マガジン

侬好,東京Vol.101 東日本大震災から8年。防災の今!上海では桜が♪

丁丁さんと、aminさんでお送りしています。

♪ 東京タワーはどこから見える? / 欅坂46

東日本大震災から今年で8年。被災地の完全復興までは、まだまだ時間がかかりそうです。時の経過とともに風化させないで、忘れずに当時の教訓を活かしたいですね。
今日ご紹介するのは、地震と関連のある場所です。aminさんは、東京に来たばかりの時、数ヶ月もしないのに震度3の地震が来たんです。私たち外国人にとってすごく怖く感じることだし、すぐにでも逃げ出したくなりますね。でも周りの日本人を見ると、何事もなかったかのような反応をしていたそうです。

数年前くらいから、いつか大地震がやってくると言われています。
実際に大地震が起きた時は、どう対応すれば良いのでしょうか。東京消防庁が作った「池袋防災館」という施設では、本物の緊急事態をシミュレートしています。



毎年たくさんの人が訪れているそうで、いろんなことが体験できます。
年間、およそ7万人が訪れるそうで、その中で外国人は1万5千人と結構多いです。

まず体験するのは「消火コーナー」。大きなスクリーンに映し出された炎を消化器で消します。消化器が有効なのは火が天井を超えるまでの初期消化。早めの対応が肝心だそうです。



続いてアニメの番組を見学。小学生が東日本大震災、阪神淡路大震災、関東大震災と3つの災害時にタイムスリップするというお話。日頃の訓練の大切さ、助け合いの心、被災された方の気持ち、どんな助けが必要なのか?考え、学ぶことができます。



救急救命やサバイバルのコツなどの訓練が行われていますが、やはり貴重なのは「地震体験ルーム」。外国人が一番体験したいコーナーだそうです。実際に震度6〜7の大地震が体験できます。



そのほか、心臓蘇生法やAEDの操作が学べる救急コーナーなど全部周ると2時間ぐらいだそうです。もちろん入館料は無料。突然訪ねて行って参加も出来ますが、すごく人気のある場所なので事前に予約することをおすすめします。
万が一のために、前もって体験しておくことは必要だと感じました。火災であれ地震であれ、少なくともその災害が起こった時に、慌てすぎることがないように。このスポットは、とても日本らしい場所だと思います。

♪ 卡路里(カロリー) / 火箭少女101(ロケット少女101)

3月末から4月頭にかけて、上海の桜も開花します。これから皆さんにご紹介するのは上海の桜マップです。



これらは全て早咲き桜で、上海市绿化市容管理局が発表している公式のものです。まずはもちろん辰山植物園ですね。辰山植物園の第1ゲートの東側には6000平方メートルもの桜が広がっています。世界中の約80種もの桜が集められ、その数は2000株に上ります。おぼろげな桜の色とりどりな花びらが、あなたに春のロマンをたっぷり感じさせてくれます。



日本には吉野山というのがあって、桜の宣伝写真を見てみると、数で勝負している感じです。
桜がまるで森のように広がるのも、一種の戦略なんですね。それから上海の桜マップには上海植物園があります。
上海植物園は桜の栽培に40年以上携わってきて、90種類以上の桜があります。2月の早春から4月の晩春にかけて徐々に桜の開花が華やかになっていきます。



続いては共青森林公園です。広さで勝負しているわけではないんですが、後々ご紹介していきましょう。桜の森以外にも、300メートルほどの桜並木があるんです。そこは都会から切り取られた空間のようで、もちろん1000ヘクタールの森林が背景として聳えたち、点、線、面の揃った素晴らしい風景画を描いています。大きな面もある一方で、小さな小道もあるんです。

皆さんも日本でも中国でも、桜を見かけたらたっぷり楽しんでくださいね!

♪ 春に愛されるひとに わたしはなりたい / 花澤香菜

4月14日日曜日に日本人女性ソロアーティストとして初めて、上海のメルセデスベンツアリーナ公演を行なう、大人気声優「花澤香菜」さんで『春に愛されるひとに わたしはなりたい』でした。

番組後半は、もうすぐ、そこまで来ている「春」の話題をご紹介します。横浜赤レンガ倉庫は、3月29日、金曜日から、4月21日日曜日までの合計24日間、およそ8,000株の草花で港町横浜に春の訪れを演出する『FLOWER GARDEN 2019』を開催します。



横浜港と緑を一緒に楽しんでいただけるよう、「港の見えるフラワーガーデン」をテーマに色鮮やかな草花で溢れた春らしさを演出。それから、“花と食”の文化が融合した日本初のドライフラワーカフェ&バー「HANABAR」を会場内に併設。食べられる花「エディブルフラワー」を用いて見た目も華やかなフード・ドリンクを提供する他、花を用いたワークショップも実施されるそうです。
たまに横浜にも足を運んでみるのも、面白いのかもしれませんね♪



♪ YOKOHAMA blues / SEKAI NO OWARI