マガジン

第30回 鵜戸神宮(宮崎県)

TOKYO SMARTCASTがお届けする
高音質音楽レコメンデーションチャンネル

TS ONE「かみさまさんぽ」

この番組では日本古来の伝統文化に触れ、
全国各地の様々な神社を
おさんぽ気分でご紹介していきます!



この番組の案内人は、
下川友子さん。

学生時代から旅先で神社に
ご挨拶をしていくうちに
その魅力に惹きこまれ、
これまで北海道から沖縄まで
数々の神社を巡ってこられました。



現在は、お客様と一緒に神社を巡る
笑顔のツアーをされています。

下川友子オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/tomo-chupi/





10月の「かみさまさんぽ」は
日本神話に由緒ある神社を特集!

【草葺不合命】
親神 山幸彦と豊玉姫命との
「海宮」から始まる神話をご紹介しました。

そして今回の『かみさまさんぽ』
鵜草葺不合命をお生まれになったと
伝えられるところ、
宮崎県にあります【鵜戸神宮】へとご案内します。


【鵜戸神宮】
宮崎県日南市。
日向灘に面し、山幸彦と豊玉姫命の御子出産のための
産殿の址と伝わる洞窟に鎮座する『鵜戸神宮』

主祭神は、この洞窟でお生まれになった御子神であり、
産殿の屋根を鵜の羽で葺き終わらないうちに、
誕生されたことからその名がついたとされる

  ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと
[ 日子波瀲武鸕鷀草葺不合尊 ]

日本民族の祖神誕生の聖地としても知られ、
全国各地から年間を通じて
多くの参拝者が訪れています。


【 鵜戸神宮へのアクセス 】
JR九州 日南線「伊比井駅」から
バスで約15分です。



それではおさんぽを始めましょう!



神門をくぐり、参道を歩いていくと
雅やかな楼門が見えてきます。





太平洋の岸壁に沿う参道では、
心地よい潮風、あたかかい太陽の光など、
五感を開放して清々しい気持ちに。







【千鳥橋】
そして千鳥橋からは大海原と
この地特有の奇岩を眺めることができますよ。


千鳥橋に続いて
神橋「玉橋」を渡っていきます。


【神橋 玉橋】
昔は、この橋の手前から、
裸足になって参拝されていたそうです。



ここから下り階段をおりていくと、
山幸彦と豊玉姫命の御子出産のための
産殿の址と伝わる洞窟に到着です。




【 鵜戸神宮 御本殿 】
艶やかで麗しい極彩色の社殿。
波の音が響く洞窟に鎮座する御本殿は
まるで竜宮城のようです。





こちらに祀られる主祭神は、 

 ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと
[ 日子波瀲武鸕鷀草葺不合尊 ]

産殿の屋根を鵜の羽で葺終わらないうちに、
ご誕生されたことからこの御神名が
ついたと伝えられています。


拝殿にお参りを終えたあとは、
母神 豊玉姫命ゆかりの場所と伝わる場所へと
ご案内しましょう!






【 お乳岩 】
育児のために、両乳房を
くっつけていかれたと伝えられ、
玉のような清水が滴り落ちています。

主祭神はこのお乳水でつくられた飴を
母乳代わりに舐めて育ったといわれています。








【 霊石「亀石」】
そして豊玉姫命が、出産のために
乗って来られたという霊石「亀石」がこちらです。



背中の部分にくぼみがあり、
男性は左手、女性は右手で「運玉」を投げ入れ、
くぼみに入ると願いが叶うといわれています。


さらに国定公園日南海岸に位置する
『鵜戸神宮』周辺は、自然がつくりだした奇岩怪礁など、
はるか昔、海を舞台に紡がれた
神話の物語に思いを馳せる自然の景観が広がっています。

独特な形をした奇岩のある中でも、
特に案内人の下川さんの好きな奇岩があるんです。
それがこの「二枚岩」です!





【二柱岩】
特別な存在感がある、飛び出た二柱の岩。
下川さんは、この岩の前にたって
自然の神秘の光景を目の前に、
大海原から流れてくる潮風に当たっていると
いろんなことが吹っ切れて、
前向きな気持ちになれるそうですよ。



お参りを終えたあとは、
美味しいもの探しですよ〜!
今回ご紹介したのは...

【シャンシャン茶屋】
大きなエビフライが評判のお店。
長さは30cmはあろうかという
ビックリするほどの大きさです!

定食についてくるうどんは手打ち麺。
エビフライ以外にも、
美味しいメニューがたくさん!
ぜひこちらのお食事を楽しんでくださいね。




番組後半は、
日本のこころを再発見できる

「神社検定」

この番組では、知っておくと
おさんぽがもっと楽しくなる!?
神社や日本古来の文化もご紹介します。
皆さんは「神社検定」という
検定があるのをご存知でしょうか?


これは、神社についての
正しい知識を知って
「日本のこころ」を再発見するため、
神社本庁監修のもと
スタートした検定なんです。

1級~3級まであり、
受験する方も毎年増えて、
この検定資格を持っている方も、
たくさんいらっしゃるんです。





番組ではその神社検定にも
出題される問題から、
様々な日本文化の由来などに
触れていきたいと思います。


今回はこの問題です!

【 問 題 】
神話伝承の中で
「太く深い柱で、千木が空高く届く」と形容され、
実際、平安時代中期には
東大寺大仏殿よりも高かったと伝えられる神社とは、
次のうちどれでしょうか?

① 出雲大社
② 吉備津神社
③ 小國神社
④ 三島大社


皆さん、いかがですか?

さぁ、正解はコチラです!



【 正解・解説 】
正解は、①番の「出雲大社」です。

平安時代中期には、
出雲大社は東大寺大仏殿よりも
大きかったという文献があり、
出雲大社の口伝によると、古くは高さ96メートル、
平安時代には48メートルと言われていました。


このような日本古来の文化についての問題が
たくさん出題される神社検定。
こういった知識を身につけて神社に行くと、
これまでと違った見方で楽しめますね!

試験は日本全国、
様々な場所で受けられるので
「受けてみたいな~」と思った方は、
是非、神社検定の公式サイトを
チェックしてみてくださいね!





これからも日本全国の神社へ
一緒におさんぽにいきましょう♪


次回の『かみさまさんぽ』は、
鳥取県の「白兎神社」へと
皆さまをご案内します。

お楽しみに〜♪




番組ホームページにある
トークルームやメッセージでは
皆様からの感想・メッセージも
お待ちしています♪

■ 番組からのお知らせ ■
『"おすすめの神社"を教えてください!』
あなたがおすすめする好きな神社や、
番組で取り上げてほしい神社など、
番組の感想やおすすめポイントなどを
添えてお送りください。

▼ 投稿はこちらから ▼
https://www.tokyosmart.jp/sanpo/entry/88

あなたの大好きな神社へ
皆さんと一緒におさんぽにでかけましょう♪



【今回の放送楽曲リスト】
M1. 恋をしようよ / 世武裕子
M2. 深海の恋 / 大橋トリオ
M3. Hello, You Beautiful Thing / ジェイソン・ムラーズ


<関連サイト>
鵜戸神宮 公式ホームページ
http://www.udojingu.com/

神社検定 公式サイト
http://www.jinjakentei.jp/

<特別協力>
神社本庁
日本文化興隆財団