライ、苺酒、苺豚骨スープなどなど。
最近甘じょっぱい料理が多くなってきて、苺の料理も楽しめます。 上海料理はよく塩と同時に砂糖も入れますから、上海人はこういうのが好きで素敵な味だと思います。しかし変わったメニューでしたね。



♪  ヒューマン     /    WANIMA

番組後半も、東京スカイツリーの、おひざもと「蔵前」をご紹介しました。



まずは、「コンセント」。蔵前の江戸通り沿いにある、お店。雑貨ブランドを展開しながらものづくり企業のコンサルティングも手がけています。6年前に「ものづくりの発信基地」としてオープン。その後、蔵前を代表するオシャレスポットとして話題になっています。
白を基調とした店内には、デザイン性と使い心地を兼ね備えた製品を中心に、例えば、愛媛の『今治タオル』。『今治タオル』は上品でプレミアム。日本のタオル業界でとても有名です。 また珪藻土と呼ばれる吸湿性をいかした石川の『soil(ソイル)』など、日本中から集めた生活雑貨も並んでいます。
ラインナップを眺めれば、デザイナーや職人たちの情熱が、きっと伝わってくるはず。



カップ麺のフタを押さえてくれる人型の『Cupmen』。カップ麺にお湯を注いで蓋を押さえる時は手近の適当なものを取って押さえますが、こういうちっちゃい人形で押さえてくれて面白い商品ですね。値段も高くないし、実用性もありますね。あとバナナの皮を模したドアストッパーなど、ユーモア溢れる商品も人気です。機会があったら、ぜひこのお店に寄ってみてくださいね。



そして、最後は蔵前二丁目交差点近くにある、レザーバッグブランド『REN』の直営店。『素材の風合いをいかし、過剰な装飾を除いたシンプルなバッグは、ユニセックスな佇まいで男女問わずファンが多いんです。特にオリジナルレザーのピッグスキンを使ったアイテムは、その軽さと肌馴染みのよさに驚かされるはず。陳列スペースの奥には、裁縫ミシンや道具が置かれた工房スペースが見えて、作り手の体温が感じられるのも魅力のひとつです。



普通の商品ではなく、いろいろなアイデアが生み出した新商品。工夫を重ねて、プレミアムな商品です。 スカイツリー周辺の蔵前は職人の天国 。職人が現場で頑張っている姿を、この目で見られることに感心しますね。

♪ 奇蹟  /    Uru