マガジン

侬好,東京Vol.105 東京のレトロ再発見!?上海は最新モーターショー!!!

丁丁さんと、aminさんでお送りしています。

♪ The Love Song / YOUR SONG IS GOOD

今日はファッションに関する情報をお届け。
先月リニューアルオープンして話題の「阪急メンズ東京」をご紹介します。
阪急メンズ東京は2011年10月に「世界が舞台の、男たちへ。」をテーマに、大人の男のメンズファッションスペシャリティストアとして開業。
当初は上流志向の顧客が主軸となっていましたが、近年はそれぞれの価値観を重視する客層が増加。
また、IT業界などで進められている働き方改革によるファッションの変化や、
「阪急メンズ東京」が構える銀座エリアでインバウンドが増加している背景を受けて、現在のニーズに対応した売り場にリニューアル。
リニューアル後のストアコンセプトは「クリエイティブコンシャスな男たちに向けた冒険基地」。



中でも話題なのは7階にある「バーバー」、「理容室」。
ブルックリンに本店を構えるアメリカンヴィンテージバーバー「ルドローブラント(LUDLOW BLUNT)」と、ラルフ ローレンの「ダブルアール エル(DOUBLE RL)」のコラボレーションによる新業態のバーバーが世界初出店!



店舗は古き良き時代のアメリカのイメージを反映。店内にはイチされたバーバーチェアや、キャビネットなどのビンテージ品を全てアメリカから取り寄せているこだわりよう。俳優のロバート・デニーロや、サッカー選手のデヴィッド・ベッカムなどを顧客にもつマイスタースタイリスト、「ラッセル・マンリー」に技術を学んだスタイリストたちがヘアカット。



そして6階は国内外で発掘した新進ブランドを独自に編集するセレクトショップ「GARAGE D.EDIT」や限定品を中心にした自動販売機、イベント&ギャラリースペースを新設。

さらに地上1階と2階では新作コレクションやメンズコスメを並べ、トラベルアイテムとアクセサリーが揃う地下1階の売場は「2001年宇宙の旅」と「西部開拓史」の映画2作品をモチーフにした「HOW THE MAN WAS WON(=夢を勝ち取る)」がキーワードの売り場を展開しています。

家族のために一生懸命働いているお父さんも、たまには自分磨きしませんか?

♪ 起風了 / 呉青峰



いま、中国(上海)で話題になっているのは、「上海国際モーターショー 2019」!
モーターショーは本当に、老若男女問わず、全国民の中で人気です。今年の「上海国際モーターショー 2019」は、4月18日から25日の間に、「国家会展中心」で開催され、展示面積36万平方メートル、百万人以上の来訪者が訪れる予定で、さらに、1万2000人以上の世界各国の新聞記者が参加すると言われるほどの大規模なイベントです。



今年の「上海国際モーターショー 2019」には、「未来のモビリティ(Future Mobility)」がテーマの展示エリアがあります。
新しい技術の応用はIT業界にとどまらず、各自動車メーカーも、IoTの車の応用、そして自律走行などの新技術を取り入れようとしています。世界屈指の自動車部品メーカー、IoTの車の応用技術、自律走行のソリューション、チップ、レザーレーダー、高解析度地図や、高速・高精度の位置特定技術などのセンサー系の応用など、新しい技術は今回のサミットで総集結!楽しみですね!



♪ イチリンソウ / 山本彩

番組後半では「阪急メンズ東京」の地下にオープンした「ネオ喫茶KING」をご紹介します。
ミシュラン星付きレストランから話題のストリートフードショップまで、
東京のフードカルチャーを代表するトップシェフが、喫茶店メニューを現代解釈し、再構築したラインナップを展開。



デザートは、原宿のベーカリーショップ「ザ リトル ベーカリー トーキョー」の「平飼い卵の濃厚プリン」550円や、オーストラリア発のイタリアンダイニング「フラテリ パラディソ」のティラミス650円、「パシフィックドライブイン」のバターミルクパンケーキ900円などなど。



お店のロゴとグラフィックのデザインは日本有数のアートディレクター、「秋山具義」さんが担当。ノスタルジーな印象を持つ喫茶店のイメージに、ポップで現代的なエッセンスを加えたレトロフューチャーな世界観に仕上げたそう。
とにかくおしゃれです!オシャレ好きな方は、ぜひ行ってみてください♪



♪ 蘇州夜曲 / アン・サリー