マガジン

第22回 宗像大社(福岡県)

TOKYO SMARTCASTがお届けする
高音質音楽レコメンデーションチャンネル
TS ONE「かみさまさんぽ」

この番組では日本古来の伝統文化に触れ、
全国各地の様々な神社を
おさんぽ気分でご紹介していく番組です。


■ 番組からのお知らせ ■
『"おすすめの神社"を教えてください!』
かみさまさんぽでは、
"あなたの好きな神社"も特集します!

番組ではリスナーの皆さんの
"好きな神社"
"一緒に巡りたい神社"
"番組で取り上げてほしい神社"など、
あなたのオススメする神社を募集します!

番組の感想やおすすめポイントなどを
添えてお送りください。

▼ 投稿はこちらから ▼
https://www.tokyosmart.jp/sanpo/entry/88

あなたの大好きな神社へ
皆さんと一緒におさんぽにでかけましょう♪











この番組の案内人は、
下川友子さん。

学生時代から旅先で神社に
ご挨拶をしていくうちに
その魅力に惹きこまれ、
これまで北海道から沖縄まで
数々の神社を巡ってこられました。

現在は、お客様と一緒に神社を巡る
笑顔のツアーをされています。

下川友子オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/tomo-chupi/





今回は、先日世界文化遺産への登録も
決まった福岡県の
「宗像大社」
皆さまをご案内します。






【宗像大社】
福岡県・宗像市。
天照大神の御子神「宗像三女神」をお祀りする
「宗像大社」

宗像三女神の三柱の神のうち、
田心姫神は、玄界灘の孤島”沖ノ島・沖津宮”に、
湍津姫神は大島・中津宮に、
そして市杵島姫神は、
九州本土の辺津宮にお祀りされ、
この三宮の総称を「宗像大社」と呼んでいます。

全国各地の宗像神社や厳島神社、
あるいは宗像三女神を”相殿神”として
主祭神とともにお祀りする全国の神社をあわせると、
その数はおよそ6,200社にのぼり、
「宗像大社」は、
これらの神社の総本宮として鎮座しています。





【 宗像大社へのアクセス 】
JR鹿児島本線『東郷駅』下車。
そちらから、神湊波止場行きバスで
『宗像大社前』までいきます。





◆下川さんのおさんぽポイント◆
沖ノ島・沖津宮(おきつみや)
大 島・中津宮(なかつみや)
宗像本土・辺津宮 (へつみや)
三宮を総称して「宗像大社」と呼ばれているんです。

せっかくならすべてお参りしたい!
といいたいところですが、
沖ノ島は、上陸すること自体できないんです。
現在でも、上陸を許されるのは
一人の神職さんのみで、
10日交代で奉仕されているそうです。

わたしたちは、中津宮がある大島北側の
「沖津宮遥拝所」から、ご挨拶することができます。



もう1つのポイントは...
宗像大社の辺津宮では、
「第二宮」「第三宮」「高宮祭場」
そして国宝8万点を収蔵する「神宝館」にも
ぜひ足を運びましょう。




というわけで今回は
「宗像大社・辺津宮」をご案内します!

それではおさんぽを始めましょう!







まず、石の鳥居をこえ、心字池にかかる
「太鼓橋」を渡ります。







穏やかな雰囲気、水がある所って少しだけ、
涼しい気持ちになりますね。







シンプルな菊の御紋が入った神門をくぐると、

御本殿がみえました。





女神さまというと...
一面朱塗りの鮮やかな社殿をイメージしますが
柿葺の屋根、落ち着いた色彩の社殿がかっこいい!

こちらに祀られるのは市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)
市杵島姫神といったら、
水を神格化した弁財天と同一の神とされる美しい女神さま。

境内にサラサラと流れる清らかな風は、
爽やかな女神さまを想像します。
心の乱れも、平穏に導いてくれそうです。




さて!お参りを終えたら...

緑がおい茂る「高宮参道」へまいりましょう。







森林に囲まれ、草木の香りが濃くなります。

きもちがいい~。


心地いい森林浴を楽しみながらお散歩を続けると

「第二宮・第三宮」に到着です。







第二宮に沖津宮の「田心姫神(たごりひめのかみ)」
第三宮に中津宮の「湍津姫神(たぎつひめのかみ)」
が祀られていますよ。



おさんぽはまだまだ!
この先にある森林の奥、高宮参道の階段を
登っていきましょう~!





神社の境内を歩きながら、
ゆっくりとしたお散歩も楽しい。

お社がなくても、
木や草花・苔・岩・水...

考える情報スイッチから、
自然を感じるスイッチに
シフトしましょう♪

さぁ!「高宮祭場(たかみやさいじょう)」
に到着しました。






ここは「宗像三女神のご降臨の地」と
伝えられているところ。

古くは、御祭りのときに木や山、
岩に祭壇をもうけ神様をお迎えし、
終わると神様をお送りしていたという
古代祭場です。





お参りをおえたら、
番組恒例(!?)の美味しいグルメをご紹介♪

今回は下川さんのご友人から
教えていただいたお店をご案内します。

宗像大社から車で10分ほどの所にある
「魚料理の店 達(だるま)」さんです。

宗像の鐘崎漁港で取れた海の幸を堪能できる、
地元の人が通うお店。

手頃なお値段で新鮮な宗像のお魚が
いっぱい味わえるというのも魅力です!





ぜひ、宗像大社に訪れた際には、
新鮮なお魚を食べにいってみてくださいね♪

【民宿しらいし・魚料理の店 達(だるま)】
公式ホームページ
http://www.m-shiraishi.com






番組後半は、
日本のこころを再発見できる

「神社検定」

この番組では、知っておくと
おさんぽがもっと楽しくなる!?
神社や日本古来の文化もご紹介します。
皆さんは「神社検定」という
検定があるのをご存知でしょうか?




これは、神社についての
正しい知識を知って
「日本のこころ」を再発見するため、
神社本庁監修のもと
スタートした検定なんです。

1級~3級まであり、
受験する方も毎年増えて、
この検定資格を持っている方も、
たくさんいらっしゃるんです。


番組ではその神社検定にも
出題される問題から、
様々な日本文化の由来などに
触れていきたいと思います。


今回はこの問題です!


【 問 題 】
神輿を数える単位は以下のうちどれでしょうか?
① 体(たい)
② 柱(はしら)
③ 棹(さお)
④ 基(き)


皆さん、いかがですか?

さぁ、正解はコチラです!



【 正解・解説 】
正解は、4番の「基」です。

体は、お札やお守りを数える単位。
棹は、竿につけた旗や箪笥、羊羹などの単位。
そして柱は、神様を表す単位です。



このような日本古来の文化についての問題が
たくさん出題される神社検定。
こういった知識を身につけて神社に行くと、
これまでと違った見方で楽しめますね!

試験は日本全国、
様々な場所で受けられるので
「受けてみたいな~」と思った方は、
是非、神社検定の公式サイトを
チェックしてみてくださいね!


これからも日本全国の神社へ
一緒におさんぽにいきましょう♪





次回の『かみさまさんぽ』は、
日本三大八幡宮の一社、
京都府の
「石清水八幡宮」へと
皆さまをご案内します。

お楽しみに〜♪


番組ホームページにある
トークルームやメッセージでは
皆様からの感想・メッセージも
お待ちしています♪


【今回の放送楽曲リスト】
M1. みなと / スピッツ
M2.
Momma Says feat. 島村智才 / Kan Sano
M3. My Mind Is For Sale / Jack Johnson

 
<関連サイト>
宗像大社 公式ホームページ
http://www.munakata-taisha.or.jp

神社検定 公式サイト
http://www.jinjakentei.jp/


<特別協力>
神社本庁
日本文化興隆財団