マガジン

第129回 豊受大神宮(三重県)

TOKYO SMARTCASTがお届けする
高音質音楽レコメンデーションチャンネル
TS ONE「かみさまさんぽ」

この番組では日本古来の伝統文化に触れ、
全国各地の様々な神社を
高音質な音声や環境音・音楽と画像や
文字情報とともにお届け!
おさんぽ気分でお楽しみいただける番組です。


この番組の案内人は、下川友子さん。

学生時代から旅先で神社に
ご挨拶をしていくうちに
その魅力に惹きこまれ、
これまで北海道から沖縄まで
数々の神社を巡ってこられました。



現在は、女優やタレントとして活躍する傍ら
お客様と一緒に神社を巡る
笑顔のツアーをされています。

下川友子オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/tomo-chupi/


9月はかみさまさんぽラストの月!ということで
「今まで取っておいたとっておきの神社特集」です。
今回は日本人の心のふるさと、三重県にあります
伊勢神宮の外宮【豊受大神宮】にみなさまをご案内しました。



【豊受大神宮】
三重県伊勢市。
高倉山の麓に鎮座し、天照大御神のお食事を司る
御饌都神「豊受大御神」をお祀りする豊受大神宮。
御祭神の豊受大御神はまた衣食住、
産業の神としても広く人々から崇敬されています。

豊受大神宮は皇大神宮と共に、かつて「二所大神宮」と称えられ、
御殿や祭儀、そのほとんどが皇大神宮と同様です。

しかし、皇大神宮こそが最も高貴なお宮であることから、
神宮の祭典を外宮である豊受大神宮から行う「外宮先祭」にならい、
参拝についても、外宮から内宮の順にお参りするのが習わしとなっています。

【伊勢神宮へのアクセス】
こちらの神社へは、近鉄・JR伊勢市駅から徒歩およそ5分となっています。



外宮では、神宮境内の豊かな自然を感じながら
お参りするのがおすすめです。

それではおさんぽに参りましょう!

【月夜見宮】
周辺には、外宮北御門から西へ伸びる神路通りの先に、
外宮の別宮【月夜見宮】があります。



【豊受大神宮 勾玉池・清盛楠】
火除橋を渡っていくと、美しい勾玉池が。



そして立派な清盛楠が迎えてくれました。

【豊受大神宮 四至神・古殿地】
外宮神楽殿の先には、外宮の神域の四方向をお守りくださる神様、四至神が。



そして広い敷地には、小さな覆屋が佇んでいます。
こちらは古殿地という、前回の式年遷宮まで正宮が建っていた所。
20年建つと、こちらに御殿が建てられます。

【豊受大神宮 御正宮】
衣食住、産業の守護神である豊受大御神をお祀りする御正宮。



丹波国から、天照大御神のお食事を司る神様としてこちらにお迎えされてからは、
御饌殿にて朝夕一日二回、天照大御神を始め、
神々にお食事を供える日別朝夕大御饌祭が続けられています。



御幌の向こうに、四重の垣根に囲まれた正殿。
神様に近い所には白い石「御白石」が敷かれて、
太陽の光でより白く輝き、神々しく清浄にみえます。

【豊受大神宮 御正宮】
御正宮のすぐ近くの御池の手前にある、四隅を囲われている三ツ石。



こちらは式年遷宮の川原大祓が行われる所で、三ツ石はお祓いの場所を示す石、なんだそう。

【豊受大神宮 多賀宮】
98段の石段を上った丘の上には、別宮の第一の位、
豊受大御神荒御魂がお祀りされている多賀宮が。



和御魂が祀られる御正宮は、今私たちが生活できること全てに感謝を、
荒御魂をお祀りする多賀宮は、地元では個人的なお願いをしても良いといわれています。

【豊受大神宮 土宮・風宮】
豊受大御神には、様々な別宮があります。
写真上は、古くからの鎮守神でもあり、宮域の地主神。
宮川の氾濫を防ぐ堤防の守り神という【土宮】。



写真下は、雨風を司る神様を祀る【風宮】です。

【伊勢うどん ちとせ】
伊勢うどんは、トッピングが青ねぎのみで、実にシンプル。
柔らかくなるまで茹でられた極太のうどんに、真っ黒なたまり醤油、
鰹と昆布の甘めのお出汁を絡めていただきます。



番組後半は、
日本のこころを再発見できる
「神社検定」

この番組では、知っておくと
おさんぽがもっと楽しくなる!?
神社や日本古来の文化もご紹介します。
皆さんは「神社検定」という
検定があるのをご存知でしょうか?

これは、神社についての
正しい知識を知って
「日本のこころ」を再発見するため、
神社本庁監修のもと
スタートした検定なんです。

1級~3級まであり、
受験する方も毎年増えて、
この検定資格を持っている方も、
たくさんいらっしゃるんです。



番組ではその神社検定にも
出題される問題から、
様々な日本文化の由来などに
触れていきたいと思います。


今回はこの問題です!

【問題】
神棚に納めるお神札の問題です。
三社造の場合は中央に納め、
一社造りの場合は一番手前に納める神宮のお神札とは、
何と呼ばれているでしょうか?

①神宮大幣
②神宮大麻
③神宮大札
④神宮大宣

【 正解・解説 】
正解は、②番の神宮大麻です。
神宮大麻は神宮のお神札。
神宮大麻は、皇祖神であり、全国の氏神様である、
神宮のお神札として、氏神様のお神札と共に、お祀りします。

このような日本古来の文化についての問題が
たくさん出題される神社検定。
こういった知識を身につけて神社に行くと、
これまでと違った見方で楽しめますね!




試験は日本全国、様々な場所で受けられます。
ぜひこの神社検定を受けたい!という方は、
オフィシャルサイトをチェックしてみてくださいね!


9月の「かみさまさんぽ」は、
「今まで取っておいたとっておきの神社」を特集!
今週は三重県にあります【豊受大神宮】
皆さまをご案内しました。

次回も同じく三重県にあります伊勢神宮へ!
【皇大神宮】こと、内宮にみなさまをご案内します。

番組ホームページにある
トークルームやメッセージでは
皆様からの感想・メッセージも
お待ちしています♪

『"おすすめの神社"を教えてください!』
あなたがおすすめする好きな神社や、
番組で取り上げてほしい神社など、
番組の感想やおすすめポイントなどを
添えてお送りください。

▼ 投稿はこちらから ▼
https://www.tokyosmart.jp/sanpo/entry/88

あなたの大好きな神社へ
皆さんと一緒におさんぽにでかけましょう♪


【今回の放送楽曲リスト】
M1. 稲穂 / スピッツ
M2. 優しい風 / 松たか子
M3. Love's Never Half As Good / Roger Joseph Manning Jr.

<関連サイト>
伊勢神宮
https://www.isejingu.or.jp/

神社検定 公式サイト
http://www.jinjakentei.jp/

<特別協力>
神社本庁
日本文化興隆財団