マガジン

第48回 宮地嶽神社(福岡県)

TOKYO SMARTCASTがお届けする
高音質音楽レコメンデーションチャンネル
TS ONE「かみさまさんぽ」

この番組では日本古来の伝統文化に触れ、
全国各地の様々な神社を
高音質な音声や環境音・音楽と画像や
文字情報とともにお届け!
おさんぽ気分でお楽しみいただける番組です。




この番組の案内人は、下川友子さん。

学生時代から旅先で神社に
ご挨拶をしていくうちに
その魅力に惹きこまれ、
これまで北海道から沖縄まで
数々の神社を巡ってこられました。



現在は、女優やタレントとして活躍する傍ら
お客様と一緒に神社を巡る
笑顔のツアーをされています。

下川友子オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/tomo-chupi/




2月は受験や就職活動の季節でもあります。
今月の「かみさまさんぽ」は、
受験生の皆さんや受験生をサポートする
ご家族の皆さまにもおすすめししたい
「受験」や「就活」にも
縁起のよい神社をご紹介しています!

今週の「かみさまさんぽ」は
福岡県の『宮地嶽神社』へとご案内しました!




【 宮地嶽神社 】
福岡県福津市。
主祭神に息長足比売命(別名:神功皇后)を
お祀りする宮地嶽神社。

創建はおよそ1700年前、
神功皇后が韓国への船出の折、
宮地嶽山頂の祭壇に、天神地祇をお祀りし
開運を祈願したのが始まり。





その後、神功皇后の功績をたたえ、
御神名 息長足比売命を主祭神とし、
お供をした勝村・勝頼大神を併せた
「宮地嶽三柱大神」をお祀りしました。

以来、宮地嶽神社では
「何事にも打ち勝つ開運の神」を祀る神社として
多くの人々に信仰され、
年間300万人もの参拝客が訪れています。


【 宮地嶽神社へのアクセス 】
JR鹿児島本線 福間駅で下車し、
バスやタクシーで行くことができます。







神社から歩いて15分ほどのところにある
「宮地浜海水浴場」にも神社の鳥居があり、
周辺は松林に囲まれていてお散歩にもぴったりです。





石段を登り終えた高台からの景色。
参道から海に伸びる道は、
テレビCMでも有名になった「光の道」



夕暮れ時にはオレンジに染まる夕陽の光が、
一直線に参道を通って、
こちらに向かってくる絶景が広がります。







【 宮地嶽 】
古事記、日本書紀には、
宮地嶽神社の御祭神、神功皇后が滞在され、
渡韓の必勝祈願をされたと記されています。
宮地嶽の山頂には「天神地祇」を
お祀りされた古いお宮の跡があります。





楼門をくぐりますと、
大注連縄・大太鼓・大鈴の三つの
日本一を誇るお社が迎えてくれます。






【 宮地嶽神社 】
こちらに祀られるのは、
神功皇后の別名「息長足比売命」と、
随従の「勝村大神」「勝頼大神」をあわせた
御祭神「宮地嶽三柱大神」です。

御本殿にあわせ、奥之宮八社すべてお参りすれば、
どのような願いも叶う
「何事にも打ち勝つ開運の神」と
信仰されています。



【 奥の宮八社 】
御本殿のほかに、
宮地嶽神社に祀られる八つの社。
その名も「奥の宮八社」



日本最大級の石室古墳の発掘を機に、
不動神社を奉祀したことから、
この奥の宮八社巡りが盛んに
行われるようになりました。

八社それぞれに福徳・商売繁昌・病気平癒などの
御神徳をもつ神々がお祀りされており、
奥の宮八社を一社一社お参りすることにより、
様々なご利益をもたらしてくれ、
大願が叶うと信仰されています。






【一番社 七福神社(写真左)】
知恵の神様の弁財天や、大黒天など、
福を運ぶ七神様の恵みが集うお社。


【 二番社 稲荷神社(写真右)】
食物とお米の豊作を守る神様です。






【 三番社 不動神社 】
横穴式石室古墳の中に、
にらみをきかせる不動明王がお祀りされています。






【 万地蔵尊(写真上)】
子供をお守りくださる「万地蔵尊」

【 恋の宮(写真下)】
「濡髪大明神」と「淡嶋神社」が並び、
恋の宮と呼ばれています。
女性の体をお守りする淡島様と、
心をお守りする濡髪様は
恋愛や、女性特有の体の病にも
霊験あらたかと伝えられています。





【 三寳大荒神 】
竈と、火除けの神様で、台所や
食べ物・調理の神様とも言われています。


三寳大荒神のお隣には、
ご神水が湧き出る
【水神社(写真上)】と



薬師如来が祀られる
【薬師神社(写真下)】があります。


お参りを終えたあとはグルメさんぽへ!
寒いこの時期に食べたくなる温かいお食事!
今回下川さんが紹介したお店はこちら。


【 四季酔亭 宮地館 】
こちらで有名なのが「鯛茶漬け」です。
そのまま食べても、味がしっかりしていて美味しく、
お出汁をかけ、鯛茶漬けにして食べると
二度楽しめます。
食後に人気の甘味「松ヶ枝餅」もぜひ!





番組後半は、
日本のこころを再発見できる
「神社検定」

この番組では、知っておくと
おさんぽがもっと楽しくなる!?
神社や日本古来の文化もご紹介します。
皆さんは「神社検定」という
検定があるのをご存知でしょうか?


これは、神社についての
正しい知識を知って
「日本のこころ」を再発見するため、
神社本庁監修のもと
スタートした検定なんです。

1級~3級まであり、
受験する方も毎年増えて、
この検定資格を持っている方も、
たくさんいらっしゃるんです。





番組ではその神社検定にも
出題される問題から、
様々な日本文化の由来などに
触れていきたいと思います。


今回はこの問題です!

【 問 題 】
石清水八幡宮は、鎮護国家、王城鎮護の神様として、
朝廷から篤く尊崇され、
伊勢神宮に次ぐ○○と称されましたが、
何と呼ばれたでしょうか?

① 第二の社稷(しゃしょく)
② 第二の宗廟(そうびょう)
③ 元伊勢(もといせ)


皆さん、いかがですか?

さぁ、正解はコチラです!



【 正解・解説 】
正解は、②番の「第二の宗廟」です。

「社稷」は土地と穀物の神様を意味し、
「元伊勢」とは、天照大御神が、
伊勢に鎮座されるまでの宮跡として
伝わる地のことを言います。



このような日本古来の文化についての問題が
たくさん出題される神社検定。
こういった知識を身につけて神社に行くと、
これまでと違った見方で楽しめますね!

試験は日本全国、様々な場所で受けられます。
【次回検定日:2018年6月10日(日)】です。
是非、神社検定の公式サイトを
チェックしてみてくださいね!




さて、2月は本格的な受験シーズン到来!
ということで、受験生の皆さん、
そして受験生をサポートするご家族の皆さんに、
さらに就職活動を控える方にも是非行って頂きたい、
受験・就活に縁起のいい神社をご紹介!
今週は福岡県の『宮地嶽神社』へとご案内しました。

3月はおすすめの「みちびき、道開き」の神社特集!
来週は"みちびきの神様"が祀られる神社。
三重県にあります『椿大神社』へ皆さまをご案内します!
日本全国にある神社へ一緒におさんぽに行きましょう!







番組ホームページにある
トークルームやメッセージでは
皆様からの感想・メッセージも
お待ちしています♪

■ 番組からのお知らせ ■
『"おすすめの神社"を教えてください!』
あなたがおすすめする好きな神社や、
番組で取り上げてほしい神社など、
番組の感想やおすすめポイントなどを
添えてお送りください。

▼ 投稿はこちらから ▼
https://www.tokyosmart.jp/sanpo/entry/88

あなたの大好きな神社へ
皆さんと一緒におさんぽにでかけましょう♪



【今回の放送楽曲リスト】
M1. 私の願い事 / YUKI
M2. オトノナルホウヘ→ / Goose house
M3. Only Love / Angela Bofill


<関連サイト>
宮地嶽神社 公式サイト
http://www.miyajidake.or.jp

神社検定 公式サイト
http://www.jinjakentei.jp/

<特別協力>
神社本庁
日本文化興隆財団