マガジン

第42回 金刀比羅宮(香川県)

TOKYO SMARTCASTがお届けする
高音質音楽レコメンデーションチャンネル

TS ONE「かみさまさんぽ」

この番組では日本古来の伝統文化に触れ、
全国各地の様々な神社を
高音質な音声や環境音・音楽と画像や
文字情報とともにお届け!
おさんぽ気分でお楽しみいただける番組です。




この番組の案内人は、
下川友子さん。

学生時代から旅先で神社に
ご挨拶をしていくうちに
その魅力に惹きこまれ、
これまで北海道から沖縄まで
数々の神社を巡ってこられました。



現在は、女優やタレントとして活躍する傍ら
お客様と一緒に神社を巡る
笑顔のツアーをされています。

■ 出演情報 ■
テレビ朝日 帯ドラマ劇場『越路吹雪物語』
(毎週 月~金曜 12:30~12:50放送)
下川さんの出演は第13話以降の予定です!

下川友子オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/tomo-chupi/




1月の「かみさまさんぽ」は
今年の干支
「戌」にちなんだ特集!
"戌年に行きたい!犬にゆかり深い神社"を
ご紹介していきます。

今回は香川県に鎮座する
『金刀比羅宮』へとご案内しました。






【 金刀比羅宮 】
香川県仲多度郡琴平町。
象頭山の中腹に鎮座する金刀比羅宮。

主祭神としてお祀りする大物主神は、
三貴士の一神 建速素盞嗚尊の御子神 大国主神の
温和な霊力を授かった"和魂神"として、
農業殖産・漁業航海・医療・技芸などの
幅広い御神徳を持つ神様として人々の信仰を集めています。

現在、金刀比羅宮は相殿神に崇徳天皇がお祀りされ、
"こんぴらさん"の名で親しまれています。


【 金刀比羅宮へのアクセス 】
JR琴平駅から徒歩約20分
または琴電 琴平駅より徒歩約15分です。






駅からの道のりには、昔懐かしいアーケードの商店街があり、
表参道には、お土産屋さん、お饅頭やソフトクリーム、
うどんのお店が立ち並び、観光地らしい賑わいです。





今回ご案内する金刀比羅宮は、
象頭山に鎮座する海の守護神で、
広く徳を与えてくださるご神徳が有名な神社。
参道入口から御本宮までは785段、
1,368段の長い石段を登ると奥社があります。





それでは、おさんぽをはじめましょう!

まずは本宮までの「785段」の石段を上りますよ!




まずは石段を上ること365段、

神域の総門「大門」へとやってまいりました。







そこからさらに桜並木の道を抜けていくと…




【 桜馬場西詰銅鳥居 】 に到着です。
鳥居の脇には、かわいい「こんぴら狗」の銅像があります。

【 こんぴら狗 】
江戸時代、「お伊勢参り」をはじめ、
現在の金刀比羅宮への参拝「こんぴら参り」も
人々の大きな夢でした。

しかし、江戸を中心とした参拝の旅は大変なことだったことから、
旅慣れた人に代理で参拝を託す「代参(だいさん)」が
広く行われていました。 この風習は人だけでなく、
「こんぴら参り」という袋を首にかけ、たどり着くまでの様々な費用、
初穂料を袋にいれて、飼い主に代わって犬が
街道や宿場の人々の世話を受けながら代参することもあったといい、
立派に代参を務めた犬を「こんぴら狗」と呼びました。


さぁ本宮を目指してさらに石段を上りましょう!




もうすぐ600段というところには「旭社」がありますが、
ここは御本殿を参拝したあと、帰りにお参りするところ。

行きは、「祓戸社」で身を清め、
摂社末社に参拝しつつ石段をのぼります!


そして....石段を上ること785段目
「御本宮」に到着です。 



【 金刀比羅宮 本宮 】
こちらに祀られるのは「大物主神」と「崇徳天皇」です。
近くには、御祭神のお后様が祀られる「三穂津姫社」もあります。
金刀比羅宮は、金運・招福に御利益あるといわれ、
黄金のお守りもありますので、チェックしてくださいね。



金刀比羅宮の本宮にお参りを終えたあとは、
さらに続く石段を上り「奥社 厳魂神社」を目指します。




奥社への入口となる鳥居をくぐると、

緑に囲まれた落ち着きのある参道を上っていきます。




923段のところに鎮座するのは
崇徳天皇をお祀りする「白峰神社」
そして974段のところには
菅原道真が祀られる「菅原神社」があります。





ひたすら続く石段をのぼり続けます。

いったいどこまで続くの?と思うほど、

その道のりは楽なものではありません。


ですが...一歩一歩、一段一段、

奥社を目指して足を進めていきましょう!




全1368段の石段!

ついに「奥社 厳魂神社」に到着です。



【奥社 厳魂神社】
華やかな朱色が映える社殿には、
金刀比羅本教の教祖「厳魂彦命」がお祀りされています。





[写真上:奥社からの眺望 / 写真下:旧跡]
方石が一面に折り重なっている断崖は、
300年ほど昔、厳魂彦命が参籠した旧跡と伝わる場所。

よく見ると、天狗とカラス天狗の彫り物が
崖沿いにありますので、
奥社からの景色とともに見てみてください。






お参りのあとの楽しみ♬
その土地の美味しいお食事!!
今回ご紹介したお店はこちらです。

【 さぬき名物 骨付鳥 田中屋 】
さぬき名物"骨付鳥"の専門店。
一切の無駄を省いているからこそ、
素材本来の旨味がたっぷり!
柔らかジューシーな骨付鳥を
ぜひ堪能してみてくださいね。

さぬき名物 骨付鳥 田中屋
http://honetsukidori-tanakaya.com/






番組後半は、
日本のこころを再発見できる

「神社検定」

この番組では、知っておくと
おさんぽがもっと楽しくなる!?
神社や日本古来の文化もご紹介します。
皆さんは「神社検定」という
検定があるのをご存知でしょうか?


これは、神社についての
正しい知識を知って
「日本のこころ」を再発見するため、
神社本庁監修のもと
スタートした検定なんです。

1級~3級まであり、
受験する方も毎年増えて、
この検定資格を持っている方も、
たくさんいらっしゃるんです。





番組ではその神社検定にも
出題される問題から、
様々な日本文化の由来などに
触れていきたいと思います。


今回はこの問題です!

【 問 題 】
手水に関する説明として間違っているものは、
次のうちどれでしょうか?

① 禊(みそぎ)を簡略化したものである。
② 大方は、手水舎で行う。
③ 茶室に入る前に手や口を清める「蹲(つくばい)」も
  同じ考えに基づく
④ 作法は「右手を清め、左手を清め、
  左手に水を受けて口をすすぐ」という順番である。

皆さん、いかがですか?

さぁ、正解はコチラです!



【 正解・解説 】
説明として間違っているもの。
正解は
「④番」です。

正しい、作法としては、
「最初に"左手"を清め、その後、右手
 左手に水を受けて口をすすぐ」という順番となります。

なお、手水舎の水を使って手と口をすすぐことを
「手水を取る」といい、これは禊を簡略化したものです。



このような日本古来の文化についての問題が
たくさん出題される神社検定。
こういった知識を身につけて神社に行くと、
これまでと違った見方で楽しめますね!

試験は日本全国、様々な場所で受けられます。
【次回検定日:2018年6月10日(日)】です。
是非、神社検定の公式サイトを
チェックしてみてくださいね!







2018年は「戌年(いぬ)」ということで、
今月は戌年や犬に関係する神社を特集!
今週は香川県に鎮座する【 金刀比羅宮 】へ
ご案内しました。

金刀比羅宮には
■ 幸福の黄色いお守り
■ ミニこんぴら狗
のセットがありますよ。
ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。


来週は戌年の守護神様「大己貴命」が御祭神の神社、
静岡県にあります【 小國神社 】へと
皆さまをご案内します!

今年も日本全国の神社へと
この「かみさまさんぽ」で一緒に
おさんぽに行きましょう!





番組ホームページにある
トークルームやメッセージでは
皆様からの感想・メッセージも
お待ちしています♪

■ 番組からのお知らせ ■
『"おすすめの神社"を教えてください!』
あなたがおすすめする好きな神社や、
番組で取り上げてほしい神社など、
番組の感想やおすすめポイントなどを
添えてお送りください。

▼ 投稿はこちらから ▼
https://www.tokyosmart.jp/sanpo/entry/88

あなたの大好きな神社へ
皆さんと一緒におさんぽにでかけましょう♪



【今回の放送楽曲リスト】
M1. 犬の帰宅 / 矢野顕子
M2. ぼくらが旅に出る理由 / 小沢健二
M3. my leaving feat. Mabanua / Kenichiro Nishihara


<関連サイト>
金刀比羅宮 公式サイト
http://www.konpira.or.jp/

神社検定 公式サイト
http://www.jinjakentei.jp/

<特別協力>
神社本庁
日本文化興隆財団