THE WiFiは、5Gアップグレードプログラム対応予定となっております。

5Gアップグレードプログラムの開始時期や申し込み方法につきましては、プログラム内容が確定次第、スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社ホームページにて案内されます。

THE WiFiの5Gとは?

5G(ファイブジー)とは、「第5世代移動通信システム」のことで「5th Generration」の略です。

現在主流である通信規格「4G」の次世代規格として、2020年3月からサービスが開始されました。

その5Gは4Gよりもはるかに早い通信速度で、遅延なく多くのデバイスと通信できるようになるなど、より便利な通信環境が期待できます。

5Gは、「高速・大容量」「低遅延」「多数端末との接続」という特徴を持っています。

これらの特徴により、4K/8K高精細映像やAR/VRを活用した高臨場感のある映像の伝送、自動運転サポートや遠隔医療などを実現し、様々なサービス、産業を革新すると期待されています。

電磁波は、周波数が高くなるにつれて直進性が強くなってエネルギーも高くなります。

そして金属などの障害物に当たると反射する性質があります。

そのために電波等の影になる鉄筋の建物の中には電波が入りにくいです。

そこで電磁波に低周波電波を混ぜる、「加工」がほどこします。低周波は直進性が弱く、障害物を迂回する性質があります。こうして異なる性質の電波を混ぜることで、強力なエネルギーを持ち、どこでも使用できる5G回線を作っています。

THE WiFiの5Gでの通信速度

5Gの理論値最大速度は実に20Gbps(ギガビット毎秒)です。

4Gの一般的な通信速度は100Mbps~1Gbpsですから、5Gになることで飛躍的な通信速度へと改善していきます。

たとえば1本の動画をダウンロードするために、30秒かかっていたものも、5Gの場合は即時ダウロードが完了することができます。

約2時間の映画を、わずか3秒でスマートフォンに取り込めるようになります。

5Gの20Gbpsが現実化すれば、桁違いの速さということになります。

有線の光回線は1Gbps、2Gbpsとなっていますが、現在のところ下りの平均速度は85Mbps程度です。エリアや時間帯などの条件が良くて300Mbpsくらい出ていればかなり速いと感じます。

5Gの実効速度は762Mbpsです。こんなに速いなら光回線に頼らなくてもよいレベルです。

一方、Wi-Fiにも複数の規格があり、規格によって通信速度が異なります。

THE WiFiの5Gはなぜ速い?

5Gの通信速度が飛躍的に高速化理由は周波数帯域(=)にあります。

5Gとして携帯キャリアに割り当てられた周波数帯域は、3.7GHzと4.5GHzと28GHzとされています。

各キャリアは28GHzでの検証を行っているため、普及する際にはこの28GHzが主要な周波数帯域として使われることになります。

4Gの場合、周波数帯域は2GHz~3.6GHzであるため、5Gでは高い周波数帯域が使われることになります。

高い周波数帯域は、他の通信では使われにくい帯域であるため、電波干渉が起こらず快適な通信ができます。

THE WiFiの5Gは人体に影響はない?

5Gは極めて電磁波のエネルギーが高く異なる性質を混合させた5G回線は自然界には存在しません。その為、人体に影響が出始める懸念があります。

第一に頭痛や不眠、記憶障害と意識障害があります。

第二に、子どもは成人に比べて2倍以上、携帯電話が発するエネルギーが脳に影響を及ぼすという報告があり、脳腫瘍や白血病のリスクが懸念されています。

THE WiFiの5Gは4Gと何が違う?

同時接続数が増える

IoTの普及に伴って、スマホやパソコンだけでなく、ワイヤレスの通信を利用する機器が増大しています。4Gや3Gでは対応できないような同時接続でも、5Gでは接続可能になります。

5Gは、LTEの100倍となる超高速・多元同時接続の実現に取り組んでいます。最大128本のアンテナを用意して強力な電波を送るビームフォーミングを実現します。

遅延が少なくなる

4Gでは10msの遅延がありますが、5Gでは1msに改善されます。

遅延が少なくなることでリアルタイムにデータを送受信できるようになり、音や画像がズレることが少なくなります。ロボットの遠隔操作なども遅延が少なくなればなるほど有用性が高まります。

超低遅延により車の自動運転の精度や、遠隔治療などの分野での活用が望めます。

車の自動運転や遠隔治療、建機の遠隔操作などは、通信の遅延が致命的な事故につながる恐れがあり、安全性がなによりも重視されます。

そのようなサービスやシステムを、超低遅延によって高い信頼性をもって実現することができるようになります。

更に、離れた場所から5Gを利用してバンド演奏をするなど、エンタメ分野においてもさまざまな変革が起きます。

高周波数帯の電波の利用

従来のLTEやLTE Advancedにおいては、700MHz〜3.5GHzの電波を利用していました。

THE WiFiの5Gではさらなる高速、大容量通信を可能にするために30GHz以上の高周波数帯の電波の利用ができます。そのためにまずは3.7GHz帯、4.5GHz帯、28GHz帯の周波数割り当てを目指しています。