マガジン

第34回 下鴨神社(京都府)

TOKYO SMARTCASTがお届けする
高音質音楽レコメンデーションチャンネル

TS ONE「かみさまさんぽ」

この番組では日本古来の伝統文化に触れ、
全国各地の様々な神社を
おさんぽ気分でご紹介していきます!



この番組の案内人は、
下川友子さん。

学生時代から旅先で神社に
ご挨拶をしていくうちに
その魅力に惹きこまれ、
これまで北海道から沖縄まで
数々の神社を巡ってこられました。



現在は、お客様と一緒に神社を巡る
笑顔のツアーをされています。

下川友子オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/tomo-chupi/





11月の「かみさまさんぽ」は
紅葉の美しい名所・神社を特集!
今週は、例年12月に紅葉の見頃を迎える
京都府にあります【 下鴨神社 】へと
ご案内しました。






【 下鴨神社と紅葉 】
京都市・左京区。
正式には「賀茂御祖神社」といい、
鴨川下流に鎮座するお社であることから
「下鴨さん」と親しまれてきた、
通称「下鴨神社」



境内には縄文時代から生き続ける
広さおよそ3万6千坪、かつては150万坪にも
及んでいたと伝わる太古の自然を遺す森「糺の森」が
社殿を包み込むように広がっています。


境内全域が世界文化遺産に登録されている
下鴨神社では、悠久の歴史を伝える数々の建造物とともに、
秋には景観の美しさが一層映える、
鮮やかな紅葉を楽しむことができます。






【 下鴨神社へのアクセス 】
京都駅から市バス 4番・205番で
「下鴨神社前」まで行くことができます。







それではおさんぽを始めましょう!





まずは、紅葉が赤く色づく

「紅葉橋」の向こうに見える「河合神社」へ。



【 河合神社 】
美しくなりたいという願望や、
安産、育児、縁むすびなど、
女性を守護されるという女神「玉依媛命」が
お祀りされています。







再び、表参道の隣にある馬場という

大きな道を歩いていくと、

「鴨社神宮寺 池跡」に到着です。






【鴨社神宮寺 池跡】
原生林が広がる、糺の森の一角に広がる
神秘的な場所。
こちらはお社などはなく、巨木と草木、
土の香りが濃く感じられる静かなところです。



さらに表参道を歩いていくと、

大きなご神木や、古代祭祀の場所

糺の森の美しい鮮やかなもみじと、

清らかな奈良の小川に出会います。






さぁ、朱塗りの鳥居が見えてきました!

こちらには縁結びの神様が祀られる
「相性社」がありますよ。




【相生の社】
縁結びの神様が祀られる相性社。

めでたいことの「相生」というのは、
ここから始まったと伝えられ近くには、
"二本の木が一本にむすばれた"という
縁結びのご神木「連理の賢木」もあります。





続いて麗しい朱塗りの楼門をくぐると...

ご本殿ではなく、屋根がこげ茶色の風情ある、
「舞殿」「神楽殿」があり



 さらに「中門」の先には、
七つのお社「言社(ことしゃ)」があります。




【 言 社 】
こちらの七つのお社には
干支をお守りくださる神様が、
それぞれお祀りされています。



さて!それではいよいよ

国宝に指定されているご本殿へ。



【 下鴨神社 】
京都の守護神を祀る山城国一宮
「賀茂御祖神社(通称:下鴨神社)」

東西の御本殿にお祀りされている御祭神は
西に京都の守護神「賀茂建角身命」
東に御子神「玉依媛命」の二柱。

京都で最も古い歴史をもつ一社であり、
平安時代には国の都 京都の守り神としてのみならず、
皇室の氏神さまとしても特別な尊崇を受けてきました。

現在では国家安穏と世界平和の守護神さま、
厄除、縁結び、交通安全など、暮らしの守護神として
多くの方々が参拝に訪れます。



そして、境内の右手、橋を超えた所、

みたらし川の上にたつのが、

"御手洗社"とよばれる「井上社」です。




【 井上社(御手洗社)】
災難厄除けの御神徳が高いとされ、
土用の丑の日には、がん封じ、無病息災を願い、
この池に足をつけ、お祓いをうけることができる
「足つけ神事」が行われています。





【 茶寮 宝泉 】
日本庭園のような佇まいが美しいお店。
季節の風情を感じられる生菓子と
生わらびもちが有名です。

日常の喧騒を忘れる落ち着いたお座敷で、
ゆっくりとしたひとときをすごしてみては...?


番組後半は、
日本のこころを再発見できる

「神社検定」

この番組では、知っておくと
おさんぽがもっと楽しくなる!?
神社や日本古来の文化もご紹介します。
皆さんは「神社検定」という
検定があるのをご存知でしょうか?


これは、神社についての
正しい知識を知って
「日本のこころ」を再発見するため、
神社本庁監修のもと
スタートした検定なんです。

1級~3級まであり、
受験する方も毎年増えて、
この検定資格を持っている方も、
たくさんいらっしゃるんです。





番組ではその神社検定にも
出題される問題から、
様々な日本文化の由来などに
触れていきたいと思います。


今回はこの問題です!

【 問 題 】
巫女さんの説明について、
正しくないものは次のうちどれでしょうか?

① 巫女さんになるには資格が必要。
② 巫女さんと神職の行いには違いがある。
③ 古代においては、神様のお告げを聞き
  神意を伝える重要な存在だった。
④ 多くの神社で白衣に緋色の袴を着けて奉仕している。


皆さん、いかがですか?

さぁ、正解はコチラです!



【 正解・解説 】
説明として正しくないもの。

正解は「①番」です。
巫女さんは神職とは違うため、
資格は必要ではありません。

現在では、神社によって独自に採用され、
神前での作法や巫女舞、
神社に関することなどは、
各神社によって教育されています。

また、未婚の若い女性が多く、
正月などの繁忙期には臨時の募集もあります。


このような日本古来の文化についての問題が
たくさん出題される神社検定。
こういった知識を身につけて神社に行くと、
これまでと違った見方で楽しめますね!

試験は日本全国、
様々な場所で受けられるので
「受けてみたいな~」と思った方は、
是非、神社検定の公式サイトを
チェックしてみてくださいね!





これからも日本全国の神社へ
一緒におさんぽにいきましょう♪

11月の『かみさまさんぽ』は、
"紅葉の美しい神社"を特集!!

次回は、滋賀県の「日吉大社」へと
皆さまをご案内します。

お楽しみに〜♪



番組ホームページにある
トークルームやメッセージでは
皆様からの感想・メッセージも
お待ちしています♪

■ 番組からのお知らせ ■
『"おすすめの神社"を教えてください!』
あなたがおすすめする好きな神社や、
番組で取り上げてほしい神社など、
番組の感想やおすすめポイントなどを
添えてお送りください。

▼ 投稿はこちらから ▼
https://www.tokyosmart.jp/sanpo/entry/88

あなたの大好きな神社へ
皆さんと一緒におさんぽにでかけましょう♪



【今回の放送楽曲リスト】
M1. ふたつの世界 / くるり
M2. 太陽を牽く馬 / Drakskip
M3. My Favorite Things / 土岐麻子


<関連サイト>
下鴨神社 公式サイト
http://www.shimogamo-jinja.or.jp/

神社検定 公式サイト
http://www.jinjakentei.jp/

<特別協力>
神社本庁
日本文化興隆財団