マガジン

第106回 沖ノ神島神社(長崎県)

TOKYO SMARTCASTがお届けする
高音質音楽レコメンデーションチャンネル
TS ONE「かみさまさんぽ」


この番組では日本古来の伝統文化に触れ、
全国各地の様々な神社を
高音質な音声や環境音・音楽と画像や
文字情報とともにお届け!
おさんぽ気分でお楽しみいただける番組です。


この番組の案内人は、下川友子さん。

学生時代から旅先で神社に
ご挨拶をしていくうちに
その魅力に惹きこまれ、
これまで北海道から沖縄まで
数々の神社を巡ってこられました。



現在は、女優やタレントとして活躍する傍ら
お客様と一緒に神社を巡る
笑顔のツアーをされています。

下川友子オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/tomo-chupi/


さて、2月に長崎県の五島列島へ訪れた下川さん。
たくさんの島々を巡った中で下川さんがいい島だなぁと思ったのが、
五島列島の北端に浮かぶ、小値賀島。
そんな小値賀島で下川さんが出会ったのは、
海に向かって鳥居がたつ趣ある神社【地ノ神嶋神社】。



そんな下川さんがまた訪れたいと思っている小値賀島ですが、
とある島が対岸にあるんです。

さて、平成最後の4月の「かみさまさんぽ」は
「案内人・下川友子が、何度でもまた訪れたい!
   と思う素敵な場所と神社特集」です。

今回は長崎県 小値賀島町 野崎島の
【沖ノ神嶋神社】へとご案内しました。



【沖ノ神島神社】
長崎県北松浦郡。五島列島の北東部、
平戸諸島を構成する野崎島に鎮座。
沖ノ神嶋神社は、対岸の小値賀島に鎮座する
「地ノ神嶋神社」から分祀して創建したことにより、
二社一対の神社と言われ、五島列島の中でも最古級の一社とされています。

■主祭神■
神島大明神
志々伎大明神
七郎大明神
の三柱の神々
日本武尊の御子神とされる神島大明神、
同じく日本武尊の御子神で
主祭神の兄神にあたる志々伎大明神、
さらに七郎大明神はこの二柱に仕えた神様です。

【沖ノ神島神社へのアクセス】
野崎島へは、九州の本土 五島列島の島々からまず船で小値賀島へ、
そこから、一日2便ある町営の船『はまゆう』を利用します。



沖ノ神嶋神社に行く際は、
小値賀島にある「おぢかアイランドツーリズム」で、
事前にガイドさんをお願いしましょう。

それではおさんぽに参りましょう!


沖ノ神島神社へはビジターセンターで島の注意点などを聞いてから、
ガイドさんと一緒に登山になります。
石が積まれちょっと崩れかけた【野崎集落跡】
ガイドさんと共に歩いていきますと
一軒の立派な瓦屋根の【沖ノ神嶋神社神官屋敷跡】が。



綺麗に修復され、博物館のようになっている趣ある立派なお屋敷には、
神社の遥拝所も付随してあります。

歩き続けると、サバンナのような壮大な自然が!



野生の鹿がこっちを見つめてきます。
野崎島にいる鹿の数は、なんと400頭以上。
この島は雨風は吹きっさらしで、
強風で木々が横に倒れるような姿をしているくらいなので、
雨風の日の登山はできるだけ避けた方がよさそうです。

赤土を踏みしめて登ることおよそ2時間ほどで、
周辺の巨石に見守られる、意外と大きな【御社殿】が迎えてくれました。



沖ノ神嶋神社は、小値賀島にある【地ノ神嶋神社】と一対で、
およそ1300年前、五島列島で初めて建てられたという神社。
中国との主要な航路の守り神として尊崇され、
昔は外から入ってくる伝染病を祓う神様として、
現在は厄払い、病魔除けの神様としても信仰されています。

そんな沖ノ神島神社の背後には、
高さ24メートルの【王位石】があります。



鬱蒼と茂る山の中にそびえ立つまるで神殿のような巨石は、
人工的に作られた物なのか、自然の産物なのか今も謎に包まれているそうです。


さて、お参りの後は去年世界遺産に登録されたひとつ、
【旧野首教会】にいってみましょう。
野首海岸の真っ白な砂浜、コバルトブルーの海を眺めながら、
岩壁に沿いの舗装された坂道を上がりますと、
山の斜面に沿った石積みの段々畑が広がり大自然の雄大な景色を見ることができます



その大自然の雄大な景色をそっと彩る
赤いレンガ造りの教会【旧野首教会】が。



現在は教会としてのお祈りは行われていませんが、
中に入るとスッと透き通った空気が流れていて、
静かに神聖な時を刻み続けているように感じます。

さて、今回下川さんおすすめのお店は、
野崎島のお隣の島、小値賀島で早朝からやっているパン屋さんの【こじこじぱん】
2018年にオープンしたばかりのとってもかわいらしいパン屋さんで、
生地に卵、バター、牛乳を使っていないというこだわりが。
小値賀産の紫いもを使った『紫いもあんパン』は、
もちもちした生地に、優しい甘さの紫いもの餡がたっぷり入っています。
野崎島に渡る前に、ぜひ立ち寄ってくださいね。!





番組後半は、
日本のこころを再発見できる
「神社検定」

この番組では、知っておくと
おさんぽがもっと楽しくなる!?
神社や日本古来の文化もご紹介します。
皆さんは「神社検定」という
検定があるのをご存知でしょうか?

これは、神社についての
正しい知識を知って
「日本のこころ」を再発見するため、
神社本庁監修のもと
スタートした検定なんです。

1級~3級まであり、
受験する方も毎年増えて、
この検定資格を持っている方も、
たくさんいらっしゃるんです。



番組ではその神社検定にも
出題される問題から、
様々な日本文化の由来などに
触れていきたいと思います。


今回はこの問題です!

【問題】
神道では神様にかかわることは「◯◯せず」といって、
言葉に出さずに慎んできました。
これは何せず。というでしょうか?

①口出しせず
②言挙げせず
③言出しせず
④口挙げせず

【 正解・解説 】
正解は、②番の言挙げせず。です
万葉集にも「葦原の瑞穂の国は 神ながら 言挙げせぬ国」という歌があるほど、
古来よりその精神性を大切にしてきました。


このような日本古来の文化についての問題が
たくさん出題される神社検定。
こういった知識を身につけて神社に行くと、
これまでと違った見方で楽しめますね!



そして、第8回の神社検定の日程がアップされました。
令和元年の6月16日(日)に実施されます。

試験は日本全国、様々な場所で受けられます。
ぜひこの神社検定を受けたい!という方は、
オフィシャルサイトをチェックしてみてくださいね!


4月の「かみさまさんぽ」は、
「案内人・下川さんが何度も何度も訪れたいと思っている、
 オススメの場所・神社」を特集!
今週は長崎県の【沖ノ神島神社】
皆さまをご案内しました。

神社の背後にそびえたつまさしく神殿といった王位石は、
山道をよじ登るとすぐそばまでいくことができます。
人工物なのか、自然の産物なのか、本当に神秘的な巨石。
ぜひ、五島列島に訪れる際には、足を運んでみてください。
なお、野崎嶋に上陸される際には
「おぢかアイランドツーリズム」への事前連絡が必要です。

また、7月〜9月はマムシやヒルが出没するため行く事ができないのでご注意ください。

次回は福岡県にあります【櫻井神社】に皆さまをご案内します。


番組ホームページにある
トークルームやメッセージでは
皆様からの感想・メッセージも
お待ちしています♪

『"おすすめの神社"を教えてください!』
あなたがおすすめする好きな神社や、
番組で取り上げてほしい神社など、
番組の感想やおすすめポイントなどを
添えてお送りください。

▼ 投稿はこちらから ▼
https://www.tokyosmart.jp/sanpo/entry/88

あなたの大好きな神社へ
皆さんと一緒におさんぽにでかけましょう♪



【今回の放送楽曲リスト】
M1. NEW DAY  / 藤原さくら
M2. Sunday'z Sun / SUEMITSU & THE SUEMITH
M3. Me & You  / HONNE

<関連サイト>
籠神社
https://www.motoise.jp/

神社検定 公式サイト
http://www.jinjakentei.jp/

<特別協力>
神社本庁
日本文化興隆財団