マガジン

侬好,東京Vol.123 セルフサービスが流行中!上海では、酒漬けが話題!?

丁丁さんと、aminさんでお送りしています。



今回は、都内のセルフサービスのお店をいくつかご紹介しました。
まずは、御徒町や池袋、幡ヶ谷などにあるチェーン店の「小町食堂」
この「小町食堂」のシステムは、60品目以上の中から自由にチョイスできるセルフ方式。
まずトレーを持って棚から好きなおかずを選びます。
ご飯は大、中、小、を選んで、おかずはお店の方がレンジで温めてくれます。



健康の管理、ダイエット、たくさん食べたい人など、ひとりひとりの体調や気分に合わせてメニューを選べるので、毎日来ても飽きません!というのがお店のコンセプト。
そして、驚きなのは、小町食堂は24時間営業!
思い立ったらいつでも美味しく、温かいご飯が食べられるので、どの時間でも気軽に利用できるのが嬉しいですね。



続いては、浅草や東新宿にある「まいどおおきに食堂」
こちらは大阪発祥のお店なので、東京では十数店舗しかありませんが、関西ではとっても有名なお店。
「つきたて」のお米が新鮮で一番おいしいということで「まいどおおきに食堂」では、ほとんどのお店で毎日精米した釜焚きご飯を提供しています。
関西風の卵焼きは210円。焼き魚は、さんまが350円。
さばの塩焼きが260円。しまほっけが430円。



ごはんは、大が220円、中が160円。小が130円となっています。
自分の好きなメニューをバランス良く選んでカジュアルに楽しめます。

♪ 大象之歌 / 周笔畅

皆さんに殿堂入りの酒粕漬け料理をご紹介しましょう。まずは、酒粕漬け枝豆です。
特にお酒を飲まない女子たちは、普通の枝豆ですと、味が薄いので、酒粕漬けでしたら、たくさん食べれるかもしれないですね。
続きまして、酒粕漬け鳥の足です!これはもしかしたら、日本であんまり受けがよくないかもしれないですね。
これはもしかしたら、日本であんまり受けがよくないかもしれないですね。
好きな人なら好きですが、抵抗のある人もやっぱり多いかもですね。

♪ 沈黙 / スカート

番組後半も、セルフサービスのお店をご紹介していきます。                 
まずは、北越谷や川越にある「大衆食堂 半田屋」。 
こちらのお店も、自分で好きなおかずを組み合わせて定食にできるセルフサービス方式を取り入れています。
中でも特徴なのが、ラーメンやカレーライスがあること。



料理の盛りが多く、おかず類は71円から、ラーメン類が198円からと、とてもリーズナブル。
メニューは、肉じゃがやさば味噌などの和食の定番料理からカレーやハンバーグ、ナポリタンまであり、驚くほど種類が豊富。



そして、ごはんの量は5段階に分かれています。

最後は足立区ある「みたけ食堂」。
地元の人から、ドライバーなどに人気の老舗の食堂です。



決しておおきなお店ではありませんが、焼き魚、煮魚、ハンバーグに生姜焼き、塩辛や梅干し、小皿も充実。                
コンビニやファーストフードに行くよりも、美味しいご飯が食べられる!

♪ パレード / 山下達郎