マガジン

第110回 彌彦神社(新潟県)

TOKYO SMARTCASTがお届けする
高音質音楽レコメンデーションチャンネル
TS ONE「かみさまさんぽ」


この番組では日本古来の伝統文化に触れ、
全国各地の様々な神社を
高音質な音声や環境音・音楽と画像や
文字情報とともにお届け!
おさんぽ気分でお楽しみいただける番組です。


この番組の案内人は、下川友子さん。

学生時代から旅先で神社に
ご挨拶をしていくうちに
その魅力に惹きこまれ、
これまで北海道から沖縄まで
数々の神社を巡ってこられました。



現在は、女優やタレントとして活躍する傍ら
お客様と一緒に神社を巡る
笑顔のツアーをされています。

下川友子オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/tomo-chupi/


さて、今月から新しい元号「令和」になりました。
みなさんは、どのような令和のスタートを迎えられましたか?
この「令和」という文字は、日本最古の歌集 万葉集からの出典。
梅花の歌三十二首から引用されており、
今、この万葉集に注目が集まっています。

ということで、5月のかみさまさんぽは、
万葉集に謳われた和歌の舞台や、
和歌が記された歌碑がある神社にご案内する、
「万葉集と関わりのある神社特集」です。
今回は万葉集で詠まれた歌が二首あるという神社、
新潟県にあります【彌彦神社】にみなさまをご案内しました。



【彌彦神社】
新潟県西蒲原郡弥彦村。越後国一宮として鎮座。

■主祭神■
・伊夜日子大神
御名  天香山命
天香山命は、高倉下命とも呼ばれ、
天照大御神の曾孫にあたる神様です。

第10代 崇神天皇の時代に創建され、
2400年以上の歴史を有する彌彦神社は、
遠い万葉の昔から「おやひこさま」と広く崇敬を集め、
現在も季節を問わず年間140万人もの参拝客が訪れています。

【彌彦神社へのアクセス】
こちらの神社へは、JR東日本弥彦線弥彦駅より、
徒歩およそ15分となっています。



それではおさんぽに参りましょう!

出迎えてくれたのは、
鮮やかな朱塗りの【鳥居】



そしてその先には、神様が御渡りになる【玉の橋】と、
小川が流れています。

立派な【二の鳥居】、その右手には【ご神木】
そしてその裏手の空間が【旧本殿址】です。



【旧本殿址】は下川さんがお好きだという、
静寂な一角となっています。

巨樹に囲まれた彌彦神社の【参道】



随神門の方から風が流れてくる境内は、
四万坪にも及ぶ深い杜があるそうです。

宮居を警護する兄弟神を祀る【随神門】の先には、
壮大な【御社殿】が。



こちらのご祭神は、越後開拓の祖神さま、
天照大御神の御曾孫にあたる、伊夜日子大神です。


お参りのあとは、
標高634メートルの【弥彦山山頂】へいきましょう。



ロープウェイ乗り場までを歩く【万葉の道】
ここには万葉集に詠まれ、弥彦山に自生する78種が植えられています

山頂駅から【御神廟】までは、歩いて10分ほど。
展望台からは、佐渡島も望むことができます。





すると真っ白な【鳥居】が佇む、彌彦神社 御神廟の入口に到着しました。



すぐ横をみると、空の青と黄緑の田園風景が広がっています。

その先には【鳥居】と玉垣で囲まれた神域【御神廟】が。
御社殿はなく、原始的な雰囲気があります。




ではでは、おみやげを探しに、
明治創業の老舗御菓子処【米納津屋 弥彦神社通店】にいきましょう。
こちらは「越乃銘菓 雲がくれ」が有名なお店。
四季折々の和菓子が揃っていますが、どれも品がある美しい和菓子です。
喫茶もあるので、お参り後に甘味をいただくのもおすすめです。


番組後半は、
日本のこころを再発見できる
「神社検定」

この番組では、知っておくと
おさんぽがもっと楽しくなる!?
神社や日本古来の文化もご紹介します。
皆さんは「神社検定」という
検定があるのをご存知でしょうか?

これは、神社についての
正しい知識を知って
「日本のこころ」を再発見するため、
神社本庁監修のもと
スタートした検定なんです。

1級~3級まであり、
受験する方も毎年増えて、
この検定資格を持っている方も、
たくさんいらっしゃるんです。



番組ではその神社検定にも
出題される問題から、
様々な日本文化の由来などに
触れていきたいと思います。


今回はこの問題です!

【問題】
日本最古の歴史書である日本書紀。
その日本書紀について、間違っているものは、
次のうち、どれでしょうか?

①国家事業として歴史書の編纂を実施した
②第44代元正天皇の御代に舎人親王によって撰進された
③すべて漢字で書かれていながら和文になっている
④いくつもの異伝を載せている

【 正解・解説 】
間違っているもの、正解は③番です。
日本書紀は、対外的な効用を意識した事業であったため、
当時の国際言語であった漢文で記述がされました。


このような日本古来の文化についての問題が
たくさん出題される神社検定。
こういった知識を身につけて神社に行くと、
これまでと違った見方で楽しめますね!



そして、第8回の神社検定の日程がアップされました。
令和元年の6月16日(日)に実施されます。

試験は日本全国、様々な場所で受けられます。
ぜひこの神社検定を受けたい!という方は、
オフィシャルサイトをチェックしてみてくださいね!


5月の「かみさまさんぽ」は、
「万葉集や和歌に関連する神社」を特集!
和歌の舞台となった神社や歌碑がある神社にご案内いたしますよ。
今週は新潟県の【彌彦神社】
皆さまをご案内しました。

彌彦神社では5月10日 午前11時から、春季神廟祭が行われます。
伊夜日子大神様と妃神 妻戸大神様を奉祀する、御神廟の春の祭典です。
皆さま是非訪れてみてくださいね。

次回は、和歌山県にあります、
【玉津島神社】【鹽竈神社】にみなさまをご案内します。


番組ホームページにある
トークルームやメッセージでは
皆様からの感想・メッセージも
お待ちしています♪

『"おすすめの神社"を教えてください!』
あなたがおすすめする好きな神社や、
番組で取り上げてほしい神社など、
番組の感想やおすすめポイントなどを
添えてお送りください。

▼ 投稿はこちらから ▼
https://www.tokyosmart.jp/sanpo/entry/88

あなたの大好きな神社へ
皆さんと一緒におさんぽにでかけましょう♪



【今回の放送楽曲リスト】
M1. SUNNY / 大橋トリオ
M2. 春らんまん / never young beach
M3. Feet Back on the Ground feat. Heston / Tristan
<関連サイト>
彌彦神社
http://www.yahiko-jinjya.or.jp/

神社検定 公式サイト
http://www.jinjakentei.jp/

<特別協力>
神社本庁
日本文化興隆財団