マガジン

第3回 厳島神社(広島県)

2017年4月より放送が始まりました
新番組「かみさまさんぽ」

2017年3月に特別番組として放送しましたが
4月よりレギュラー放送を開始しました。

この番組では日本全国各地の様々な神社を
お散歩気分でご紹介していきます。

高音質音楽レコメンデーションチャンネル
TS ONE「かみさまさんぽ」
番組視聴ができる"TS PLAYアプリ"では、
番組放送中にご案内している神社や
美しい風景を写真や文字情報でもお届け。
聴いて楽しみ、観ても楽しめる番組です!




この番組の案内人は、下川友子さんです。

学生時代から旅先で神社にご挨拶をしていくうちに
その魅力に惹きこまれ、これまで北海道から沖縄まで
数々の神社を巡ってこられました。

現在は、お客様と一緒に神社を巡る
笑顔のツアーをされています。

第3回目を迎える「かみさまさんぽ」は
海に浮かぶ世界遺産
『厳島神社』へと
皆さんをご案内します。




【 厳島神社 】
広島県廿日市市。
瀬戸内海、広島湾に浮かぶ「厳島(通称:宮島)」
古くから人と神々が共に生きる島とされ
現在は日本三景の一つに数えられる
この風光明媚な景勝地に鎮座するのが
「厳島神社」です。

厳島神社の御祭神は、
市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
田心姫命(たごりひめのみこと)
湍津姫(たぎつひめのみこと)
の三柱。

世界でも類をみない海の上に誇る
美しい回廊と社殿の数々は、
先代から継承されてきた歴史と
平安時代に粋を極めた寝殿造りの佇まいを
今に伝えています。



さぁ、おさんぽを始めましょう!

こちらの神社への行き方は、
広島駅から電車に揺られ、宮島口へ。
宮島桟橋からフェリーに乗り、
およそ 10 分で宮島に到着です。

まず、かわいい鹿がお出迎え。
いつでもちょっと眠そうな表情は、
のどかな島を象徴しているみたい。



かつては日本古来の神々と仏を結びつける、
神仏習合の霊地。

今でも、神社と寺院が隣に並び、
美しい景観が広がっています。




わぁ、海に浮かぶ雄大な大鳥居。
松島、天橋立(あまのはしだて)と並ぶ、
日本三景の一つ。

なんとこの大鳥居は、
自らの重みで建っているんですよ!

潮が引いている時間は、
この鳥居をくぐることもでき
海からの参拝もできます。




さぁ、廻廊で結ばれた朱塗りの社殿が、
私たちを迎えてくれます。

厳島神社は潮の干満や昼夜で、
その姿を変え、

海に浮かぶ華やかな姿は、
まさに竜宮城そのもの。

まずは第一摂社である客神社に
お参りをしてから、
鮮やかな朱色の廻廊を歩きましょう。

爽やかな風、潮の香りと、
穏やかに響く波の音

廻廊はより一層清らかな空気が流れ、
歩くだけで、心が軽やかに、
浄化されていきそう・・・。




【 宮島(厳島)】
厳島神社とともに大切に守られてきた豊かな自然。
中でも標高535mの弥山(みせん)は、
瀬戸内本来の貴重な植物を見られる場所。

宮島の美しい景観を望み、
広島湾で獲れるあなごや牡蠣に舌鼓を打ち、
宮島杓子や、
宮島土鈴(どれい)などの伝統品にも
触れることができます。



さぁ、宮島には、
厳島神社の他にも見どころがいっぱいですよ!

一番のおすすめは、厳島神社の背景にある霊山、
弥山(みせん)の山頂です。

頂上へはしっとりした自然の空気を
味わいながら遊歩道を散策。

ロープウェイを乗りついで、
そこからはおよそ 30 分の登山です。

山頂には巨大な磐座郡があり、
瀬戸内海に浮かぶ島々を一望。
開放感あるパノラマの絶景が広がります。




あまりの気持ちよさに、
もう離れたくなくなっちゃうほど。
ここは何度来ても、訪れたい所です。

また頂上への道から
ちょっと外れたところに、
厳島神社の奥宮となる
御山神社(みやまじんじゃ)があります。

せっかくですので、
こちらも一緒にお参りしたいですね。




宮島のお土産といったら・・・
そう!もみじ饅頭です。
これは外せません!!

もみじの形をしたカステラ。

その中身は、こし餡、チョコレート、
カスタード、抹茶、チーズなど盛りだくさん。
「揚げもみじ」もおいしいですよね~。



宮島表参道商店街には、
お土産やお食事処が立ち並び
ここを歩いているだけで、
ウキウキしちゃいます。

そして、お食事といえば
宮島にのぞむ大野瀬戸(おおのせと)で獲れた、
あなごを使ったあなご飯!
炊きたてのご飯の上に、
蒲焼きにした風味豊かなやわらかいあなご...
このハーモニーは、たまりません。

それから、もう一つの主役は
広島の牡蠣。
特に大野瀬戸で養殖された牡蠣は、
ぶっくりしていてクリーミー。
牡蠣の香り、味わいも、ばっちりです。

あたたかくなり、
ハイキングに出かけたくなるこの季節に
ぜひ、訪れてみてはいかがでしょうか...。


番組後半
日本のこころを再発見できる
「神社検定」

この番組では、知っておくと
おさんぽがもっと楽しくなる!?
神社や日本古来の文化もご紹介します。
皆さんは「神社検定」という検定があるのを
ご存知でしょうか?

これは、神社についての正しい知識を知って
「日本のこころ」を再発見するため、
神社本庁監修のもとスタートした検定なんです。
1級~3級まであり、受験する方も毎年増えて、
この検定資格を持っている方も、
たくさんいらっしゃるんです。




番組ではその神社検定にも出題される問題から、
様々な日本文化の由来などに触れていきたいと思います。
今回はこの問題です!

【 問 題 】
神社によっては狛犬だけでなく、
別の動物の像を見つけることもできます。
例えば、稲荷神社の狐や天満宮の牛、
春日大社の鹿などです、

これは祀られている神様のお使いなんですが、
なんと呼ばれているでしょうか

① 神使(しんし)
② 使徒(しと)
③ 神獣(しんじゅう)
④ 式神(しきがみ)

皆さん、どうですか?
以前、特別番組でご紹介した三峯神社のご眷属は、
御犬様・・・でしたよね。

さぁ、正解はこちらです。

【 正 解 】
正解は1番の「神使(しんし)」です。
神の使いと書いて、神使。
神の使者として、鳥や獣、魚と
その姿は様々です。

動物が神の意志を伝えることは
「古事記」や「日本書紀」にも見られ、
特別の存在である神の使いは、
ご祭神と何らかの縁故で繋がっています
熊野本宮の烏(からす)や八幡宮の鳩も有名です。


このような日本古来の文化についての問題が
たくさん出題される神社検定。
次回、第6回の検定は
2017年 6月18日(日)に行われます。

こういった知識を身につけて神社に行くと、
これまでと違った見方で楽しめますね!
試験は日本全国、様々な場所で受けられるので
放送を聞いて
「受けてみたいな~」と思った方は、
是非、神社検定の公式サイトを
チェックしてみてくださいね!


今回、ご案内した厳島神社は、
観光地として有名な神社ですが、
お参りをしようと思って訪れてみると、
今までとは違った景色に
感じることがありそうです。

これからも一緒におさんぽにいきましょう♪
さて、来週は、神々の息吹が聴こえる郷
南九州最大の神宮「霧島神宮」にご案内しますよ!



(写真左:下川友子さん[ 案内人 ] / 写真右:ミックさん[ ナレーター ])

「かみさまさんぽ」では、
「あなたがおすすめする神社」「案内してほしい神社」
「参拝にまつわるの疑問・質問」「番組の感想」など
皆さまからのメッセージをお待ちしています!

番組ホームページにあるトークルームやメッセージから
お気軽にお送りください!


【今回の放送楽曲リスト】
M1. スウィートソウル / キリンジ
M2. 波よせて / クラムボン
M3. Here Comes The Sun / The Beatles
 

厳島神社 ホームページ
http://www.itsukushimajinja.jp/index.html

宮島観光公式サイト
http://www.miyajima-wch.jp/

神社検定 公式サイト
http://www.jinjakentei.jp/


<特別協力>
神社本庁
日本文化興隆財団