マガジン

第16回 青島神社(宮崎県)

TOKYO SMARTCASTがお届けする
高音質音楽レコメンデーションチャンネル
TS ONE「かみさまさんぽ」

この番組では日本古来の伝統文化に触れ、
全国各地の様々な神社を
おさんぽ気分でご紹介していく番組です。


■ 番組からのお知らせ ■
『"おすすめの神社"を教えてください!』
来月8月は"あなたの好きな神社"特集!

番組ではリスナーの皆さんの
"好きな神社"
"一緒に巡りたい神社"
"番組で取り上げてほしい神社"など、
あなたのオススメする神社を募集します!

番組の感想やおすすめポイントなどを
添えてお送りください。

▼ 投稿はこちらから ▼
https://www.tokyosmart.jp/sanpo/entry/88

あなたの大好きな神社へ
皆さんと一緒におさんぽにでかけましょう♪





さて今月の「かみさまさんぽ」は"島"特集!
全国各地の島に鎮座する神社へとご案内します。

この番組の案内人は、
下川友子さん。




学生時代から旅先で神社に
ご挨拶をしていくうちに
その魅力に惹きこまれ、
これまで北海道から沖縄まで
数々の神社を巡ってこられました。

現在は、お客様と一緒に神社を巡る
笑顔のツアーをされています。

下川友子オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/tomo-chupi/



今回は「かみさまさんぽ」は
宮崎県・青島の「青島神社」
みなさまをご案内します。




【 青島神社 】
「鬼の洗濯板」と言われる
奇岩に囲まれた「青島」

その島の中央に鎮座するのが
「青島神社」です。



海幸彦・山幸彦の伝説で知られる
「彦火火出見命」をはじめ
「豊玉姫命」「塩筒大神」の三神がご祭神。

青島神社は
縁結・安産・航海・交通安全の神として、
また日向の国七福神めぐりの一社としても
知られ、毎年多くの人々が訪れています。

【 青島神社へのアクセス 】
■ JR日南線青島駅下車。徒歩 約10分。









さて、それではおさんぽを始めましょう!



【 青 島 】
古くは島全体が霊域とされ、
江戸時代までは一般の入島を
禁じられていた青島。

豊かな自然景観が守られている島内には、
種子植物とシダ植物をあわせると
実に226種にのぼります。



また、島を囲む美しい宮崎の海は
サーフィン、ボートセイリング、ヨットなど
マリンスポーツの基地としても有名で、
特に夏の青島海水浴場は
県内随一の海水浴場としてにぎわいます。




【 鬼の洗濯板 】
約700万年ほど前に海中で出来た
水成岩が隆起し、長い間に波に洗われ、
固い砂岩層だけが板のように
積み重なって見えるようになりました。








【 青島神社・拝殿 】
壮麗な華やかさは、
まさに竜宮城をイメージする拝殿です。




こちらに祀られるのは、
彦火火出見命・豊玉姫命・塩筒大神。

縁結・安産・交通安全の守護神様です。



【 拝殿~元宮 】
元宮へ向かうと景色が一変。
亜熱帯雨林に囲まれ、まさにジャングル。





深く濃い緑が生い茂り、
南の島らしいヤシ科のビロー樹が生えています。





【 青島神社・元宮 】
こちらからは、弥生式土器などが
多数見つかっており、
かなり古くから祭祀が行われ、
病気平癒、婦人病に
霊験あらたかなご神徳があると
伝えられています。







【 磐境 】
元宮の裏側には
「天の平瓮投げ」があります。




ここは古くからの吉凶の占い場。
身を清めてから、
磐境の前で二礼、小声で願いを込め、
天の平瓮を磐境に向かって投げ、
磐境に入れば心願成就、
割れれば開運厄祓という神事です。



【 真砂の貝文 】
青島は、波状岩の上に真砂という
貝の砂がたい積して出来た島で、
中でも宝貝が
特に真砂と呼ばれています。



自身の想いと願いを込めて、
この波状岩に真砂をお供えすると
想いは静かに息づくと伝えられています。


さてここからは宮崎県の名産をご紹介!
南国・宮崎で育まれたフルーツといえば...
そう!マンゴーです♬

【宮崎産 完熟マンゴー】
アップルマンゴーの表面は
オレンジというより赤みがあり、
甘みの中に酸味のバランスがばっちり!

青島のそばにある
「道の駅フェニックス」には、
完熟マンゴーを使ったケーキや
パフェもありますよ♪

ぜひ青島にきたら
召し上がってみてくださいね!

■ 道の駅「フェニックス」オフィシャルサイト
http://michinoekiphoenix.jp/



番組後半は、
日本のこころを再発見できる

「神社検定」

この番組では、知っておくと
おさんぽがもっと楽しくなる!?
神社や日本古来の文化もご紹介します。
皆さんは「神社検定」という
検定があるのをご存知でしょうか?




これは、神社についての
正しい知識を知って
「日本のこころ」を再発見するため、
神社本庁監修のもと
スタートした検定なんです。

1級~3級まであり、
受験する方も毎年増えて、
この検定資格を持っている方も、
たくさんいらっしゃるんです。


番組ではその神社検定にも
出題される問題から、
様々な日本文化の由来などに
触れていきたいと思います。


今回はこの問題です!


【 問 題 】
神社の拝殿などで
「青龍」「朱雀」「白虎」「玄武」が
描かれている旗を
みかけることがありますが、
これは一般に何と
呼ばれているでしょうか?

① 四獣旗(しじゅうき)
② 四神旗(しじんき)
③ 陰陽旗(いんようき)
④ 五行旗(ごぎょうき)




皆さん、いかがですか?

さぁ、正解はコチラです!




【 正 解 】
正解は、

②番の「四神旗」です。

真榊と同じく威儀具の1つ。
古代中国で成立した、
陰陽五行説に基づくもので、
日本もこの考え方の影響を受け、
宮中の儀式や、調度品などに
その影響が見られます。

拝殿に飾られる四神旗は、
五行のうち中央を除き
「東=青龍」
「南=朱雀」
「西=白虎」
「北=玄武」
となっています。


【 陰陽五行説 】
この世は陰と陽。
「木・火・土・金・水」の
5つの要素で出来ているというもので、
この5行を方位と色で合わせると
「東=青」
「南=赤」
「中央=黄色」
「西=白」
「北=黒」となり、
その中で中央を除いたものが、
四神旗に書かれている霊獣とされています。


このような日本古来の文化についての問題が
たくさん出題される神社検定。
こういった知識を身につけて神社に行くと、
これまでと違った見方で楽しめますね!

試験は日本全国、
様々な場所で受けられるので
「受けてみたいな~」と思った方は、
是非、神社検定の公式サイトを
チェックしてみてくださいね!



7月の「かみさまさんぽ」は
"島"特集です!

次回は沖縄県にある

「波上宮」にご案内します。 




これからも日本全国の神社へ
一緒におさんぽにいきましょう♪



番組ホームページにある
トークルームやメッセージでは
皆様からの感想・メッセージも
お待ちしています♪


【今回の放送楽曲リスト】
M1. 海を見に行こう / スピッツ
M2. 海の声 / 浦島太郎(桐谷健太)
M3. Jubel / Klingande

 
<関連サイト>
青島神社ホームページ
http://www.aoshimajinja.sakura.ne.jp/

宮崎市観光協会
http://www.miyazaki-city.tourism.or.jp/

神社検定 公式サイト
http://www.jinjakentei.jp/


<特別協力>
神社本庁
日本文化興隆財団