マガジン

湖沼の夜明け

森の中に静かにたたずむ湖や沼。
鮮やかな瑠璃色や群青色、エメラルドグリーンの水を湛えて、動かない時間を刻んでいます。
今回は、神秘の沼の音風景をお届けします。
 
北海道の東部、樹海に囲まれた「オンネトー」、そして白神山地に点在する十二湖の1つ「青池」。
どちらも森の中にひっそりと佇み、一際、神秘的な空気が漂う場所。
鮮やかな色の湖面に、思わず吸い込まれてしまいそうです。
冷たい水を湛えた湖は、時間が止まっているようにさえ感じます。
 
湖畔の穏やかな夜明け。
控え目なさざ波や風が木の葉を揺らす音、そして野鳥のさえずりや水鳥の着水や羽音、
魚の跳ねる音、虫の声・・
姿が見えなくても、水辺に集まる様々な生き物たちの息づかいが聞こえてきます。
 
湖畔の音は派手に変化するものではありませんが、
じっくりと繊細な移り変わりを楽しむには、とても面白い音です。
立ち止まって耳を傾けることで、目で視ている範囲よりもっと広い、
全体的な環境や生き物の関係性が感じられます。