マガジン

第10回 ゲストは真飛聖さん!”まとえり”コンビ復活!!

「基本、寝かせません!」がテーマの(?)当番組。
初回放送が水曜日の深夜12時ということで、
頑張って起きて視聴いただいている皆様、ありがとうございます!

記念すべき10回目のゲストには、
元花組男役トップスターの真飛聖さんをお迎え!
真飛さんトップ時代、壮さんは2番手として数々の名作で共演しました!
今週は昔話に花が咲きましたね~。
宝塚歌劇団ステージ写真集「ル・サンク」を見ながらトークも!

(お持ちの方もいらっしゃる!?)

真野すがたさん(めおちゃん)が、真飛さんから送られた写真を見て
「ゆうさんも体張ってるから、頑張らなきゃ!」と言っていることに対して
「むしろ楽しんでたのに、無理に頑張ってると思われたから(わざと)怒った!」
なんてお話もありましたが、
壮さんの思い出話!
某東京公演での大休憩で、悠真倫さんが大部屋最後の公演ということで思い出作りを…。
いつも大休憩で化粧をしながら寝ちゃう桜一花さんをジョークで怒ろう!ということに…
悠真さん「娘役の長になるんだから、寝てていいわけ?」(当然寝てても大丈夫 笑)
などなどお説教を。最後に「ね、ゆう?」と振ったら
真飛さんの「私もそう思う」と鶴の一声…。
それをきっかけにみんなが爆笑!「びっくりした?」と聞いたら桜さん大号泣!
という壮大なイタズラがあったそうな…。

ただ、こういう冗談がまかり通るような絆があったと。

東日本大震災の時に、募金活動をしようと最初に言ったのが真飛さんでした。
トップで、退団公演もあり忙しい中、毎日募金活動に立っていたとか。
真飛さんはトップ当時の思いを語ってくれました。
「“○○の×組”と言われる時代を見てきて、私って元気しか無くて。
 ゆうさんはみんなで助けないとダメだ!と思ってくれた」
「秀でたものが自分の中に無くて、劣等感というか…」
「本当に感謝しか無いし、噛みつきたいよね~(笑)」

2人の絆は、舞台のセリフを通して結ばれたとか。
楽屋でそんなに喋らなかったし、プライベートでご飯に行ったことも無い!
真飛さん、今だから言えるホンネも飛び出しました。
「ほんとに面と向かっていうのは恥ずかしいけど、えりたんで良かった」
(壮さん「泣くとこですよ~!」)
「多く語らないんですよ!だけどしんどい時に『大丈夫?』と上から来る(笑)」

組がえで壮さんが花組に来た時の話に。
春野寿美礼さんがトップ時代、まだ真飛さんと絡みは無く、
「差し障り無ければ連絡先伺っても良いでしょうか?」
と最大限の気遣い(最初で最後の)…。
ちなみに、そのお二人が壮さんに買ってくれたプレゼントが
「(コンビニで買った)敬語の使い方」の本だったとか(笑)

昔話だけで終わってしまいました!
ということで、来週も真飛聖さんをお迎えしてお送りしますよ!

さて、イラストもたしなむ壮画伯、
毎回記録がてら番組絵日記を描いているんですが、
今回は…?

Mr.Yu!「EXCITER!!」話も出たということで。
そして壮さんの選曲で、、「EXCITER」をOAしました!

来週も真飛さんとのトーク、期待していてくださいませ~!!!

【SONG LIST】
M1 New York City Boy / Pet Shop Boys
M2 雪のクリスマス / DREAMS COME TRUE(真飛さんセレクト)
M3 歌うたいのバラッド / 斉藤和義(真飛さんセレクト)
M4 ピアノソナタ第8番「悲愴」第2楽章 / イェネ・ヤンドー(真飛さんセレクト)
M5 EXCITER / 真飛聖(壮さんセレクト)