マガジン

第89回 大國魂神社(東京都)

TOKYO SMARTCASTがお届けする

高音質音楽レコメンデーションチャンネル

TS ONE「かみさまさんぽ」



この番組では日本古来の伝統文化に触れ、

全国各地の様々な神社を

高音質な音声や環境音・音楽と画像や

文字情報とともにお届け!

おさんぽ気分でお楽しみいただける番組です。









この番組の案内人は、下川友子さん。



学生時代から旅先で神社に

ご挨拶をしていくうちに

その魅力に惹きこまれ、

これまで北海道から沖縄まで

数々の神社を巡ってこられました。







現在は、女優やタレントとして活躍する傍ら

お客様と一緒に神社を巡る

笑顔のツアーをされています。



下川友子オフィシャルブログ

https://ameblo.jp/tomo-chupi/





みなさまは「東京五社めぐり」というものをご存じですか??

東京都にある、およそ1800社ある神社の中で、

特に格式が高いとされる五社が選ばれています。



東京近郊に住んでいらっしゃる方、そして、地方から東京へ観光に来られる方、

ぜひこの五社は、抑えておきたい神社です。





12月の「かみさまさんぽ」は

「さまざまな良縁を祈願したい!縁結び」特集!

今回はそんな東京五社のひとつ、東京都に鎮座する

『大國魂神社』へとご案内しました。







【 大國魂神社 】

東京都府中市に鎮座。

東京五社(明治神宮・東京大神宮・靖国神社・日枝神社・大國魂神社)の中で、

一番最初に創建された神社です。



御祭神は大國魂大神で、素盞嗚尊の御子神、出雲の大国主神と同じ神様です。

縁結び・厄除け・厄払いに御神徳高く、関東一円におよぶ人々から厚い崇敬を受けています。



そして西暦111年に創建された大國魂神社は、

1900年あまりの歴史をもち「縁結びの神社」としても有名です。



今日まで神事・祭祀ととも、親子代々にわたって受け継がれる

日本の儀式が数多く執り行われてきました。

大國魂神社は、遥か古の時代から続く歴史の中で結婚式からはじまる

「家族」の大切な瞬間を見守り続けてきた社でもあるのです。



【 大國魂神社へのアクセス 】

京王線 「府中駅」またはJR南武線・武蔵野線「府中本町駅」下車、

徒歩 約5分となっています。





それでは、おさんぽをはじめましょう!







大國魂神社 鳥居・参道

かなり太くて立派なご神木と、神域の結界となる鳥居が見えました。

武蔵国総社の風格漂う大國魂神社。

ご本殿へ一直線に伸びる参道を歩きましょう!





その左手には【 宮乃咩神社 】が鎮座してます。







こちらは演芸、安産の神様です。

この沢山のひしゃくは、安産祈願のお礼に

納められたものたちです。







そして、雄大な【随神門】が迎えてくれました。







平成23年に改築された随神門。

お寺の仁王門におられる赤い鬼の形相の仁王様のように、

大國魂神社の随神門には「豊磐間戸命」「櫛磐間戸命」が守っておられるんです。

随神門をくぐると裏手には恵比寿様、大黒様も祀られているのでぜひ振り返ってご覧ください。





つづいての門、中雀門をこえますと、威風堂々とした貫禄のある社殿が見えます







【 大國魂神社 社殿 】

こちらの御祭神は、大國魂大神。

出雲の大国主神と同じ神様で、昔、武蔵国を開かれた、

衣食住、医療、縁結び、厄除けの守護神様です。





境内には摂末社がいくつもありますが、

下川さんのおすすめは、水の神様が祀られている【水神社】







龍神の口からお水が流れていて、このご神水をいただくことができます。

このご神水は、家に持ち帰って、神棚に供えたり、

そして下川さんは、お風呂の湯船に入れたり、お掃除に使ったりと、植木にあげたりと

神様のお水を、日常で活用してるそうです。





そして本殿裏手にある樹齢1000年の大銀杏にご注目!







【大國魂神社 大銀杏】

昔は大銀杏の根元に生息していた蜷貝を煎じて飲むと

乳の出が良くなると言われていたのだそう。

近年は、手を合わせると産後の肥立ちがよくなるとも言われているそうですよ。





さて、お参りが終わったところで、

府中をもっと知るために、府中市郷土の森博物館へいきましょう!



【 府中市郷土の森博物館 】

およそ、14万平方メートルという広大な敷地には府中の

自然、地形、風土の特徴が表現されており、

そこに暮らしていた昔の農家や町屋、歴史的な建物などが配置された

「森」全体が博物館となっています。







こちらは旧府中郵便取扱所(旧矢島家住宅)です。



博物館の他にも、プラネタリウム、復元建築物、公園と、

とにかく広くて、子供も遊べて、大人もくつろげる所がたくさんあります。

プラネタリウムで、ゆったりと星空を眺める・・・というのもいい時間ですし、

公園ではいまの時期、サザンカ・ロウバイ・ツバキなどが花を開いているそうです。







さて、寒い冬、外にいたら、やっぱりあったかいものが食べたい!!

今回は、体をあっためてくれるもの、ラーメン!!

府中駅にはらーめん屋さんが、結構あるんです。

    

というわけで、府中で人気を誇るお店【いつみ屋】さんへ。

煮干し系のあっさりラーメンが食べられるお店。

ラーメンは、ちょっと昔懐かしい雰囲気で

海苔、ナルト、メンマ、チャーシュー、刻み葱などが入ってきます。

ちぢれ麺と、甘く、優しい煮干しのスープがじわ~っと心に染みわたり、

物足りない気分にさせない味わいがありますよ。









番組後半は、

日本のこころを再発見できる

「神社検定」



この番組では、知っておくと

おさんぽがもっと楽しくなる!?

神社や日本古来の文化もご紹介します。

皆さんは「神社検定」という

検定があるのをご存知でしょうか?





これは、神社についての

正しい知識を知って

「日本のこころ」を再発見するため、

神社本庁監修のもと

スタートした検定なんです。



1級~3級まであり、

受験する方も毎年増えて、

この検定資格を持っている方も、

たくさんいらっしゃるんです。











番組ではその神社検定にも

出題される問題から、

様々な日本文化の由来などに

触れていきたいと思います。





今回はこの問題です!



【 問 題 】

平安時代中期に成立した「延喜式」に記載されていた、

2861社の神社のことを何というでしょうか?



①式内社(しきないしゃ)

②延喜社(えんぎしゃ)

③官幣社(かんぺいしゃ)

④国幣社(こくへいしゃ)







【 正解・解説 】

正解は、①番の「式内社」です。

官幣社、国弊社は、平安時代に定められた神社に関する制度。

2月の記念祭のときに、祭祀を司っていた神祇官に出向いて、

幣帛を受ける神社が官幣社で、地方の国司から幣帛を受ける神社が国弊社とされました。







このような日本古来の文化についての問題が

たくさん出題される神社検定。

こういった知識を身につけて神社に行くと、

これまでと違った見方で楽しめますね!







試験は日本全国、様々な場所で受けられます。

ぜひこの神社検定を受けたい!という方は、

オフィシャルサイトをチェックしてみてくださいね!





そしてただいま、府中駅周辺では、府中けやき並木イルミネーションが、

12月25日(火)まで、16:30~24:00の間、点灯されています。

けやき並木通りを中心に、府中駅南口ペデストリアンデッキまで、

イルミネーションが施され、美しい輝きを見ることができます。

ぜひ、お参りの後に御覧くださいね。









12月の「かみさまさんぽ」は、

さまざまな良縁を祈願したい!縁結びを特集!

今週は東京都の【 大國魂神社 】に

ご案内しました。



来週は、福井県の【 氣比神社 】へと

ご案内します。

日本全国の神社へ一緒におさんぽに行きましょう!













番組ホームページにある

トークルームやメッセージでは

皆様からの感想・メッセージも

お待ちしています♪



『"おすすめの神社"を教えてください!』

あなたがおすすめする好きな神社や、

番組で取り上げてほしい神社など、

番組の感想やおすすめポイントなどを

添えてお送りください。



▼ 投稿はこちらから ▼

https://www.tokyosmart.jp/sanpo/entry/88



あなたの大好きな神社へ

皆さんと一緒におさんぽにでかけましょう♪







【今回の放送楽曲リスト】

M1. Winter's Tale ~冬物語~ / 高野寛 & 田島貴男

M2. 口笛 / Mr.Children

M3.Be My Baby / Vanessa Paradis



<関連サイト>

大國魂神社 公式サイト

https://www.ookunitamajinja.or.jp/



神社検定 公式サイト

http://www.jinjakentei.jp/



<特別協力>

神社本庁

日本文化興隆財団