マガジン

富士山麓の自然

富士山を中心として広がる大自然。
周辺の森には、様々な野鳥の声が響き渡ります。
木々を吹き抜ける風は、山奥の澄んだ空気を運んで来るようです。

富士山の山梨県側に広がる「青木ヶ原樹海」。
雨の降る日には鳥は姿を潜め、森は冷んやりとした空気に包まれます。
地面や木々に生えた苔はたっぷりと水を蓄え、しっとりと潤います。
 
富士山の登山道で水音を聴くことはありませんが、
雨は山の内部に浸み込んで、山裾に深い森と清らかな水の世界を作り上げています。
山麓の至る所には、溶岩流の跡に出来た洞穴から水滴が滴ります。
 
そして、富士山と共に有名な五つの湖・・本栖湖、精進湖、西湖、河口湖、山中湖。
これらも富士山麓の、美しい水の風景の一つです。
2013年には「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の一部として、世界文化遺産にも登録され、
山体だけでなく、周囲の神社、風穴、湖沼など25箇所が構成資産とされました。
富士山の自然の営み、宗教性、芸術性を見出してきた日本人の文化が認められたのです。
 
富士山麓の音風景です。