マガジン

侬好,東京Vol.52 東京のマニア向けバー&上海のお花見スポット!

 ♪ ラブリー、東京湾屋形船Liveは雨  / 小沢健二と満島ひかり

今日は東京のマニア向けのバーをいくつ紹介したいと思います。
東京には様々なマニア向けのバーが点在しています。 それは、多様で強烈なこだわりを持つ人々がたくさんいる、この街ならではのことでしょう。今日は、「ゲーム」、「鉄道」、「怪獣」、「科学」、「アニメ」と、 5つのジャンルに分け、怪獣に埋め尽くされた中野の大怪獣サロンや、四谷・荒木町のサイエンスバー「INCUBATOR」など、 ユニークで初心者でも楽しめるオタク行きつけのバーを紹介ます。



まずは、「ゲーム」!新宿の静かな裏通りにある「16Shots」は、8ビットゲーム好きの聖地。
このバーでは、持ち寄ったゲームを楽しんだり、ビールを何杯か飲みながら攻略本に目を通したり、映写されている懐かしいゲームのコマーシャル映像を眺めるのもおすすめ。バーには有名なゲーム開発者もよく訪れるらしく、ゲーム御宅のコミュニティといってもいい。



そういえば、鉄道も日本独特なマニアジャンル?そう、日本には鉄道マニアがたくさん集まっている。
続いては人形町にある「キハ」を紹介しましょう。東京の鉄道ファンが仕事終わりに訪れる場所。バーの2階は電車の車両を再現しており、網棚、吊革、吊り広告、駅名板や路線図はすべて本物。
日本ならではの文化です。上海にも電車好きの人がいますが、さすがに「2号線」の看板を自宅に掛けるのはないですね。 廃棄の電車が処分される前に、中の部品をオークションに出され、鉄道マニアはそれぞれをゲットします。
この店のフードも鉄道と関わってます。駅弁以外、「キハ」では様々な缶詰を提供しています。塩漬けの魚や、塩味の豚肉にコーンなど。これは、駅弁が普通になる前に鉄道で食べられていた懐かしの軽食です。オリジナルのワンカップ酒や巨大なジョッキのビールを飲みながら、壁に飾られた鉄道関連の記念品も堪能できます。もし本当の鉄道マニアになりたいのなら、駅長の制服を着てみるのも良いかもしれません。 鉄道マニアにとっての絶好チャンス。記念写真を撮るなんてなかなか面白い体験。写真からもその強い鉄道文化が伝わってきます。



そして、映画監督の中野貴雄がオープンさせた、怪獣をテーマにしたカフェバー「大怪獣サロン」。
店内には様々な怪獣おもちゃが溢れ、なんと怪獣ホステスが迎えてくれます。ユニークなオリジナルメニューや、怪獣に変身できる衣装も用意してあるので、いろんな楽しみ方ができます。今日紹介した3つのバー、いずれも同じ趣味を持つ同士の懇親を深める場所です。怪獣好きのコミュニティとして活用されてます。

 ♪ 灰色  /    徐佳莹       



「徐佳莹」さんの『灰色』。この曲を詳しく紹介しましょう。
MVは長野県の松本で撮影したそうです。日本若手俳優との共演が面白くて、後ろから彼に抱きつくというシーンがあります。長野は年中いい風景が見れますが、特に冬は雪の日が多くて、厚く積もってますよね。バスなどは雪の表面に走ってる光景など。

では、気になる中国・上海のトレンドを紹介しましょう。この季節になっ て、日本へ花見に行く人が多くなってますが、ここでは、上海で花見にお勧めの場所を紹介します。



まずは「上海植物園」。様々な植物を栽培している「上海植物園」は、今年は15000平米、およそ1100本、62種類の桜を植え、数が大幅にアップしています。 は多ければ多いほど美しいですからね。



桜のほか、色々見どころのある花もあります。例えば、崇明のアブラナ。 キラキラ金色のアブラナですね。それも多量の方がいいです。 1本だと見る甲斐もなく、大量じゃないとね。



そして闵行文化公園のモクレン、上海を代表する花です。日本のリスナーの皆さんもし興味あればぜひ見に来てください。白モクレン、紫モクレンなどがおすすめです。
お花見の予定のある皆さん、以上紹介したスポットはいかがですか?
この番組『侬好東京』では、いま中国(上海)で話題となっている事もいち早くご紹介していきますので、どうぞお楽しみに。

 ♪ ふめつのこころ     /      tofubeats

さて、引き続きマニアックなバーをご紹介していきますよ。次は「科学」!
科学の実験で作った毒薬のような泡立つ調合物を、飲みたい!と思ったことはないでしょうか?
ドリンクだと分かっていても、実験道具にいれたものはやっぱ不気味ですね。
このお店「インキュベータ」では、その夢を叶えることができます。ワインは試験管に注がれ、食べ物はアルコールランプで焼かれる。 オーナーは発生生物学者で、店では、細胞占いなども行なっています。
白衣を着て、マッドサイエンティストになったつもりで、三角フラスコから一気飲みをしたり、ピンセットで干しイチジクをつまんで食べてみてはいかがでしょうか。
箸のかわりにピンセット!よく考えましたね。お店で化学授業の雰囲気を味わえますのでおススメです。 店の魅力に惹かれる人はさぞ多いでしょう。オーナーとしては、料理にもきっとこだわりがあるはず。じゃないと、来客が一回きりになっちゃいますからね。 料理の味こそポイントになります。



冒頭に5つのマニアと紹介ましたが、最後は「アニメ」!  
秋葉原の裏通りにある、お店「アニカラ★ヒーローバー」は 歌のスキル関係なしにヒーローになれるカラオケ体験ができます。 そしてメイドさん付き。メイド姿やコスプレ姿の店員が一緒に歌ってくれるんだそうです。膨大な曲数のなかから得意な曲を見つけて、 スポットライトの当たるステージに立つと、コスプレ姿の店員がタンバリンを 叩いたり、ダンスをして盛り上げてくれます。元気いっぱいの応援で、自分の音域も1オクターブ広がること間違いなし?
写真見ると面白い店だと分かります。外国のお兄さんがコスプレの店員さんに囲まれて歌ってます。皆さんはファンに変身し、拍手だったり、応援したりします。 いい体験になりそう。これまでは自分一人の趣味の世界に浸って、友達の前で堂々と披露するのは恥ずかしい。最近は盛り上がっている方がいいですね。さらに店員さんも参加させて、ファンになってもらいます。 いいアイディアがどんどん生み出されましたね。ニーズを応えるための市場があれば、アイディアも出てきます。

 ♪ 残酷な天使のテーゼ    /  高橋 洋子