マガジン

侬好,東京Vol.94 東京おすすめデートスポット♡中国では「紫禁城文化」がブーム?!

丁丁さんと、aminさんの代役として「動感101」の小短さんでお送りしています。

♪ Apartment / 荒田 洸

今回は、おすすめのデートスポットをご紹介します。まずは卓球が出来るレストラン&バー「THE RALLY TABLE」



フランスで表彰された「渋谷チーズスタンド」のフレッシュなブッラータチーズ、「TOKYO COWBOY」や厳選和牛のローストビーフなど、こだわりの食材をカジュアルに堪能できます。
卓球をイメージした、遊び心の詰まったフォトジェニックなお料理やスイーツもあって、デートや女子会、合コンなど、体を動かして楽しめます。



続いては「ティフォニウム シブヤ」。もはやVR、ヴァーチャル・リアリティーを超えた「複合現実、MR=Mixed Reality」という技術を駆使した、新感覚のエンターテイメント施設が渋谷にオープンしました。



体験を重視するアトラクションで、体験者は、MR用のヘッドマウントディスプレイを装着。
ハイクオリティなCGで作られた仮想空間内で自分と同伴者の実際の姿が見えるという圧倒的な没入感を楽しめます。
廃墟となった洋館コリドールの中を歩いて巡るホラーアトラクションや、船上を舞台にしたファンタジーアトラクションなどがあります。
VRを超える“マジックリアリティ”を用いたウォークスルー型次世代アトラクションを体験できる世界で唯一のアートエンターテインメントシアター、ということですから、新しいモノ好きの方は、早速トライしてみてください。

♪ 原来你也在这里(愛される花 愛されぬ花) / 周筆暢



中国では最近、上海を席巻した、「紫禁城文化」が話題になっています。
「紫禁城文化」とは、故宮、つまり紫禁城にまつわる文化概念のこと。
近年、紫禁城は、新しいイメージと多種多様なアプローチで大衆の視野に返り咲きを果たしました!
中でも有名なのは、「タオバオ紫禁城店」が発売した、ちょっぴり面白いアイデアグッズ。
例えば、皇帝仕様の、「余は見抜けん」おやすみアイマスクや、近衛兵仕様の「おおせのままにお昼寝します」付箋スタンドが人気です。





この「紫禁城文化」はなんと、1月26日から3月26日まで、期間限定で上海にやってくるのです!
上海世紀匯広場で、「余の天下を見てー紫禁城宝探し」というイベントを開催する予定です!

このイベントでは、AR技術を駆使し、とても価値の高い文物を来場者に展示します。
この「余の天下を見てー紫禁城宝探し」というイベントでは、来場者は紫禁城を再現したセットの中で、AR技術で再現した幻の国宝、「千里江山図卷」を見ることができます。



他にも、イベント現場では、紫禁城の城門や、水磨長橋などを再現したセットや、ネットで人気の紫禁城グッズ、そして、誰もが愛する紫禁城人気スター、「紫禁城猫」も登場する予定です。



♪ 夢 / Maison book girl

番組後半も、おすすめのデートスポットをご紹介します。
まずは、都会の中心で“星空とイルミネーションが交差する”「スターライトテラス」



プラントハンター「西畠清順」がプロデュースする120種類以上の植物に、およそ1万球のイルミネーションが飾られる『光のトンネル』が代々木ヴィレッジに登場。
1日1組限定で、クリスタルドームの中でイルミネーションを堪能できるイベントが行われるほか、コンテナゾーンにあるレストランでは期間限定のメニューが用意されています。
ちなみにドームやレストランは予約必須なので事前に確認が必要です。2月28日まで開催されています。

最後は、カリフォルニア発のコーヒーチェーン、ブルーボトルコーヒーの、初のテイクアウト専門店「ブルーボトルコーヒー 神田万世橋カフェ」



このコーヒーチェーン店、サンフランシスコに行った時に見たことあります。ファッションでインスタ映えのお店です。
おととし期間限定でポップアップストアを開催し、満を持して昨年出店となりました。
店を構える「マーチエキュート神田万世橋」は、かつて中央線の神田から御茶ノ水間に存在した「万世橋駅」を生まれ変わらせた商業施設。
もともとあった外壁や内壁の赤レンガを生かした空間は、ニューヨークのブルックリンを彷彿とさせ、国内にあるほかの10店舗とは、また違った雰囲気をにじみ出しています。
ブルーボトルコーヒー片手に、神田須田町エリアを散策して、あらためて東京の新旧の風景を楽しんでみてはいかがでしょうか。     
神田万世橋は、東京の歴史が感じられるスポットでもありますね。
「マーチエキュート神田万世橋」の冬のイルミネーションは2月28日まで実施。
こちらもおすすめです。東京デート、あなたは誰と行きますか?



♪ 瞳をとじて / 平井堅