マガジン

第93回 石上神宮(奈良県)

TOKYO SMARTCASTがお届けする
高音質音楽レコメンデーションチャンネル
TS ONE「かみさまさんぽ」

この番組では日本古来の伝統文化に触れ、
全国各地の様々な神社を
高音質な音声や環境音・音楽と画像や
文字情報とともにお届け!
おさんぽ気分でお楽しみいただける番組です。


この番組の案内人は、下川友子さん。

学生時代から旅先で神社に
ご挨拶をしていくうちに
その魅力に惹きこまれ、
これまで北海道から沖縄まで
数々の神社を巡ってこられました。



現在は、女優やタレントとして活躍する傍ら
お客様と一緒に神社を巡る
笑顔のツアーをされています。

下川友子オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/tomo-chupi/


今年の干支は亥!
正式には『己亥(つちのと)』といいまして、
【己】草木が生い茂って整然とした状態
【亥】草木の生命力が、種の中に閉じ込められた状態
という意味だそうです。

そんな亥にかけて、まずは下川さんが昨年訪れた
伊吹山に祀られている『白い猪』についてのお話。



この白い猪は神の化身とも言われていて、
伊吹山の荒ぶる神様を鎮めるため素手で伊吹山へ向かった日本武尊が
白い猪と山中で出会い、怒らせてしまったため命を落としたと伝えられています。


さて、1月の「かみさまさんぽ」は
「今年の邪気を取り祓う!厄除、方位除、諸難除の神社」特集!
今回は様々な神剣に宿る神様が祀られる神社、
奈良県の【石上神宮】へとご案内しました。



【石上神宮】
奈良県天理市、標高266mの布留山北西麓の高台に鎮座。
初代 神武天皇御即位の際に助けとなった神剣である「韴霊」を、
第10代崇神天皇の勅命により橿原宮中から遷しお祀りしたのがはじまりと伝えられています。

■御祭神■
布都御魂大神
布留御魂大神
布都斯魂大神

日本最古の神社の一つとして知られる石上神宮は、
健康長寿・病気平癒・除災招福・百事成就の守護神として広く信仰されています。

【 石上神宮へのアクセス 】
近鉄 天理駅からバスにのり「石上神宮前」にて下車。徒歩およそ5分です。

【石上神宮 鳥居】
こちらの檜の大鳥居は、平成23年に改修工事がされたため、ほんのり明るい色合い。
それでは石上神宮でのおさんぽが始まります!


【石上神宮】
境内には様々な種類のにわとりさんでいっぱい。
近づいても逃げていかない、人に慣れているにわとりさんのようです。

歩いていると、右手に見えるのが大きな【鏡池】



江戸時代の絵図にも記載されているこの池には、
奈良県の指定天然記念物である『ワタカ』というお魚がいるそうです。

さぁ、そして重要文化財の渋く風情ある【楼門】が見えました。



その周辺は、鮮やかな廻廊によって拝殿前の斎庭が
ぐるりと囲まれています。

その先で、格調高い風格ある【拝殿】が迎えてくれました。


こちらの拝殿は、現存する最古のもので、国宝に指定されています。

こちらでは御神体である
『武甕雷神が持っていた神剣』
『十種の神宝という亡くなられた人をも蘇らすというご神宝』
『素戔嗚尊が八岐大蛇を退治したとき使われた神剣』
それぞれに宿られる主祭神を総称して石上大神とよばれており、
健康長寿・除災招福の守護神さまです。

さぁ、拝殿でお参りを終えたら摂社 に行きましょう!



【石上神宮 出雲建雄神社】
こちらの摂社は、同じく拝殿が国宝となっています。
こちらに祀られているのは、日本武尊がもっていた草薙の荒魂『出雲建雄神』です。



【石上神宮 天神社】
下川さんが好きな摂末社がこちら!
造化三神の二柱の神様、高皇産霊神と神皇産霊神が祀られています。



【石上神宮 禁足地】

境内を散策していると、ちょうど拝殿の後方にある瑞垣に囲まれる奥に禁足地があります。
昔はご本殿なく、こちらの中央に主祭神が祀られ、
そのほかの神様は拝殿にお祀りされていたそうです。
    
その先には、石の柱に、しめ縄と紙垂がつけられており、道はつづいています。
ですがこの先は神職さんたちが禊をする禊場の為、入ることは出来ません。ご注意ください。


お参りを終えた後は、
天理市のおみやげさがしへ参りましょう!

【清流庵】
こちらの『柿えくぼ』は風味豊かな干し柿の中に、
ゆずの皮、くるみ、あんず、干しぶどう、栗の渋皮煮などを芯にして
堅く巻いてある、自然派の創作和菓子です。


番組後半は、
日本のこころを再発見できる
「神社検定」

この番組では、知っておくと
おさんぽがもっと楽しくなる!?
神社や日本古来の文化もご紹介します。
皆さんは「神社検定」という
検定があるのをご存知でしょうか?

これは、神社についての
正しい知識を知って
「日本のこころ」を再発見するため、
神社本庁監修のもと
スタートした検定なんです。

1級~3級まであり、
受験する方も毎年増えて、
この検定資格を持っている方も、
たくさんいらっしゃるんです。



番組ではその神社検定にも
出題される問題から、
様々な日本文化の由来などに
触れていきたいと思います。


今回はこの問題です!

【問題】
明治以降の神社の格、社格についての問題です
神社は国家が尊び、祀る公的な施設として、
国家の◯○と位置づけられました。
では、この◯○とは、なんでしょうか?

①宗祀
②教会
③施設
④誓碑

【 正解・解説 】
正解は、①番の宗祀です。
明治時代に入って神社は、寺院や教会のような宗教施設ではなく、国家の宗祀。
つまり国家が尊び祀る公的な施設として、位置づけられました。

このような日本古来の文化についての問題が
たくさん出題される神社検定。
こういった知識を身につけて神社に行くと、
これまでと違った見方で楽しめますね!



そして来年、第8回の神社検定の日程がアップされました。
新元号元年の6月16日(日)に実施されるそうです。

試験は日本全国、様々な場所で受けられます。
ぜひこの神社検定を受けたい!という方は、
オフィシャルサイトをチェックしてみてくださいね!



1月の「かみさまさんぽ」は、
今年の邪気を取り祓う!厄除、方位除、諸難除の神社を特集!
今週は奈良県の【石上神宮】
ご案内しました。

来週は、宮崎県の【江田神社】へとご案内します。
日本全国の神社へ一緒におさんぽに行きましょう!



番組ホームページにある
トークルームやメッセージでは
皆様からの感想・メッセージも
お待ちしています♪

『"おすすめの神社"を教えてください!』
あなたがおすすめする好きな神社や、
番組で取り上げてほしい神社など、
番組の感想やおすすめポイントなどを
添えてお送りください。

▼ 投稿はこちらから ▼
https://www.tokyosmart.jp/sanpo/entry/88

あなたの大好きな神社へ
皆さんと一緒におさんぽにでかけましょう♪



【今回の放送楽曲リスト】
M1. HELLO / YUKI
M2. RISING / fox capture plan
M3. Orinoco Flow / Enya

<関連サイト>
石上神宮 公式サイト
http://www.isonokami.jp/

神社検定 公式サイト
http://www.jinjakentei.jp/

<特別協力>
神社本庁
日本文化興隆財団