マガジン

第26回 穂高神社(長野県)

TOKYO SMARTCASTがお届けする
高音質音楽レコメンデーションチャンネル
TS ONE「かみさまさんぽ」

この番組では日本古来の伝統文化に触れ、
全国各地の様々な神社を
おさんぽ気分でご紹介していく番組です。


■ 番組からのお知らせ ■
『"おすすめの神社"を教えてください!』
かみさまさんぽでは、
"あなたの好きな神社"も特集します!

番組ではリスナーの皆さんの
"好きな神社"
"一緒に巡りたい神社"
"番組で取り上げてほしい神社"など、
あなたのオススメする神社を募集します!

番組の感想やおすすめポイントなどを
添えてお送りください。

▼ 投稿はこちらから ▼
https://www.tokyosmart.jp/sanpo/entry/88

あなたの大好きな神社へ
皆さんと一緒におさんぽにでかけましょう♪





この番組の案内人は、下川友子さん。



学生時代から旅先で神社に
ご挨拶をしていくうちに
その魅力に惹きこまれ、
これまで北海道から沖縄まで
数々の神社を巡ってこられました。

現在は、お客様と一緒に神社を巡る
笑顔のツアーをされています。

下川友子オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/tomo-chupi/





今月の「かみさまさんぽ」は
お祭り・イベント特集!



今回の「かみさまさんぽ」は
長野県にあります『穂高神社』にご案内します。

【穂高神社】
長野県・安曇野市。

古くから信濃における
大社として鎮座する穂高神社。



主祭神は、古くは北九州で栄え、
安曇野に移り住んだとされる 海人族、
後の安曇族の祖神である「穂高見命」。

三殿からなる本殿のうち、
中殿に主祭神 穂高見命、
左殿には綿津見命が、
右殿に瓊瓊杵命が
それぞれお祀りされています。


【 穂高神社へのアクセス 】
JR大糸線「穂高駅」より徒歩 約3分。
 


それでは、おさんぽを始めましょう!

穂高駅からの道のりは、
日本アルプスの山々に向かうような
真っすぐ伸びる大通りを進みます。

穂高神社の入口となる石の大鳥居からは、
荘厳な雰囲気の杉木立に囲まれ、
気持ちがいい参道を歩きます。


輝くような新しい神楽殿、
そして奥にはこちらも真新しく
美しい拝殿が見えてきました。





【穂高神社本宮 拝殿】
こちらに祀られる主祭神は、
海人族・安曇族の祖神である
「穂高見命(ほたかのみこと)」
海の守護神様です。




【穂高神社】
信州の中心ともいうべき
安曇野市穂高にある「本宮」

上高地の明神池のほとりに鎮まる
穂高神社「奥宮」

そして、穂高見命が降臨したとされる
奥穂高岳の頂上に鎮座する「嶺宮」の三宮は、
日本アルプスの総鎮守とも言われます。







それでは穂高神社の奥宮を目指しますよ!
マイカー規制があるため、
松本電鉄上高地線「新島々駅」から
上高地行バスで約1時間10分。
終点ターミナルから、
およそ1時間のハイキングです。



上高地河童橋からの景色はまさに絶景!
アルプスの山々、雄大な穂高連峰が望め、
清流が響き渡る梓川も美しいです!

 



明神池までは梓川を挟んで
①右岸ルート
②左岸ルート
の2つのルートがあります。

特に右岸ルートは、砂利道から、
尾瀬のような木道に変わったりと
道の雰囲気も変化し楽しめますよ。






【明神池】
明神池はひょうたんの形をしていて、
手前を一之池、奥を二之池と呼び、
かつてはその奥に三之池があったそうです。
水面の透明度は鏡のような美しさ。





 【穂高神社 奥宮】
明神池の畔に鎮座する穂高神社 奥宮。
荘厳な空気が漂います。





【穂高神社例祭 御船祭り】
9月26日は「宵祭り」、27日は「本祭」が
盛大に行われます。
御船祭は、船の形をした高さ6メートルの
大きな山車が町内を巡ります。



クライマックスは、
穂高人形を飾った「大人船」と呼ばれる
大きな山車のお船が、豪快にぶつかりあい、
まるで海で行われる船の戦いのような
迫力があるお祭りです。




【穂高神社奥宮 御船神事】
毎年10月8日に穂高神社奥宮で行われる
「御船神事(おふねしんじ)」は、
海陸交通の守護神を祀る穂高神社を
象徴する祭祀です。




 
さぁ、お参りがおわったら、
美味しいお料理とスパでリフレッシュ!!
 
上高地ルミエスタホテル・レストラン
「La Riviere」

季節の素材をいかした、
彩の美しいフレンチをいただきながら
店内の窓から上高地の絶景を
眺めることができます。

ちなみに、「本日のランチコース」と
The Spaの入浴がセットで、3800円。

コース以外にも、
本日のパスタや国産牛のローストビーフ丼なども
ありますよ。



番組後半は、
日本のこころを再発見できる
「神社検定」

この番組では、知っておくと
おさんぽがもっと楽しくなる!?
神社や日本古来の文化もご紹介します。
皆さんは「神社検定」という
検定があるのをご存知でしょうか?




これは、神社についての
正しい知識を知って
「日本のこころ」を再発見するため、
神社本庁監修のもと
スタートした検定なんです。

1級~3級まであり、
受験する方も毎年増えて、
この検定資格を持っている方も、
たくさんいらっしゃるんです。


番組ではその神社検定にも
出題される問題から、
様々な日本文化の由来などに
触れていきたいと思います。


今回はこの問題です!

【 問 題 】
神社で行われるお祭りの中には、
毎年行われる恒例の大祭の他に、
臨時の大祭と呼ばれるお祭りがありますが、
それは次の中ではどれになるでしょうか?

① 例祭(れいさい)
② 祈年祭(きねんさい)
③ 新嘗祭(にいなめさい)
④ 式年祭(しきねんさい)


皆さん、いかがですか?

さぁ、正解はコチラです!



【 正解・解説 】
正解は、④番の「式年祭」です。

式年祭は、ある一定の定まった年ごとに
行われる祭典。
3年、5年、10年、20年などに
祭祀が行われます。

他にも、
新たな神社が創建された時に行う鎮座祭、
社殿の造り替えに際して、
御祭神をお遷しする時に行う鎮座祭などが、
臨時の大祭となります。


このような日本古来の文化についての問題が
たくさん出題される神社検定。
こういった知識を身につけて神社に行くと、
これまでと違った見方で楽しめますね!

試験は日本全国、
様々な場所で受けられるので
「受けてみたいな~」と思った方は、
是非、神社検定の公式サイトを
チェックしてみてくださいね!


これからも日本全国の神社へ
一緒におさんぽにいきましょう♪




10月は神話に由緒ある神社をご案内しますよ♪
次回の『かみさまさんぽ』は、
素盞嗚尊(スサノオノミコト)の御魂が鎮まる
島根県の「須佐神社」へと皆さまをご案内します。

お楽しみに〜♪


番組ホームページにある
トークルームやメッセージでは
皆様からの感想・メッセージも
お待ちしています♪


【今回の放送楽曲リスト】
M1. 時よ / 星野源
M2. 光の舟に乗って / Caravan
M3. The Party Line / Belle & Sebastian


<関連サイト>
穂高神社 公式ホームページ
http://www.hotakajinja.com/

神社検定 公式サイト
http://www.jinjakentei.jp/

<特別協力>
神社本庁
日本文化興隆財団