マガジン

第1回 富士山本宮浅間大社(静岡県)

2017年4月より放送が始まりました
新番組「かみさまさんぽ」

2017年3月に特別番組として放送しましたが
4月4日よりレギュラー放送を開始いたしました。

この番組では日本全国各地の様々な神社を
お散歩気分でご紹介していきます。

高音質音楽レコメンデーションチャンネル
TS ONE「かみさまさんぽ」
番組視聴ができる"TS PLAYアプリ"では、
番組放送中にご案内している神社や
美しい風景を写真や文字情報でもお届け。
聴いて楽しみ、観ても楽しめる番組です!


新番組「かみさまさんぽ」
案内人は下川友子さんです。
学生時代から旅先で神社にご挨拶をしていくうちに
その魅力に惹きこまれ、これまで北海道から沖縄まで
数々の神社を巡ってこられました。
現在は、お客様と一緒に神社を巡る笑顔のツアーをされています。



レギュラー放送 第1回となる「かみさまさんぽ」
下川さんがご紹介する神社をどこにしようかと
考えを巡らせていたところ、
東急東横線の車中から目にしたのが
夕陽に照らされ輝くきれいな富士山。

雄大な富士山と春の訪れ...そう!
桜を見に神社にいくのも素敵!

ということで、

第1回は偉大な富士山の麓にある桜の美しい神社へと
皆様をご案内します。




【富士山本宮浅間大社】
静岡県富士宮市。

日本が誇る名峰・富士山に抱かれた 東海地方最古の社であり、
全国1300余社ある浅間神社の総本宮として鎮座するのが
「富士山本宮浅間大社」
紀元前27年頃、富士山の噴火を鎮めるため、 
木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)
別称 浅間大神をお祀りしたのが始まりとされています。 

境内には徳川家康公寄進の神殿や楼門、
武田信玄公寄進のしだれ桜など、
数多くの歴史的名将も深い崇敬を寄せてきたことを 
今もなお感じることができます。

富士山の神様をお祀りする総本宮であり、
駿河国一之宮としても知られる富士山本宮浅間大社。
一宮とは、ある地域の中で最も社格の高いとされる神社のこと。
その土地を開拓された神様、
土着の神様が祀られることがほとんどです。

ちなみにこちらは身延線富士宮駅から徒歩およそ10 分と
交通の便もとてもよいところにあります。
周辺はのどかな雰囲気で、
歩いてお散歩するのにぴったりな場所なんですよ。



さぁ、おさんぽを始めましょう!

まずは入口の大きな赤い大鳥居。
そして右手には雪化粧が美しい富士山が見えています。
この爽快な景色は、もう伸びをしたくなるような気持ちよさです。



参道にはおよそ500本もの桜並木が続いています。
日常はあわただしく考えながら、前かがみで歩く毎日。
でもここにきたら、自然と首を延ばし、上を向いて歩きたくなります。



立派な楼門(ろうもん)をくぐると、鮮やかな朱赤の拝殿が 私たちを迎えてくれます。
空の青さと、拝殿の朱赤、このコントラストが本当に美しい。
女性らしさを感じる拝殿は、清らかな女神さまを想像します。



こちらに祀られている主祭神は、桜の木が咲くように美しいという
「木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)」
木花という御神名から、“桜が御神木”とされています。
火の中でご出産されたことから、
家庭円満・安産・子安・水徳の神とされ火難消除などの守護神様です。




【 富士山本宮浅間大社境内 「湧玉池」】

壮麗な御社殿、日本の美の象徴ともいうべき、富士山と桜。
この美しい景観と並んで、富士山本宮浅間大社の境内には
霊峰 富士の恩恵にあずかる美しく清らかな場所があります。
それが「湧玉池」です。
毎秒3.6キロリットルもの富士山の雪解け水が湧出するこの「湧玉池」は、
国の特別天然記念物に指定されているほか、
平成の名水百選の1つとしても数えられます。

拝殿にお参りをおえたら、 右手の門をでて、湧玉池へむかいましょう。
富士山の何層にもなった溶岩の間を通り湧き出る雪解け水。
あまりにも透明な湧玉池には、 キラキラ輝く水の生命の力がいっぱい!
もう一つの美しい水の世界へ、吸い込まれてしまいそうな神秘の池です。

この富士山からの贈り物である恵みの水。
そこには水屋神社がありますので、
神様にお参りをして富士山のご霊水をいただきましょう。
感謝の気持ちをこめたお賽銭と、ペットボトルをお忘れなく。

また、富士山の登山者は、この霊水で禊ぎをして登山するという
古くからの習わしがあるそうですよ。



さぁ、ここからは太陽の光をたくさん浴びながら、
湧玉池神田川ふれあい広場をお散歩。

そして、富士宮の名物といえば…
富士宮焼きそばを食べに行きましょう!
富士山本宮浅間大社の大鳥居がある斜向かいには「お宮横丁」があります。
富士宮焼きそばのほかにも、静岡の郷土料理である 静岡おでん 富士山餃子
あげまんじゅう、ジェラートなどの甘味もあり、 まるで縁日のような賑わい。
どれを食べようか…悩む時間も、とっても幸せです。
誰かと一緒に訪れたときには、シェアして、いろいろ食べたいですね!

案内人 下川さんのおすすめは、「やきそば学会」の富士宮焼きそば。
さらりとしたソースに、しっかり噛みごたえのある太めの麺がとにかく美味しいんだとか。
ぜひ、富士山の湧き水も一緒にいただいてくださいね。
満開の桜を愛でながら参拝して、富士宮焼きそばでお腹も一杯に。
まさに花より団子になっちゃいますが、 この季節一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?



【 日本のこころを再発見できる "神社検定" 】
「かみさまさんぽ」では知っておくとおさんぽがもっと楽しくなる!?
神社や日本古来の文化もご紹介します。
皆さんは「神社検定」という検定があるのをご存知でしょうか?

これは、神社についての正しい知識を知って「日本のこころ」を再発見するため、
神社本庁監修のもとスタートした検定なんです。
1 級~3級まであって、 年々、受験する方が増えて、この検定資格を持っている方も、
たくさんいらっしゃるんです。



番組ではその神社検定にも出題される問題から、
様々な日本文化の由来などに触れていきたいと思います。
今回はこの問題です!

【 問 題 】
参道を進み、神前に向かうときの礼儀として、
正しいのは以下の 4 つのうちどれでしょうか?


① なるべく参道の真ん中を歩く
② なるべく参道の真ん中を避けて歩く
③ 参道をジグザグに歩く
④ できるだけうつむいて歩く



下川さん
「参道とは、神社に参詣するための道。 入り口に鳥居があることが多いですよね。
 まず鳥居の前で一礼をして気持ちを整えてから、私は参道に進みます。
 というか、参道をジグザグに歩くって人は見たことないですけどね(笑)」

というわけで正解はこちらです。


【 正 解 】
正解は2番の「なるべく参道の真ん中を避けて歩く」です。
参道の中央は「正中=神様の通り道」と言われ、
最も上位の場所とされています。
しかし拝殿でお参りする際は、 中央に立っても構いません



このような日本古来の文化についての 問題がたくさん出題される神社検定。
次回、第6回の検定は 2017年 6月18日(日)に行われます。

こういった知識を身につけて神社に行くと、 これまでと違った見方で楽しめますね!
試験は日本全国、様々な場所で受けられるので放送を聞いて
「受けてみたいな~」と思った方は、
是非、神社検定の公式サイトをチェックしてみてくださいね!




番組ホームページにあるトークルームやメッセージから
「あなたがおすすめする神社」「案内してほしい神社」
「参拝にまつわるの疑問・質問」「番組の感想」など

ぜひお気軽にお送りください!

これからも一緒におさんぽにいきましょう♪


【今回の放送楽曲リスト】
M1. 桜の雨、いつか / 松たか子
M2. 桜の森 / 星野源
M3. COME COME COME / Maia Hirasawa
 

富士山本宮浅間大社 公式サイト
http://fuji-hongu.or.jp/sengen/

神社検定 公式サイト
http://www.jinjakentei.jp/


<特別協力>
神社本庁
日本文化興隆財団