マガジン

静岡県の秘境、寸又峡

南アルプスの麓、静岡県の奥大井に位置する寸又峡。
手つかずの自然が残り、四季折々の渓谷美を見せてくれます。
 
寸又峡には、SLで有名な大井川鉄道に乗って向かいます。
駅の金谷から大井川本線終点の千頭まで1時間少々、そこから更にバスに揺られて40分で寸又峡温泉に到着です。
ここは大井川の支流、寸又川の渓谷沿いの温泉で、寸又峡はその更に上流域。
付近の大間ダムには絶景で知られる「夢の吊橋」があり、多くの観光客を集めます。
紅葉シーズンの11月から12月上旬にかけては、ダム湖のエメラルドグリーンと紅葉のコントラストが見事。
・・・初冬の早朝、渓流沿いの遊歩道を歩きます。
 
山はモミやツガ、杉などの自然林で覆われ、切り立った深い谷には、両岸の岩壁から大小の滝が落ち込みます。
寸又峡では天然記念物のニホンカモシカの他、珍しい動植物を見ることも。
周辺一帯は「21世紀に残したい日本の自然100選」にも選ばれ、寸又三山への登山道だけでなく、
気軽に散策できるハイキングコースが整備されているのも魅力的です。
 
渓流沿いの散策路は、かつて林業で使用していた道を再生したものと言われます。
今はここから 雄大な深山の風情が楽しめます。
 
静岡県・寸又峡の初冬の音風景です。