マガジン

第87回 山口大神宮(山口県)

TOKYO SMARTCASTがお届けする
高音質音楽レコメンデーションチャンネル
TS ONE「かみさまさんぽ」

この番組では日本古来の伝統文化に触れ、
全国各地の様々な神社を
高音質な音声や環境音・音楽と画像や
文字情報とともにお届け!
おさんぽ気分でお楽しみいただける番組です。




この番組の案内人は、下川友子さん。

学生時代から旅先で神社に
ご挨拶をしていくうちに
その魅力に惹きこまれ、
これまで北海道から沖縄まで
数々の神社を巡ってこられました。



現在は、女優やタレントとして活躍する傍ら
お客様と一緒に神社を巡る
笑顔のツアーをされています。

下川友子オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/tomo-chupi/


11月の「かみさまさんぽ」は、
「秋の行楽シーズンにおすすめしたい神社」を特集します。
今回は、西のお伊勢さまとよばれる神社。
山口県にあります【山口大神宮】にご案内しました。



【山口大神宮】
山口県山口市に鎮座。
この地を本拠としていた大内義興公により、伊勢皇太神宮の御分霊を勧請し創建されました。

=主祭神=
内宮 天照大御神
外宮 豊受大御神
明治に至るまで伊勢皇太神宮から、直接御分霊を勧請した唯一の社であったことから、
西のお伊勢さまと呼ばれ、崇敬を集めてきました。

【山口大神宮へのアクセス】
JR西日本 山口駅より徒歩およそ25分。
もしくは、新山口駅からバスでいくことができます。



それではおさんぽを始めます!



【山口大神宮 鳥居・参道】
石の鳥居の先は、石段がつづいています。
ふんわりと香る葉の青い爽やかな空気が、心地いい参道です。




【山口大神宮 高嶺稲荷神社・多賀神社】
右手の方には、商売繁盛の守護神様の高嶺稲荷神社。
その先には、延寿・安産の守護神様、多賀神社があります。




【山口大神宮 外宮・内宮】
空がパーッと開けていて、境内がより広く感じます。
穏やかでのんびりとした雰囲気です。




【山口大神宮 外宮】
伊勢神宮の正宮を模した社殿は、豊受大御神が祀られている外宮です。
お隣には式年遷宮の前に神様がいらした所、古殿地があります。
その手前ある大きな平らな石は、籾置岩といって、
稲、籾、麦などをこの岩の上において虫よけと豊作を祈る所です。




【山口大神宮 内宮】
境内で一番高い場所にあるのが、天照大御神がお祀りされている内宮です。




【山口大神宮】
岩戸社に向かう道を歩いていきますと、巨大な岩にしめ縄がついています。
これは、昭和47年のときに崖崩れがあって、山の上からおちてきた岩で、
1本の大きな杉によって止まったそうです。
そのまま落ちると下にある民家にも被害が出たと言われ、
神様がお守りしてくださったという意味でしめ縄をかけるようになりました。


山口大神宮へお参りした後は、大鍾乳洞、【秋芳洞】をおさんぽします。



【秋芳洞】
地下には400を超える鍾乳洞が存在し、中でも地下100m〜200mに位置する秋芳洞は、
鍾乳洞としては日本最大規模を誇ります。
ゲートをくぐると、ひんやりとした杉木立に囲まれており、
両サイドには青く透き通った川が流れ、まるで水の上をあるいている気分です。
そして縦に大きな岩穴が出現します。これが、鍾乳洞の入口です。




【秋芳洞】
高さは高い所で80mもあるそうで、観光コースは約1km、温度は平均17度で一定しています。
洞窟内は、全方向から水の流れる音が反響して、つねに大きな滝のそばにいるような感覚です。




【秋芳洞】
さまざまな名前がついた個性ある鍾乳石が迎えてくれます。
石灰石が水にしみこみ流れ落ち造られたという塩田のような形の百枚皿、
富士山の美しい山容のような洞内富士。
そして、巨大なガジュマルのような鍾乳石の柱、黄金柱はなんと高さが15mもあります。


【御堀堂】
京都や名古屋のういろうは米粉から作られていますが、
山口の外郎はわらび粉が使われているので、ぷるぷるモチモチした柔らかい食感。
御掘堂では、この食感を、おっとり、と表現しているそうです。

一番人気の白外郎、沖縄の黒糖を使用した黒外郎、
京都の抹茶が入った抹茶外郎の3種類があります。



番組後半は、
日本のこころを再発見できる
「神社検定」

この番組では、知っておくと
おさんぽがもっと楽しくなる!?
神社や日本古来の文化もご紹介します。
皆さんは「神社検定」という
検定があるのをご存知でしょうか?


これは、神社についての
正しい知識を知って
「日本のこころ」を再発見するため、
神社本庁監修のもと
スタートした検定なんです。

1級~3級まであり、
受験する方も毎年増えて、
この検定資格を持っている方も、
たくさんいらっしゃるんです。





番組ではその神社検定にも
出題される問題から、
様々な日本文化の由来などに
触れていきたいと思います。


今回はこの問題です!

【問題】
神宮には豊受大御神がお祀りされています。
この神様は、今からおよそ1500年前、天照大神のお食事を司る「御饌都神」として、
どこから迎えられたと伝承されているでしょうか?

①播磨国
②丹波国
③備後国
④山城国

【正解・解説】
正解は、②番の丹波国です。
今からおよそ1500年前、第二十一代 雄略天皇のとき、丹波国から神宮に迎えられました。



このような日本古来の文化についての問題が
たくさん出題される神社検定。
こういった知識を身につけて神社に行くと、
これまでと違った見方で楽しめますね!



試験は日本全国、様々な場所で受けられます。
ぜひこの神社検定を受けたい!という方は、
オフィシャルサイトをチェックしてみてくださいね!



11月の「かみさまさんぽ」は、
「秋の行楽シーズンにおすすめしたい神社」を特集!
今週は山口県にあります【山口大神宮】にご案内しました。
来月は、いよいよ12月。今年から来年にむけて、縁を結ぶ期待をこめまして、
「さまざまな良縁を祈願したい!縁結びの神社」を特集します。
次回の「かみさまさんぽ」は石川県の【氣多大社】に皆さまをご案内します。
日本全国の神社へ一緒におさんぽに行きましょう!






番組ホームページにある
トークルームやメッセージでは
皆様からの感想・メッセージも
お待ちしています♪

『"おすすめの神社"を教えてください!』
あなたがおすすめする好きな神社や、
番組で取り上げてほしい神社など、
番組の感想やおすすめポイントなどを
添えてお送りください。

▼ 投稿はこちらから ▼
https://www.tokyosmart.jp/sanpo/entry/88

あなたの大好きな神社へ
皆さんと一緒におさんぽにでかけましょう♪



【今回の放送楽曲リスト】
M1. 書を持ち僕は旅に出る / 赤い靴
M2. Let Me Know / TOWA TEI Feat. Chara
M3. I Only Have Eyes for You / Michael Bublé

<関連サイト>

山口大神宮
http://www.yamaguchi-daijingu.or.jp/

神社検定 公式サイト
http://www.jinjakentei.jp/

<特別協力>
神社本庁
日本文化興隆財団