マガジン

八重山諸島・波照間島

波照間島は、人が住む場所としては日本最南端の島。
サトウキビ畑と放し飼いのヤギがのんびり草を食む、のどかな風景が広がっています。
 
波照間島の中でも代表的なビーチであるニシ浜は、「ハテルマブルー」とも称される海の色と、真っ白な砂浜が広がります。
チャプチャプと、温く穏やかなニシ浜の波音。
浜辺には吾妻屋もあって、ゆったりと海を眺めていると、時間を忘れてしまいます。
 
いつの間にか、日が落ち、海に沈んでいく真っ赤な夕日を見ながら、
虫の声が響く夕暮れの浜辺で聴く波音・・
昼間とは違う趣があります。
 
夜、島の集会場では、地元の人々が集まって島唄の練習をしていました。
お祭りの準備でしょうか。
三線を爪弾く音や島人の歌声・・島のゆるやかな時間が流れています。
 
南十字星を観測できる数少ない島、波照間島。
虫の声に包まれながら満天の星空を見上げます。
 
波照間島の音風景です。