マガジン

侬好,東京Vol.67 日本・上海の夏フェス情報!

aminさんの代役として「動感101」の小短さんと、丁丁さんでお送りしています。

♪ VOLT-AGE     /   Suchmos


 今回は、今年の夏フェスをピックアップ!もしちょうどこの時期に日本に遊びに行く機会がありましたら「フジロック・フェスティバル ‘18」は、絶対に見逃せないイベントです。開催場所は新潟県の苗場スキー場です。
お送りした「Suchmos」は「フジロック・フェスティバル」に出演します。2014年、新人アーティストの登竜門と言われている、会場の外にあるステージ「ルーキー・ア・ゴーゴー・ステージ」に出演し、2年後の2016年には新人バンドとしては異例の、二つ目に大きなステージ「ホワイトステージ」に出演。注目を集めます。そして、今年は堂々!一番大きな「グリーンステージ」に出演!「ボブ・ディラン」や「ジャック・ジョンソン」と同じステージに立ちます。 これは期待できそうですね。この流れを見たらすぐにわかるように、このバンドは着実にステップアップしている印象ですね。
いままで「ルーキー・ア・ゴーゴー・ステージ」から成長してビッグになったアーティストは「くるり」や「ASIAN KUNG-FU GENERATION」などがいて、2011年の「cero」や去年の「CHAI」などもビッグになる可能性を期待されているようです。 今年のフジロック・フェスティバルは、7月27日金曜日、28日土曜日、29日日曜日、3日間にわたって新潟県苗場スキー場で開催されます。もちろん海外からのビッグなアーティスト「N.E.R.D.」や「SKRILEX」、そして「CHVRCHES」。 さらに「KENDRICK LAMAR」の初来日など、とにかく豪華ラインナップ!詳しい情報は「フジロック・フェスティバル」のオフィシャルサイトをチェックしてください。
http://www.fujirockfestival.com/

「フジロック・フェスティバル」以外にも、今年はたくさんのフェスが、東京周辺で開催されます。
8月4日土曜日、5日日曜日、11日土曜日、12日日曜日の4日間にわたって、茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園で開催される「ロック・イン・ジャパン・フェス2018」をご紹介します。

フジロックとの大きな違いは日本のアーティストだけが出演するところです。フジロックが大自然の山の中で開催され、雨や嵐の中でも自然を120パーセント体感しながら音楽を楽しむフェスだとしたら、こちらの「ロックインジャパンフェス」は、公園内にステージが設営されているので比較的小さなお子さんからお年寄りまで、幅広い年齢層に楽しんでいただけるフェスだと思います。それでいて「m-flo」や「奥田民生」「DRAGON ASH」に「東京スカパラダイスオーケストラ」、「MONGOL800」や「松任谷由実」、「ももいろクローバーZ」や「欅坂46」などなどジャンルも様々、バリエーションに富んでいるので、いろんなアーティストが一気に見られるのも魅力のひとつです。 フェスの醍醐味は好きなアーティストと会えることだけでなく新しい発見があるところ!どのステージに行くか予定をたてるのも楽しみのひとつですよね。出演アーティスト、ステージなどの詳しいインフォメーションはオフィシャルサイトをチェック!
http://rijfes.jp/2018/

♪   我们      /     陈奕迅

東京周辺のミュージックフェスティバルを紹介していますが、上海のミュージックフェスティバルもお見逃しなく!
続いては、皆さんに「2018上海サマーミュージックフェスティバル」をご紹介します。こちらは7月1日から16日の2週間の間に開催されます。開催場所は上海交響楽団音楽ホールと上海シティー芝生音楽広場、上演回数は合わせて24回です。今年の夏の目玉イベントの1つといっても過言ではありません。 上海サマーミュージックフェスティバルは今年で9回目になります。この9年間、皆さんにライトクラシックの音楽を提供してきました。

ニューヨーク・フィルハーモニックなど、クラシック音楽界を牽引するようなオーケストラの演奏はもちろん、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのようなロックバンドの演奏も楽しむことができます。7月13日のザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの公演チケットは、いち早く売り切れました。
今年はアルバム「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ」発売50周年。この記念すべき公演では、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのみならず、彼らの影響を深く受けたミュージシャンたちも続々登場します。

クラシック映画音楽コンサートも、今年の上海サマーミュージックフェスティバルの見所の1つです。第90回アカデミー賞作曲賞に輝いた、「シェイプ・オブ・ウォーター」の音楽監督アレクサンドル・デスプラは自ら指揮棒を取り、上海交響楽団が演奏する「シェイプ・オブ・ウォーター」オリジナルサウンドトラックの指揮を担当します。
今年のサマーミュージックフェスティバルでは、「天書奇譚」映画コンサートも開催されます。これはサマーミュージックフェスティバル史上初の試みとなります。これは中国の人がの子供の頃、みんな観たことがある映画です。上海アニメーションフィルムスタジオが製作したこの映画は、私たちの世代の中では、名作と数えられる映画の一つです。映画製作当時のサウンドトラックも、上海交響楽団が演奏しました。でも、当時の製作技術はまだ未熟で、効果音とサウンドトラックを分離させることができず、しかも3分の1の楽譜はすでに失われていました。この度は、上海交響楽団と上海アニメーションフィルムスタジオが手を取り合い、「天書奇譚」のオリジナルサウンドトラックを復刻しました。この名作の劇中音楽の初舞台化に成功しました。
音楽ホールで行われる17公演のコンサートのほかに、上海シティー芝生音楽広場では、7公演のコンサートを行う予定です。チケット予約は全て無料となっております。上海交響楽団団長曰く、この夏、市民の皆様には非常に低いコストでとても高い質の音楽を楽しんでいただきます。音楽を好きになっていただいて、上海シティーの夏を好きになっていただきたいとのことです。このような夏フェスは、上海の魅力の1つかもしれませんね。この番組『侬好東京』では、いま中国(上海)で話題となっている事もいち早くご紹介していきますので、どうぞお楽しみに。

♪   START AGAIN      /     鈴木 愛理

鈴木愛理さんは、8月4日土曜日に「ロック・イン・ジャパン・フェス」に出演する予定です。鈴木愛理さんはTS ONEでレギュラー番組もやっていますので、良かったら彼女のほかの曲も聞いてみてくださいね。https://www.tokyosmart.jp/airi

さて、後半も、日本の夏フェスをご紹介します。8月18日土曜日、19日日曜日に東京と大阪で開催される「サマーソニック2018」。 「サマーソニック」も、とてもステキな夏の定番ミュージックフェスティバルです。 東京と大阪で開催されるのが特色。土曜日に東京会場に出たアーティストは日曜日大阪会場に出演。土曜日に大阪会場に出たアーティストは日曜日東京会場に出演。東京会場のみ、大阪会場のみ、というイレギュラーの場合もあります。

東京会場は、幕張メッセのインドアのステージが特色。室内でジックリ演奏が楽しめます。 そして一番大きな会場は「ZOZOマリンスタジアム」。まさにスタジアムで観るパフォーマンスは圧巻です!


ラインナップですが、今年は特に「CHANCE THE RAPPER」や、「MARSHMELLO(マシュメロ)」、「アレッシア・カーラ」 や「ショーン・メンデス」など、ダンス色、ポップス色も強く、それでいて、「BECK」や「NOEL GALLAGHER’S HIGH FLYING BIRDS」など、フジロックの方はブラックミュージック色が強いのに対してサマーソニックは、ロック色が強い印象をうけます。
3つの夏フェスを紹介しましたが、各フェスで違った特徴があって面白いですね。毎週末のようにフェスがあると忙しい!体力もお金ももたない?笑 「サマーソニック2018」の詳しいインフォメーションはオフィシャルサイトをチェック!
http://www.summersonic.com/2018/

♪ Up All Night   /    BECK

「BECK」は「サマーソニック2018」のヘッドライナー!