マガジン

第45回 亀戸天神社(東京都)

TOKYO SMARTCASTがお届けする
高音質音楽レコメンデーションチャンネル
TS ONE「かみさまさんぽ」

この番組では日本古来の伝統文化に触れ、
全国各地の様々な神社を
高音質な音声や環境音・音楽と画像や
文字情報とともにお届け!
おさんぽ気分でお楽しみいただける番組です。




この番組の案内人は、下川友子さん。

学生時代から旅先で神社に
ご挨拶をしていくうちに
その魅力に惹きこまれ、
これまで北海道から沖縄まで
数々の神社を巡ってこられました。



現在は、女優やタレントとして活躍する傍ら
お客様と一緒に神社を巡る
笑顔のツアーをされています。

下川友子オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/tomo-chupi/




2月は受験や就職活動の季節でもあります。
今月の「かみさまさんぽ」は、
受験生の皆さんや受験生をサポートする
ご家族の皆さまにもおすすめししたい
「受験」や「就活」にも
縁起のよい神社をご紹介しています!

【学問の神 菅原道真公】
日本三大天満宮といえば
太宰府天満宮(福岡)・北野天満宮(京都)・防府天満宮(山口)
全国には天満宮・天神・天神社・菅原神社と名前は
様々ですが約1万2千社余りあるそうです。

【知恵の神を祀る弁財天】
七福神の神様で、智慧、技芸、財宝などの守護神。
厳島神社(広島)・竹生島神社(滋賀)・江島神社(神奈川)が
日本三大弁財天に数えられています。


そして"知恵の神様"としてはもう一柱、
重要な神様がいらっしゃるんです。

今週の「かみさまさんぽ」は
天岩戸神話にも登場する
「知恵の神 天八意思兼命」が祀られる神社。
長野県の『戸隠神社』へとご案内しました!






【 戸隠神社 】
東京都江東区。
学問の神 菅原道真公を御祭神とし鎮座する
「亀戸天神社」

その歴史は道真公の末裔 菅原大鳥居信祐が、
天神信仰を広めるため、諸国を巡り歩き、
江戸の本所亀戸村に辿り着いた際、
元々あった天神の小さな祠に御神像を
お祀りされたのが始まりと伝えられています。

古くは本社の九州太宰府天満宮に対して、
東の宰府として「東宰府天満宮」
あるいは「亀戸宰府天満宮」と称され、
その後昭和11年に亀戸天神社と正称されました。

今日では下町の天神様として広く知れわたり、
多くの人々に親しまれています。


【 亀戸天神社へのアクセス 】
JR総武線「亀戸駅」もしくは、
JR総武線・東京メトロ半蔵門線「錦糸町駅」より
徒歩 約15分です。






【 花の天神様 亀戸天神社 】
菅原道真公は、特に梅の花がお好きだったことから、
境内には300本をこえる、梅の木が植えられています。
5月には「藤まつり」、10月には「菊まつり」が行われ、
花の美しい神社、花の天神様をより感じられますよ。






それではおさんぽをはじめましょう!






【 太鼓橋 】
太宰府天満宮の境内にならい作られた橋で
池と橋を人の一生に見立てた
「三世一念の理(さんぜいちねんのことわり)」を
表しています。

最初の太鼓橋は男橋、生きてきた「過去」を、
次の平橋は、今が見える「現在」を
最後の太鼓橋は女橋といい、希望の「未来」を表し、
三つの橋を渡る事で、過去、現在、未来と、
心身が清められるとされています。

最後の太鼓橋を渡った先には、
菅原道真公の子供の頃のお姿「五歳菅公像」と、
社殿の左側に、神牛の像があります。






【 亀戸天神社 】
学問の神様「菅原道真」こと
「天満大神(てんまんおおかみ)」、
そして相殿には菅原家の祖神「天菩日命」を
お祀りしています。

こちらの学業成就のお守りは、
お守りに添付されている葉書に受験校や受験日を記入して
郵送すると、合格祈願をしていただけるんです。


【 学問の神 菅原道真公 】
時は平安時代中期、宇多天皇に重用され、
遣唐使の廃止をはじめとした寛平の治を
支えたことで知られる藤原道真公。

その後、醍醐天皇の時代に"右大臣"にまでのぼり
学問で身を立てたことから、
道真公は学問の神として信仰されるようになりました。

現在でも菅原道真公を御祭神とする
全国各地の天満宮は、受験生の聖地として知られ、
亀戸天神社でも毎年1月・2月の受験時期には、
そのご加護を求め絵馬を奉納する
数多くの受験生が訪れています。






【 御嶽神社 】
こちらは「卯の神」として知られ、
菅原道真公の学問の先生であった
比叡山延暦寺の高僧 「法性坊(ほうせいぼう)」を
お祀りしています。





亀戸天神社に訪れたときは、
有名な【 船橋屋のくず餅 】は食べておきたいところ!





こちらもオススメですが、
今回は下川さんが新たなおすすめのお店を
ご紹介しました♪


【 すみだ珈琲 】
全収穫量の5%にも満たないという
厳選された最高品質のコーヒー豆のみを使用し、
自家焙煎の香り・風味ともに抜群の珈琲をいただけるお店。
定番の『モカチーズケーキ』もコーヒーとの相性抜群!
ぜひ一緒に召し上がってみてくださいね!

すみだ珈琲 Facebookページ
https://www.facebook.com/sumidacoffee/



番組後半は、
日本のこころを再発見できる
「神社検定」

この番組では、知っておくと
おさんぽがもっと楽しくなる!?
神社や日本古来の文化もご紹介します。
皆さんは「神社検定」という
検定があるのをご存知でしょうか?


これは、神社についての
正しい知識を知って
「日本のこころ」を再発見するため、
神社本庁監修のもと
スタートした検定なんです。

1級~3級まであり、
受験する方も毎年増えて、
この検定資格を持っている方も、
たくさんいらっしゃるんです。





番組ではその神社検定にも
出題される問題から、
様々な日本文化の由来などに
触れていきたいと思います。


今回はこの問題です!

【 問 題 】
もともと日本には独自の信仰に基づく葬儀がありました。
神道式で行う葬儀の名称で、
日本固有の葬儀などを土台に整えられた葬儀式の事を、
何というでしょうか?

① 神前葬(しんぜんそう)
② 神葬祭(しんそうさい)
③ 祓式(はらえしき)
④ 葬儀式(そうぎしき)


皆さん、いかがですか?

さぁ、正解はコチラです!



【 正解・解説 】
正解は、②番の「神葬祭」です。

古来、日本人は、肉体の死を生命力が衰退した
穢れの状態、御霊の荒れた状態と捉えていました。

神葬祭では、遺体を墓に納め、
年月をかけて個人の御霊を鎮め、
家の守護神としてお祀りします。



このような日本古来の文化についての問題が
たくさん出題される神社検定。
こういった知識を身につけて神社に行くと、
これまでと違った見方で楽しめますね!

試験は日本全国、様々な場所で受けられます。
【次回検定日:2018年6月10日(日)】です。
是非、神社検定の公式サイトを
チェックしてみてくださいね!




さて、2月は本格的な受験シーズン到来!
ということで、受験生の皆さん、
そして受験生をサポートするご家族の皆さんに、
さらに就職活動を控える方にも是非行って頂きたい、
受験・就活に縁起のいい神社をご紹介していきます!

今週は東京都の『亀戸天神社』へとご案内しました。
来週は、知恵の神様が祀られる修験の神社、
長野県の【 戸隠神社 】へ皆さまをご案内します!

日本全国にある神社へ一緒におさんぽに行きましょう!







番組ホームページにある
トークルームやメッセージでは
皆様からの感想・メッセージも
お待ちしています♪

■ 番組からのお知らせ ■
『"おすすめの神社"を教えてください!』
あなたがおすすめする好きな神社や、
番組で取り上げてほしい神社など、
番組の感想やおすすめポイントなどを
添えてお送りください。

▼ 投稿はこちらから ▼
https://www.tokyosmart.jp/sanpo/entry/88

あなたの大好きな神社へ
皆さんと一緒におさんぽにでかけましょう♪



【今回の放送楽曲リスト】
M1.
鳥のように / 大橋トリオ
M2.
頑張ったっていいんじゃない / 大原櫻子
M3. Sunny Days / Heston


<関連サイト>
戸隠神社 公式サイト

http://www.togakushi-jinja.jp/

神社検定 公式サイト
http://www.jinjakentei.jp/

<特別協力>
神社本庁
日本文化興隆財団